篠原ともえ、役柄から受けた影響とは 太田莉菜と江ノ島を光り輝かす

0
0
女優でタレントの篠原ともえが、役柄から受けた影響を明かした。
点灯式に出席した篠原ともえ、太田莉菜(左から)【モデルプレス】
点灯式に出席した篠原ともえ、太田莉菜(左から)【モデルプレス】
篠原は21日、映画『海月姫』で共演するモデルで女優の太田莉菜とともに湘南のシンボルとして親しまれる展望灯台「江の島シーキャンドル」点灯式にスペシャルゲストとして登場した。

役柄から影響?「オジサマを見ると…」

(左から)篠原ともえ、太田莉菜
(左から)篠原ともえ、太田莉菜
同作で枯れ専(枯れたオジサマに萌えるオタク)・ジジ様を演じた篠原は「役に入りすぎてオジサマを見ると萌え萌えしちゃうようになりました。今日もオジサマを探しちゃったぐらいです(笑)」とお茶目に告白。「それぐらい役に没頭して夢中になれた作品でした」と撮影を振り返った。

点灯10秒前からは、会場一体となってカウントダウン。掛け声が終わった瞬間、同作の主題歌であるSEKAI NO OWARI「マーメイドラプソディー」に乗せて、音と光のライトショーが会場全体を包み込み、江の島シーキャンドルが点灯。『海月姫』仕様に光り輝くシーキャンドルを目の前に、点灯式に参加するのは初めてという太田は「感動した」と目を輝かせ、篠原も「クラゲが泳いでいるみたいで幻想的で感激しました」と満面の笑みで語った。

(左から)篠原ともえ、太田莉菜
(左から)篠原ともえ、太田莉菜
同作は男子禁制のアパート・天水館に住む、筋金入りのオタク女子集団=尼~ずが女装美男子と力を合わせ、天水館が奪われる危機に立ち向かう、笑いと涙と萌えの「オタクすぎるシンデレラ・エンタテインメント」。新江ノ島水族館は同作のロケ地としても使用されており、『海月姫』仕様の光と音のイルミネーションが実施される。江の島シーキャンドルのライトアップは、2月1日(日)まで17時から実施中。映画は12月27日より公開。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 篠原ともえ、役柄から受けた影響とは 太田莉菜と江ノ島を光り輝かす
今読んだ記事

篠原ともえ、役柄から受けた影響とは 太田莉菜と江ノ島を光り…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事