大友花恋(おおともかれん)

誕生日:
1999年10月9日
星座:
てんびん座
身長:
158cm
画像 記事 雑誌 プロフィール

大友花恋の関連リンク

大友花恋に関する画像

大友花恋に関する記事

  1. 大友花恋、ほっそり脚線美にドキッ オーラ溢れる堂々ランウェイ<GirlsAward 2022 A/W>

    モデルプレス

  2. 松坂桃李・鈴木伸之・乃木坂46遠藤さくら・JO1與那城奨…10月生まれの豪華芸能人

    モデルプレス

  3. 大友花恋“おかっぱこけし”ヘアにイメチェン「可愛すぎ」と反響

    モデルプレス

  4. 前原滉&大友花恋、コロナ禍の夫婦役に挑戦 柳ゆり菜らメインキャスト・ポスタービジュアルも解禁<散歩時間~その日を待ちながら~>

    モデルプレス

  5. 大友花恋、美脚大胆見せパンツがクール “攻めコーデ”で視線奪う<関西コレクション2022A/W>

    モデルプレス

  6. 大友花恋、5年ぶり「ほん怖」でヒロインに決定 千原せいじ&田中美佐子は初出演

    モデルプレス

  7. 反町隆史「相棒」撮影中の昼寝に水谷豊から「本当によく寝るね」 大友花恋も驚き

    モデルプレス

  8. 「金田一」衝撃シーン裏話、大友花恋が明かす「あのシーンびっくりした」「こうなってたのか」の声

    モデルプレス

  9. 「金田一少年の事件簿」初回は学園七不思議殺人事件に決定 細田佳央太が真壁誠役

    モデルプレス

  10. 工藤阿須加・福原遥・今井翼ら、福士蒼汰&山本美月「星から来たあなた」追加キャスト発表

    モデルプレス

  11. 大友花恋&吉住、杉咲花と働く店員役に 「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」出演決定

    モデルプレス

  12. 大友花恋「Seventeen」卒業で“8年分のご褒美”購入報告「一生のお守りです」

    モデルプレス

  13. 大友花恋・山本舞香・石田ニコル「王様のブランチ」スタジオに帰還 産休の横澤夏子の代役で出演決定

    モデルプレス

  14. 南明奈・大友花恋ら「ネプリーグ」史上初全問題ディズニーのクイズに挑戦

    モデルプレス

  15. 広瀬すず、大友花恋の「Seventeen」卒業祝福「ずっと魅力的な女の子」

    モデルプレス

  16. 大友花恋、涙で「Seventeen」卒業 母&久間田琳加らからのサプライズも<Seventeen夏の学園祭2021>

    モデルプレス

  17. 大友花恋「Seventeen」ラスト学園祭への心境「最後の1日、思い切り楽しみます」

    モデルプレス

  18. 大友花恋、ロングヘアからオン眉ショートに変身 アメリ風ショットに反響「新鮮」「最高に似合う」

    モデルプレス

  19. 大友花恋「ラヴィット!」8・9月の水曜担当に決定

    モデルプレス

  20. 大友花恋「Seventeen」卒業発表 約8年間専属モデル務め歴代最長記録更新

    モデルプレス

大友花恋に関する雑誌

大友花恋のプロフィール

【プロフィール】
生年月日:1999年10月9日
学年:中学2年生
血液型:A型
身長:158cm
出身地:群馬県
趣味:読書、クラフトバッグ作り
特技:習字、水泳

雑誌の読者モデルになったことをきっかけに、小学6年生のときに母の協力を得て現在所属している事務所のオーディションを受けて合格し、芸能界入り。
2012年、ドラマ『結婚同窓会 ~SEASIDE LOVE~』に出演し、女優デビュー。その後、ドラマ『悪夢ちゃん』で地上波連続ドラマ初出演を果たす。
2013年、ドラマ『幽かな彼女』やドラマ『夫のカノジョ』に出演するなど、女優としての活動の幅を広げる。
また、雑誌『Seventeen』の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン2013」で、応募総数6,478通の中から田辺桃子と共にグランプリを受賞し、専属モデルになる。
2014年、Suzuの曲「step by step」でプロモーション・ビデオに初出演。5月に公開予定の映画『悪夢ちゃん The 夢ovie』に出演し、スクリーンデビュー。

【出演】
■テレビドラマ
・「結婚同窓会~SEASIDE LOVE~」(2012年、フジテレビTWO)
・「悪夢ちゃん」(2012年、日本テレビ)
・「幽かな彼女」(2013年、関西テレビ)
・「放課後グルーヴ」(2013年、TBS)
・「夫のカノジョ」(2013年、TBS)

■映画
「悪夢ちゃん The夢ovie」(2014公開予定、東宝)

※出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.