「Seventeen」モデル、“男子禁制のガールズラブ”に「素をさらけ出した」

参照回数:93,374

Seventeen」専属モデルの森川葵が17日、都内で行われた映画「スクールガール・コンプレックス~放送部篇~」の初日舞台挨拶に、門脇麦、吉倉あおい、今野鮎莉、高井つき奈、新木優子、寿美菜子ら共演者、小沼雄一監督、写真家の青山裕企氏とともに登場した。
映画「スクールガール・コンプレックス~放送部篇~」初日舞台挨拶(左から)青山裕企氏、森川葵、今野鮎莉、小沼雄一監督、高井つき奈、寿美菜子、門脇麦、吉倉あおい、新木優子
映画「スクールガール・コンプレックス~放送部篇~」初日舞台挨拶(左から)青山裕企氏、森川葵、今野鮎莉、小沼雄一監督、高井つき奈、寿美菜子、門脇麦、吉倉あおい、新木優子
同作は、写真家・青山裕企氏の女子中高生に対する思春期の妄想を形にした写真集「スクールガール・コンプレックス」を映画化。高校の制服、蒸し暑い教室、切なさを誘う夏の夕暮れとヒグラシの鳴き声、伝えられない恋心…多感な学生時代に欠かせないアイテムが散りばめられたストーリーに、女の子の三角関係という“男子禁制のガールズラブ”が描かれた映画となっている。

(左から)門脇麦、森川葵/映画「スクールガール・コンプレックス~放送部篇~」劇中カット(C)S・D・P/2013「SGC」運営委員会
(左から)門脇麦、森川葵/映画「スクールガール・コンプレックス~放送部篇~」劇中カット(C)S・D・P/2013「SGC」運営委員会
マナミ役を演じた主演の森川は、「(撮影現場は)女の子同士だったので、素をさらけ出して居心地がよかったです。厳しい監督の指導もあり、撮影の合間に出演者同士でき氷を作ったりして、楽しい現場でした」とニッコリ。さらに「撮影からちょうど1年。こうして公開となり、みなさんに見ていただけるのが本当に幸せで、幸せでたまりません。ありがとうございました」と映画への想いも語った。

チユキ役を演じたもう1人の主演である門脇は「ちょうど1年前の夏に撮影し、季節感にぴったりの夏に公開できるのがとても素敵なことだと思います」とコメントした。

映画「スクールガール・コンプレックス~放送部篇~」に出演する森川葵(右)と門脇麦(左)/(C)S・D・P/2013「SGC」運営委員会
映画「スクールガール・コンプレックス~放送部篇~」に出演する森川葵(右)と門脇麦(左)/(C)S・D・P/2013「SGC」運営委員会
また小沼監督は「この作品で娘がいっぱい増えたなという感じで、リハーサルに臨ませていただきました。放送部という場面設定だったので、とにかく放送部らしくしてもらおうと、実際に取材した放送部の練習をそのまま演じてもらいました。それがうまく映画に反映されていたんじゃないかと思います」と自信たっぷり。

青山氏は「映像となるとだいぶ雰囲気も変わると思うんですが、色々な打ち合わせに参加させてもらい、深く関わった作品なので胸を張って見ていただけたらと思います」とアピールした。(モデルプレス)

■「スクールガール・コンプレックス~放送部篇~」
公開日:2013年8月17日(土)シネ・リーブル池袋ほかロードショー
キャスト:森川葵、門脇麦、近藤真彩、吉倉あおい、今野鮎莉、高井つき奈、新木優子、寿美菜子、長谷川朝晴 
原案:青山裕企「スクールガール・コンプレックス」(イースト・プレス)
監督・編集:小沼雄一
脚本:足立紳  
音楽:宇波拓 
主題歌:「秘密の時間」さよならポニーテール(エピックレコードジャパン)

<ストーリー>
放送部の部長・新谷マナミは、文化祭本番間近に突然入部してきた新谷チユキに淡い恋心を抱く。女の子に好意を寄せられながらも年上の彼氏との関係に悩む三塚チユキ。マナミに陰ながら想いを寄せる、幼なじみの森野アイ(近藤真彩)。オトナの一歩手前、思春期まっただ中の不安定で危うい少女3人たちが織り成す、三角関係の結末とは。

森川葵(もりかわあおい)プロフィール
生年月日:1995年6月17日
出身地:愛知県
身長:157cm
趣味:スイーツデコ(パーツから作る)

雑誌「SEVENTEEN」専属モデルとしてティーンから人気を誇る。また女優として、2013年3月にwowowプライムドラマ「CLAMPドラマ ホリックxxxHOLiC」に出演。同月にはNHK BSプレミアム「神様のボート」、さらに日本テレビ系「35歳の高校生」にレギュラー出演し、活躍の幅を広げている。





【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「Seventeen」モデル、“男子禁制のガールズラブ”に「素をさらけ出した」
今読んだ記事

「Seventeen」モデル、“男子禁制のガールズラブ”に「素をさらけ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事