斎藤工の“色気”にイタリア女性が虜「クールでかっこよかった」

0
0
映画「高台家の人々」(6月4日公開)が現地時間24日、イタリアで開催されているヨーロッパ最大級のアジア映画祭「第18回ウディネ・ファーイースト映画祭」コンペティション部門の作品として上映。同作に出演する斎藤工が舞台挨拶に登壇した。
イタリア女性をとりこにした斎藤工(C)2016 フジテレビジョン 東宝 集英社 (C)森本梢子/集英社
イタリア女性をとりこにした斎藤工(C)2016 フジテレビジョン 東宝 集英社 (C)森本梢子/集英社

イタリア女性も魅了する斎藤工

新ジョバンニ劇場にて行われた上映には、約1000人を超える観客がつめかけ、場内は満席。客層も幅広く、10代・20代の男女から、ウディネ映画祭に長年通っているという50代・60代の地元民まで、様々な映画ファンが集まった。

上映前の舞台挨拶にて、ウディネ映画祭初参加(イタリアも初)となる斎藤が、イタリア語で「Buonasera a tutti.(みなさん、こんばんは!)」と挨拶した後、ウディネに来た感想を「劇場のすぐ近くで食べた生ハムがとてもおいしかった」とコメントすると会場は大盛り上がり。締めの挨拶では「Udine e bellissima!(ウディネ最高!)」と大きな声で思いを伝えると、観客から拍手が巻き起こった。

上映後には、「とてもクールでかっこよかった」との言葉を受けた斎藤のもとに、映画ファン、とりわけ多くの女性が集結。斎藤は、笑顔でサインや写真撮影に応じて、その色気でイタリア女性を虜にしていた。

イタリア女性からも人気(C)2016 フジテレビジョン 東宝 集英社 (C)森本梢子/集英社
イタリア女性からも人気(C)2016 フジテレビジョン 東宝 集英社 (C)森本梢子/集英社

映画「高台家の人々」とは

「ごくせん」「デカワンコ」などのヒット作で知られる森本梢子氏が新たに描き下ろし、全国3000店の書店員が選ぶ「NEXTブレイク漫画RANKING BEST50」で第1位に輝いた人気コミック『高台家の人々』(集英社「月刊YOU」連載)を実写映画化した同作。妄想癖のある天然で平凡なOL・主人公・平野木絵(綾瀬はるか)と、テレパシー能力を持った名家・高台家のイケメンエリート・高台光正(斎藤)が繰り広げる一風変わったラブコメディとなっている。

斎藤工(C)2016 フジテレビジョン 東宝 集英社 (C)森本梢子/集英社
斎藤工(C)2016 フジテレビジョン 東宝 集英社 (C)森本梢子/集英社

斎藤工「映画は世界の共通言語」

すべてを終えた後、斎藤は「3、4階席から笑い声が降ってくるようでした。この作品の大事な“妄想”シーンで、多くの観客が笑ってくれていて、次の“妄想”シーンがいつかいつか待ちわびている様子が伝わってきて嬉しかった」と満足そうにコメント。「改めて、映画というのは世界の共通言語だと感じましたし、この映画が一つの架け橋なれば」と手ごたえを感じていた。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 斎藤工の“色気”にイタリア女性が虜「クールでかっこよかった」
今読んだ記事

斎藤工の“色気”にイタリア女性が虜「クールでかっこよかった」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事