内面も外見も輝きを放つ“ボタニカル女子”が流行の兆し

春になるとオシャレ感度が上がる人も多い中、今季は“ボタニカル女子”が急増の傾向にあるのをご存じだろうか。 今年の春夏トレンドのキーワードの中でひときわ目立つのが、“ボタニカル”という言葉。最近では、女性誌のファッションページでも頻繁にボタニカルファッションの特集も組まれているが、実際のところ、「“ボタニカル”ってどういう意味?」と疑問に思っている人も少なくない。

“ボタニカル”ってどんな意味?

“ボタニカル”とは、自然の中にある草花や木の葉、実など、植物のこと。これらのモチーフを取り入れたボタニカル柄のトップスやパンツが、この春夏にファッション界でも一大ブームとなっている。

毎年定番の小花柄も、今季は蔦(ツタ)が混じったようなグリーン要素のあるものが主流。また、シューズ、バッグなどでさり気なくボタニカルテイストを取り入れればオシャレ上級者を演出できる。

この“ボタニカル”は、元来「植物の」という意味。「植物の力を取り入れて活力を得る」という意味合いでも使われる傾向にあることから、ファッションのみならずここ最近では、生活雑貨やスキンケアアイテム、食品にまで幅広く浸透してきている。中でも、ボタニカルキャンドルやボタニカルペンといったアイテムは手に取りやすく人気を集めているようだ。

恋や仕事に多忙を極めるお疲れぎみの現代女性の五感に働きかけてくれる“ボタニカル”ブームの到来。この春夏は、内面も外見も輝き溢れる“ボタニカル女子”が街中にあふれそうな予感だ。(モデルプレス)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 内面も外見も輝きを放つ“ボタニカル女子”が流行の兆し
今読んだ記事

内面も外見も輝きを放つ“ボタニカル女子”が流行の兆し

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事