『ビバヒル』ジェイソン・プリーストリー降板を後悔「ケリーのために残るべきだった」

1990年代に社会現象を巻き起こした青春ドラマ『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』(以下『ビバヒル』)で、主人公ブランドン・ウォルシュ役てブレイクしたジェイソン・プリーストリー。途中で本作を降板していたが、そのままファイナルまで残っていればよかったと後…

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連記事