大島優子「特別な想い入れがある」 主演作が国際映画祭に出品

0
女優の大島優子の主演作が国際映画祭に出品され、心境を明かした。
主演作が国際映画祭に出品される大島優子/(C)2015 東映ビデオ【モデルプレス】
主演作が国際映画祭に出品される大島優子/(C)2015 東映ビデオ【モデルプレス】
大島優子主演映画「ロマンス」(8月29日公開)/(C)2015 東映ビデオ
大島優子主演映画「ロマンス」(8月29日公開)/(C)2015 東映ビデオ
大島主演の映画「ロマンス」(8月29日公開)が、第18回上海国際映画祭(6月13日~21日開催)「パノラマ」部門のオフィシャルセレクション正式招待作品として出品される。また北米最大の日本映画祭、「第9回JAPAN CUTSジャパン・カッツ!」(7月9日~19日まで開催)への出品、北米プレミアも決定した。

同作は大島にとって6年ぶりの実写主演映画であり、AKB48卒業後初の主演映画。特急ロマンスカーのアテンダントを演じた大島は「上海国際映画祭、JAPAN CUTSへの出品が決定し、とても嬉しく思います」と歓喜し、「『ロマンス』は私の中で特別な想い入れがある作品です。多くの方にご覧いただき、愛される作品になればいいなと感じております」とアピールをした。

またタナダユキ監督は「上海、ニューヨークという国際色豊かで活気溢れる巨大な都市に暮らす方たちに、大島優子さんの様々な表情を観ていただけることが楽しみで仕方ありません」と紹介。「そして作品として、この映画がどう映るのか。緊張しますが、色々な反応を楽しみつつ、それを糧として、日本での公開に向けてさらに努力していきたいと思います」と語った。

女優として“世界”へ

上海国際映画祭は世界12大国際映画祭の一つで、今年は108国から2000本以上の作品エントリー。映画祭からは本作について「面白いキャラクター設定で、役者の芝居もとても自然で、ストーリーも秀逸だったから」との選定理由を説明。コンペティションでは最高賞の金爵賞・アジア新人賞の2つの賞が用意されている。また同映画祭では、2014年邦画映画賞最多29冠を受賞し、大島が出演している『紙の月』も上映されることが決定した。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 大島優子「特別な想い入れがある」 主演作が国際映画祭に出品
今読んだ記事

大島優子「特別な想い入れがある」 主演作が国際映画祭に出品

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事