あの人は私をどう思っているの?男性が好きな人に見せるサイン5つ

気になる男性がいる時、その男性が自分のことをどう思ってくれているのか気になりますよね。そんな時は男性があなたにどんな態度や行動をしているか見てみましょう。男性は、好きな人に対して無意識でサインを出していることがあるのです。そこで今回は、そのサインがどんなものなのかをご紹介します。
あの人は私をどう思っているの?男性が好きな人に見せるサイン5つ/photo by GIRLY DROP
あの人は私をどう思っているの?男性が好きな人に見せるサイン5つ/photo by GIRLY DROP

気づくと近くにいるのは好きだから

仕事の時も飲み会の時も、気づくと男性が近くにいるのはあなたのことが好きだからこそのサインだと言えるでしょう。

好きだといつも近くにいて見ていたいとか話したいという気持ちが強くなり、自分でも気づかないうちに近くに来てしまうのです。

会話の中にいつもいるとか会話はなくても見守られている感じがするのなら、好きでいてくれているのかもしれないと考えて良さそうです。

そういう時はあなたの方からも積極的に声を掛けて、男性のサインに答えるようにすると良いでしょう。

LINEの返信が早いのもサインの一つ

LINEでの何気ない会話でも早く返信してくれるのは、好きな人に向けるサインである可能性が考えられます。

男性は何とも思っていない相手との内容のない連絡を嫌う人が多いので、どんな会話でも続けようとするのは好きだからと考えられるのです。

とくにLINEは相槌などの細かいやり取りもあるので、好きな人相手でなければ続けられない男性も少なくありません。

こういうサインを見せてくれているのなら脈アリだと考えられるので、LINEも積極的にして仲を縮めていきましょう。

男性からのサインを見逃さないで(Photo by karelnoppe/Fotolia)
男性からのサインを見逃さないで(Photo by karelnoppe/Fotolia)

些細な会話でも覚えてくれている

男性は好きな人の言ったことなら、相手が覚えていないような会話を覚えていてくれたり何気なく言った好きなものを覚えていてくれたりするのです。

だから好きなものを食べに連れて行ってくれる、誕生日に欲しいものをプレゼントしてくれるなどの行動してくれます。

本当に些細なことでも覚えているので、女性は「どうして知っているの?」と不思議に思うこともあるかもしれません。

しかしそれは男性なりのアプローチであり好きなサインでもあるので、素直に喜び、嬉しさを伝えることが大切です。

好きな人には自分の話をたくさんする

男性は好きな人に対して自分のことを知ってほしいという思いから、たくさんの話をすることがあります。

自分の家族や友人について、仕事や趣味についてなど、とにかくたくさんのことを話してくれるでしょう。

だからもし聞いていないのにたくさんのことを教えてくれる男性がいたら、それが好きなサインだと受け取りましょう。

話してくれることを一生懸命聞き、男性を知ろうとすればあなたの好意も相手に伝わるはずです。

感情をきちんと伝えるのはサイン

「嬉しい」「楽しい」など自分の感情をきちんと言葉で伝えるのは、男性が好きな女性に見せるサインの一つです。

もともと感情表現が苦手な男性は多いのですが、好きな人に対しては自分の気持ちを知ってほしいから一生懸命伝えようと努力します。

それに自分の感情に嘘をつくのが苦手な男性もたくさんいるので、一緒にいる時楽しそうでニコニコしているのならそれが本当の気持ちだと受け取りましょう。

好きだからこそ一緒にいれば楽しいですし、一緒にいられる喜びを強く感じるので自然と表情に出てしまうのです。

無意識でサインを出している男性も多い(photo-by-ArtFotoDima/Fotolia)
無意識でサインを出している男性も多い(photo-by-ArtFotoDima/Fotolia)
いかがでしたか?

あなたが好きな男性はあなたにどんな行動をしてくれて、あなたにどんな言葉を掛けてくれるでしょうか。

サインを見逃さないようにすればあなたがアプローチするべきポイントも見えてきますし、上手に恋を発展させることも出来るでしょう。

男性は無意識でサインを見せていることが多いですが、あなたからの反応があればもっと積極的にアプローチしてきてくれるはずです。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - あの人は私をどう思っているの?男性が好きな人に見せるサイン5つ
今読んだ記事

あの人は私をどう思っているの?男性が好きな人に見せるサイン5つ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事