逆境を乗り越えるために必要なことは?コロナ禍の女性起業家を描いた「それぞれのスタジアム」が公開<SK-II STUDIO>

2021.06.29 10:30

オリンピックアスリートでなくパンデミックに影響を受けた女性起業家にスポットライトを当てた「それぞれのスタジアム」が21日に公開された。SK-II STUDIO締めくくりとなる今作、“スタジアムの外”で奮闘する女性起業家の姿を通して、送るエールとは?女優・桃井かおりさんが担当したナレーションにも注目だ。

SK-II STUDIO第3弾は女性起業家にフューチャー


「#CHANGEDESTINY ~運命を、変えよう。」をブランド哲学に掲げ、これまでも女性が一歩踏み出すために数々のプロジェクトを行ってきたSK-II。女性経営者の87%がコロナ禍の影響を受ける中、取り組みを一段と加速させている。

東京への訪問者が減少したことで、ビジネスの停滞や店舗の閉鎖を余儀なくされ、厳しい環境にさらに拍車がかかっているという女性起業家たち。

(左から)橋本藍さん、安原伶香さん、米山直子さん、小田嶋舞さん、白木夏子さん
(左から)橋本藍さん、安原伶香さん、米山直子さん、小田嶋舞さん、白木夏子さん
このプロジェクトでフィーチャーされているのは、着物店「着縁」オーナーの小田嶋舞さん、和菓子店「大三萬年堂HANARE」オーナーの安原伶香さん、フラワーショップ「On Flowers」オーナーの橋本藍さん、おにぎり店「NY CAFE」オーナーの米山直子さん、エシカルジュエリー店「HASUNA」オーナーの白木夏子さんの5人。

本来であれば多くのお客さんで賑わっていたであろう店舗も、シャッターを閉めざるをえなくなったこの1年。全力を出し切れなかったり、ゴールまでたどり着けなかったり―。夢のためにひたむきに努力してきたアスリートの問題と重ね合わせ、逆境を乗り越えるために大切なことを説いている。

“スタジアムの外”で奮闘する起業家の想い

フラワーショップ「On Flowers」オーナーの橋本藍さん
フラワーショップ「On Flowers」オーナーの橋本藍さん
緊急事態宣言のタイミングで一度お店をクローズさせたという、フラワーショップの橋本さん。

パンデミックの影響を受けた生産者の方をサポートするために、市場に大量に余ってしまった花を買い付け、ブーケも販売することを決意。「色んな方が、お花買いますって求めてくださって。そのアクションをしたことによって皆さんが賛同してくださったので、やって良かったなと思いました」。

さらにステイホームによりおうち時間が増えたことで、お花がどれだけ求められているかを改めて実感したそう。「お花があるだけで心が安らぎます、むしろお店開けてくださいっていう要望が多かったです」と、お客さんからの声が原動力となっていた様子。

「今後もきっと困難なこともたくさんあると思うんですけど、それも全部楽しんでやっていきたいなと思います、チームで。」と力強いコメントを残してくれた。

先の見えない時でも、何度でも立ち上がること、戦い続けること、歩みを止めないこと。

華々しい舞台で拍手喝采を浴びることはなくても、前向きに挑戦をし続ける姿は、私たちにたくさんのことを教えてくれる。約2分間のショートムービーに刻まれた彼女たちの想いにふれてみては?

SK-II Cityでそれぞれの起業家のこだわりを発見

今回登場した5人の起業家によるバーチャル店舗が、“SK-II City”に登場。東京の街並みに着想を得て作られたバーチャルシティで、モールの中に可愛いらしい世界観の店舗が5軒並んでいる。

コロナ禍でどのように立ち向かっていったのか、それぞれの起業家から話を聞きくことができ、着物へのこだわりや、和菓子への想いなど、彼女たちのユニークなストーリーを体感することができるという。

いまだ街全体にはどこか停滞した雰囲気が漂う中、エネルギッシュなバーチャルな世界に出かけてみるのもオススメだ。

SK-II STUDIO動画再生が#CHANGEDESTINY資金に

「センターレーン」
「センターレーン」
「VSシリーズ」
「VSシリーズ」
#CHANGEDESTINYに賛同したクリエイターが集結し、これまで計8本を発表したSK-IISTUDIO。池江璃花子選手の復帰を描いた第一作「センターレーン」、実話をもとにトップアスリートの内なる戦いを描いた第二作「VSシリーズ」、そして「それぞれのスタジアム」。

SNSやメディアで大きな反響を呼び、現在シリーズ累計で7億回再生を突破するなど、広がりを見せている。

1再生につき1ドルを#CHANGEDESTINY資金として拠出し、この度50万ドルを女性起業家への支援に当てることが発表された。

「学ぶ」「つながる」「発信する」起業家支援のプログラム

支援プログラムは、SK-IIと渋谷区、女性起業家ネットワークを運営するmeeTalkとともにを実施されるもの。

Facebook JapanとGoogleの協力も得ながら、ワークショップや個別のビジネス・コンサルテーションを行うだけでなく、適切なロールモデルとのマッチング、世界中のより多くの人々に自らのビジネスを発信できるような機会を提供していくという。詳細はmeeTalk Websiteで確認することができる。

まるで映画館で1本のドキュメンタリーを見たような感動を与えてくれるSK-II STUDIOのショートムービー。人生を一歩踏み出すきっかけになるようなメッセージでエールをもらい、女性支援にもつながるポジティブな循環は、ますます大きな広がりをみせていきそうだ。

挫けそうになったときこそ、彼女たちの姿に勇気をもらってみては。(modelpress編集部)[PR]提供元:SK-II

関連リンク

関連記事

  1. HAIR
  2. HAIR
  3. HAIR
  4. michill (ミチル)
  5. 愛カツ
  6. michill (ミチル)

「コラム」カテゴリーの最新記事

  1. 愛カツ
  2. 愛カツ
  3. Googirl
  4. Grapps
  5. Grapps
  6. Grapps
  7. Grapps
  8. 愛カツ