人気モデル、撮影ドタキャンで謹慎処分も…専属モデル卒業を発表

「Ranzuki」専属モデルを卒業した金子じゃねん
「Ranzuki」専属モデルを卒業した金子じゃねん
金子じゃねん
金子じゃねん
金子じゃねん
金子じゃねん
金子じゃねん
金子じゃねん
「Ranzuki」7月号(ぶんか社、2013年5月23日発売)表紙:斉藤夏海
「Ranzuki」7月号(ぶんか社、2013年5月23日発売)表紙:斉藤夏海
雑誌「Ranzuki」専属モデル(=R’s)の金子じゃねんが、5月23日発売の7月号をもって同誌を卒業することがわかった。 同誌では「金子じゃねん卒業します」と題した特集が組まれ、約2年半のR’s歴にピリオドを打つ今の心境を赤裸々告白。「卒業した今はなんだろう、スッキリって言うのかしら?感謝の気持ちが自然と出てくる感じ?」とじゃねんらしく明るく語り、「ファンのコがいなかったら、途中でR’s辞めたいって申し出ていたかもしれん。キミたちと出会えてよかった」とメッセージを送っている。

前代未聞の謹慎事件も

読者の人気投票でR’sに選ばれ、加入直後に表紙&巻頭ページに抜擢されるなど、持ち前の個性的なキャラクターで存在感を発揮してきたじゃねん。一方で読者モデルとしては致命的な遅刻癖があり、ついには撮影を“寝バックレ”する事件が発生。前代未聞の謹慎処分を受け、反省文、誓約書が誌面に掲載される事態に発展した。

誌面ではその波瀾万丈なR’s人生を振り返り「やっちまったね。だが眠くてしょーーがなかったんだわ(笑)」「最後まで遅刻は治んなかったねー」とあっけらかん。R’sとしての最後の撮影はホワイトでまとめたナチュラルなコーディネートで新たな一面を開花させているが、今後の活動については「なにをやるかまだわからない」といい「またどこかで会えたらよろしくねーん」と締めくくった。(モデルプレス)

情報提供:「Ranzuki」(ぶんか社)

■金子じゃねん プロフィール
ニックネーム:じゃねん
生年月日:1994年1月29日
血液型:O型

2010年12月発売の雑誌「Ranzuki」2月号より、同誌へのレギュラーモデル入りを果たした。飾らないキャラクターが魅力の個性派ギャルとして支持を得ている。
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 人気モデル、撮影ドタキャンで謹慎処分も…専属モデル卒業を発表
今読んだ記事

人気モデル、撮影ドタキャンで謹慎処分も…専属モデル卒業を発表

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ギャル」カテゴリーの最新記事