TWICE、日本初ワンマンに1万5000人熱狂!日本人メンバーも笑顔で凱旋<ライブレポ・セットリスト>

参照回数:241,361

【TWICE/モデルプレス=7月2日】“アジアNo.1”9人組ガールズグループ・TWICE(トゥワイス)が2日、東京体育館にて日本で初となる単独公演「TWICE DEBUT SHOWCASE “Touchdown in JAPAN”」を開催。当初1回のみの招待イベントだったが、応募が殺到し、急遽2回の公演となり、1日2回公演で1万5千人のファンと日本デビューを祝った。
TWICE/写真:田中聖太郎(提供:ワーナーミュージック・ジャパン)
TWICE/写真:田中聖太郎(提供:ワーナーミュージック・ジャパン)
“良い音楽で一度、素敵なパフォーマンスでもう一度感動をプレゼントする”という意味を持つTWICEは、韓国の人気オーディション番組『SIXTEEN』で選出され、2015年10月に韓国でデビューした多国籍ガールズグループ。日本出身のモモ、サナ、ミナ、韓国出身のナヨン、ジョンヨン、ジヒョ、ダヒョン、チェヨン、台湾出身のツウィからなる9人組。韓国ではデビューから約1年2ヶ月で、最も権威のある賞のひとつ「第31回ゴールデンディスクアワード」大賞にも輝いた。

そして6月28日に日本デビュー。デビューにしてベストアルバム『#TWICE』(読み:ハッシュタグトゥワイス)をリリースし、今回、日本での初ワンマンライブを行った。

「Touchdown」で開幕 パワフルパフォーマンスで圧倒

メンバーのイメージショットが、スクリーンに映し出されると、会場からはすでに悲鳴にも近い歓声。メンバーが1列にならび、“ONCE”(TWICEのファンの呼び名)の前へ真っ直ぐ登場すると歓声はさらに大きくなった。

ブラックのミニ丈ファッションにオレンジのブルゾンを合わせ、美脚全開の衣装で登場したメンバー。「Touchdown」でのパワフルなパフォーマンスで始まったステージは「Like OOH-AHH-Japanese ver.-」「CHEER UP -Japanese ver.-」と続き、観客のボルテージを引き上げた。サナのパート「シャーシャーシャー」では観客も一体となり声を合わせた。

MCではオール日本語

TWICE/写真:田中聖太郎(提供:ワーナーミュージック・ジャパン)
TWICE/写真:田中聖太郎(提供:ワーナーミュージック・ジャパン)
またこの日、全てのMCを通訳を一切通さずオール日本語で行ったメンバー。日本語を一生懸命練習したそうで、ダンス練習の休憩中にも日本語を学ぶ姿がVTRで公開された。

そんな彼女たちのMCは「ショーケースに来てくれてありがとう」とジヒョの挨拶から始まり、それぞれ自己紹介。モモが日本デビューアルバム『#TWICE』を紹介し、ダヒョンが「どの曲が1番好きですか?1番好きな曲を教えてください」と問うと会場からは口々に叫び声が。TWICEの日本デビューを心待ちにしていたONCEの熱が感じられた。

その後も日本人メンバーであるミナ、モモ、サナを中心にステージや日本に来た感想など全員でトークを展開。「始めてONCEジャパンの皆さんと一緒に過ごせて本当にドキドキ」(ダヒョン)、「今日は緊張したんですけど、ONCEの皆さんの声援がすごいですよね、ほんまに(笑)」(サナ)、「(日本は)凄くご飯も美味しくて、特に焼き鳥が大好きです」(ツウィ)、「109に行ったんですけど、可愛い服がいっぱいあって楽しかったです」(ジヒョ)と思い思いに語った。

またミナが「今度日本にきてしたいことはありますか?」と質問するとジョンヨンが「みんなでモモさん、サナさん、ミナさんの実家に行ってみたいです。お父さ~ん、お母さ~ん」と回答。モモが「OK」とジョンヨンの肩を寄せて組むシーンも。このほかツウィによる羊と豚の鳴きマネやサナがジョンヨンに早口言葉を無茶ぶりするなどファンを楽しませた。

アンコールではメドレーも

TWICE/写真:田中聖太郎(提供:ワーナーミュージック・ジャパン)
TWICE/写真:田中聖太郎(提供:ワーナーミュージック・ジャパン)
その後も「SIGNAL -Japanese ver.-」「TT -Japanese ver.-」などヒット曲を披露し、キレのあるダンスとキュートな表情でファンの心を掴んだTWICE

アンコールでは「CHEER UP」「TT」など5曲を韓国語バージョンのメドレーで披露し観客と一緒に踊り、この日1番の盛り上がりに。最後にメンバーは1人ずつ感想を言うことになり「今日のことは絶対に忘れないと思います。本当に来てくれてありがとうございました」(チェヨン)、「頑張って準備したんですけどどうでしたか?これからも楽しい時間を一緒に作りましょう!」(ナヨン)、「私たちがONCEの皆さんに素敵な時間をつくろうと思っていたんですけど、ONCEの皆さんが逆に私たちに素敵な時間を作ってくれた。最高です!」(モモ)、「素敵な、幸せな時間をありがとうございました。この気持をお家まで持って帰ります」(ミナ)とそれぞれ笑顔を見せた。

これからの活躍に期待

前月28日に日本デビューを果たしたばかりの彼女たちだが本格的な活動前から、日本での知名度はすでに高かった。パフォーマンスやビジュアル、TTポーズ(ヒット曲『TT』の振り付けの中に登場する、顔文字の泣き顔「(T_T)」を表したポーズ)も、もちろんだが、3人のメンバーが日本出身、というポイントから興味を持った人も多いだろう。

また、この日の公演には彼女達の親も来ていたそう。多忙なスケジュールゆえ、今回実家に帰省することは出来ないそうだが、サナは「久々に日本に戻ってきて、TWICEとして9人のメンバーたちとステージに立つことが出来て、沢山のONCEの皆さんの前でステージを披露する事ができて本当に良かったです」と語った。

韓国、日本だけでなくアジアでTWICE旋風を巻き起こしている彼女たち。その人気は衰えることを知らない。(modelpress編集部)

TWICE/写真:田中聖太郎(提供:ワーナーミュージック・ジャパン)
TWICE/写真:田中聖太郎(提供:ワーナーミュージック・ジャパン)

セットリスト

M1 Touchdown
M2 Like OOH-AHH-Japanese ver.-
M3 CHEER UP -Japanese ver.-
MC 
M4 JELLY JELLY
M5 KNOCK KNOCK -Japanese ver.-
VTR
M6 ONE IN A MILLION
MC
M7 SIGNAL -Japanese ver.-
M8 TT -Japanese ver.-
EN メドレー(Like OOH-AHH、CHEER UP、TT、KNOCK KNOCK、SIGNAL)
MC 


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - TWICE、日本初ワンマンに1万5000人熱狂!日本人メンバーも笑顔で凱旋<ライブレポ・セットリスト>
今読んだ記事

TWICE、日本初ワンマンに1万5000人熱狂!日本人メンバーも笑顔…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事