ディズニー×ジョニー・デップ、キャリア初の挑戦 最新作ビジュアル解禁

ディズニーが贈る最新ミュージカル映画「イントゥ・ザ・ウッズ」に出演するジョニー・デップの最新ビジュアルが28日、解禁された。
ディズニー×ジョニー・デップ、キャリア初の挑戦 最新作ビジュアル解禁/(C)2014DisneyEnterprise,inc.AllRightsReserved.【モデルプレス】
ディズニー×ジョニー・デップ、キャリア初の挑戦 最新作ビジュアル解禁/(C)2014DisneyEnterprise,inc.AllRightsReserved.【モデルプレス】

ジョニー・デップ流のオオカミ姿

様々な役柄を演じ分けるカメレオン俳優のジョニーは、同作で「赤ずきん」が森の中で遭遇する恐ろしいオオカミ役という自身のキャリア初の“動物”を演じる。「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのキャプテン・ジャック・スパロウ、「シザー・ハンズ」の人造人間、「アリス・イン・ワンダーランド」のマッド・ハッターなど、キワモノのキャラクターを演じてきた彼だが、さすがに“動物”を演じるのは、アニメの吹き替え以外では初めての経験。

今回解禁されたビジュアルでは、「耳」や「尻尾」が特徴的なオオカミになりきっているジョニー。ちらりとのぞく赤のポケット・チーフのアクセントが効いているスマートなスーツを着こなし、トレード・マークともいえる帽子を身に着けるなど、彼らしいオシャレなオオカミに仕上がっている。

ジョニーが美声を披露

監督は、映画「シカゴ」のロブ・マーシャル氏が務める。ジョニーの起用について監督は「ジョニー・デップには『パイレーツ・オブ・カリビアン:生命の泉』で共に仕事をした直後に、狼役を演じてくれるよう依頼して、すぐにイエスと言ってもらえたのです。現在、彼のように本当の意味で独創性を持ち、楽しさに溢れ、大胆でエキサイティングな俳優はいません。言うまでもなく、彼は寛大で優しさにも満ちています」と語った。

同作はシンデレラ、ラプンツェル、赤ずきんなど“願い”を叶えたはずのおとぎ話の主人公たちを待ち受けていた驚くべき運命を描く、大人のための“アフター・ハッピーエンド”ミュージカル。さらに本編では、ジョニーが美声を披露している。なお映画の日本公開は、2015年3月14日。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - ディズニー×ジョニー・デップ、キャリア初の挑戦 最新作ビジュアル解禁
今読んだ記事

ディズニー×ジョニー・デップ、キャリア初の挑戦 最新作ビジュ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ディズニー情報」カテゴリーの最新記事