男性が「絶対に振り向かせたい女子」にやりがちなこと

0
0

恋の駆け引きは女子だけのものではありません。

私たちがいろいろ考えているように、男性も水面下ではいろいろ作戦を練っていることも。

とくに、「この子は落としたいな」という女子に対しては、男性なりのやり方でいろいろアプローチを仕掛けているよう。

男性が「落としたい女子」にやりがちな言動とは?

男性が「絶対に振り向かせたい女子」にやりがちなこと

最初から好意を出す

「タイプだなと思ったコには、出会ってすぐ好意をチラ見せします。
褒めたり、笑顔多めにしたり、じっと見たりする程度ですけど……。

相手の中で僕がナシな対象じゃなければ向こうからも意識してもらえるし、最初に揺さぶっておくと、友達コースに入ることを防げると思ってます」(30歳・男性)

この人って私のこと好きかも?そんな風に意識すると、急にドキドキしてきてしまうのは女子もあるあるですよね。

イヤそうな顔をされたら脈なしとして切ってしまえばいいし、イケそうな女子とは早い段階で恋愛モードに入れる。

しかも、出会ってすぐなら本気になってから好意をアピールするより失敗してもダメージが少ない!

女子もマネしたい駆け引きです。

相手にわかるようにチラチラ見る

「気になる女子には、好意を知ってほしくて……わざと分かるようにチラ見してみせるときがあります。
ちゃんと目が合うまで待ってからそらして、またチラ見します。

向こうがそわそわしてきたら脈アリだと思います。
とにかく仲良くなりたいから、目が合ったら話しかけたり、ほめたりすることも多いです」(25歳・男性)

言葉に頼らない分、失敗してもダメージが少ないのが視線でのアプローチ。

さっと目をそらされたり、頑なに目を合わせないようにされると「脈なしだな」と思ってしまうそうなので、もし気になる相手なら、照れずに見つめ返したほうがよいでしょう。

マメにLINEする

「その子のことを知りたいし、デートのきっかけになるような情報がほしいから、まずはこまめにLINEするかな。
何度かLINEしてると、返信ペースから『この時間は仕事』『この時間は忙しそう』って生活リズムがわかってきたり、興味のあることも自然にわかる。
デート二も誘いやすいよね。気になるけどよく知らない相手ほど、LINEが多めになるかも」(28歳・男性)

ただし付き合うまでだけど!とのコメントもありましたが、落としたい女子にはマメにLINEする男性が多いです。

男性と違い、雑談LINEに抵抗がない女子も多いから、男性がマメにLINEをすれば、何気ない話題から『今度行ってみない?』とデートの約束を取り付けられる確率も上がります。

好きな女子には「アポにつなげる雑談LINE」を仕掛けるようです。

二人で会おうとする

「友達やほかの人を含めて会ってても、その子のことはよくわからないし、ガツガツ押せないじゃないですか?
まずは二人になれる機会がほしい。デートっていい方はしなくても『ランチしない?』『あれ、行ってみない?』とか、なにかと理由をつけて会える機会を探しますね」(24歳・男性)

まずは二人になってその子のことや、脈あり度を探りたい!と、男性は気になる女子と二人で会える機会を持ちたがります。

その子のために時間を使うのは男性の脈ありサインのひとつ。

気になる彼が相手なら、「暇つぶしかも」なんて構えず、誘いに乗りたいところです。

ペコペコしがち

「自分のことを知ってほしくていろいろ話すけど、途中でハッと『俺ばっか話しててごめん』と我に返ることは良くあります。
好きな子には気分良く過ごしてほしいから、腰も低くなりますね」(24歳・男性)

好きな女子を不快にさせていないか不安になった瞬間、つい謝ってしまうという男性も多いようです。

自分のことを話すのは、いろんな面を知ってほしいから。一方で、「自分のことばっか」「マウント野郎」と思われるのも絶対に避けたい……。

男性の可愛い気持ちの表れです。ほほえましく見てあげたいものです。

脈ありサインはわかりやすい

「男性は恋愛脳じゃない」とはよく言われますが、恋愛脳じゃない=作戦を練らない、ではありません。

好きな子には少々露骨でも、いろんな恋愛テクニックを仕掛けてくるよう。

「これってもしかして?」と思った時は、照れずに乗ってみると楽しい展開になるかもしれませんよ。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)

愛カツ

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 男性が「絶対に振り向かせたい女子」にやりがちなこと
今読んだ記事

男性が「絶対に振り向かせたい女子」にやりがちなこと

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事