忙しくても…すっぴん美を作るためにしたいこと

【美容/モデルプレス】お仕事や友達との約束、自分磨きなど、女性のスケジュールは様々な予定に彩られています。でも、時間は有限。やりたいことをすることで充実感を得られる反面、なおざりになってしまう部分も出てきますよね。だからこそ、臨機応変に対応できるアイテムを持っておくと心強いもの。今回は忙しい女性にピッタリなお役立ちアイテムをご紹介します。
忙しくても…すっぴん美を作るためにしたいこと(photo by AntonioDiaz/Fotolia)
忙しくても…すっぴん美を作るためにしたいこと(photo by AntonioDiaz/Fotolia)
あなたの周りにも、忙しそうにしているのにいつもキレイな女性がいるはず。

毎日を生き生きと過ごす彼女たちは、メイクに頼らずともキレイに見えますよね。美肌を始めとする素の美しさがそう見せているのかも。でも、日々時間のない中でいかにして美肌を保っているのでしょうか?

キレイな女性の秘密


美肌を維持するためには、クレンジングを妥協しないことが大切です。そうは言っても、状況によってはスキンケアにじっくり手間や時間をかけられないこともありますよね。

いつも忙しい女性“あるある”

シーン1. お仕事終わりのヨガやジムの前

「週1回は仕事終わりにホットヨガへ行っています。レッスンの時間が決まっているから、スタジオに駆け込むこともしばしば。化粧は絶対落としたいので、着替えやら何やら、時間との勝負です(笑)」(25歳/金融)

腹筋からヒップへと筋トレ熱が継続している中、ヨガやジムなどに通うことをライフワークとしている人も多いはず。お仕事終わりにレッスンを入れる場合もあるでしょう。そんな時、クレンジングやスキンケアにかける時間は少なくなりがち。

気持ちよく汗をかくためにも、やっぱりメイクオフはちゃんとしたい!(Photo by Syda Productions)
気持ちよく汗をかくためにも、やっぱりメイクオフはちゃんとしたい!(Photo by Syda Productions)
シーン2. 帰宅が遅くなってしまった時

「久々に友人たちと集まって良い具合に酔っ払って深夜に帰宅。“化粧を落とさなきゃ”と“このまま寝ちゃいたい”の間を行ったり来たりした記憶を最後に、気が付いたら朝だった、なんてことも1度や2度じゃありません…」(24歳/アパレル)

深夜まで残業したり、会食があったり、あるいは久しぶりの女子会でちょっと羽目を外したり…いつもよりも帰宅が遅くなってしまい、1分1秒でも早くベッドに入りたい!そんな夜は誰にでもあるもの。

この時にはクレンジングのことなんて頭の片隅にもないけれど…(Photo by wavebreakmedia)
この時にはクレンジングのことなんて頭の片隅にもないけれど…(Photo by wavebreakmedia)

手軽にクレンジング


シーン3. 泊りがけで出掛ける時

「私にとって出張は荷物の軽量化が1番の課題。減らせるものはとことん減らします。ただ、度が過ぎてスキンケアが不十分になって、翌朝乾燥のせいで化粧ノリが最悪だったという経験が…(涙)」(29歳/マスコミ)

出張だけでなく旅行など泊りがけで出掛ける時には、出先での動きやすさも考えて極力荷物を減らそうと努めるものです。かさばりがちなケア用品は、ついつい後回しになってしまうことも。

できる限り、身軽でいたい(Photo by webfuture2014/Fotolia)
できる限り、身軽でいたい(Photo by webfuture2014/Fotolia)

“あるある”を解消!頼りになるのはクレンジングシート

いつもは時間をかけて行う毎晩のスキンケアも、案外生活の色々な場面で優先度が下げられてしまいやすいもの。かける時間や荷物を減らせる肌思いの優しいクレンジング方法を備えていると、ぐっとキレイに近付くことができます。

その方法の1つが、メイクをさっとオフできるクレンジングシート。どうしても手軽さばかりが評価され、肌にとってどうなのかと敬遠してしまっていた方もいるかもしれません。ところが、美肌にこだわる方からも選ばれるラインナップが揃っているのをご存知ですか?

中でもオススメなのがビフェスタの「うる落ち水クレンジングシート」。女性たちのキレイを叶えてくれる秘密が詰まっているんです。

肌悩みに合わせて、ブライトアップ/モイスト/エンリッチから選べる3タイプ
肌悩みに合わせて、ブライトアップ/モイスト/エンリッチから選べる3タイプ

秘密をチェック


手軽にオフで美肌に?うる落ち水クレンジングシートの魅力

「うる落ち水クレンジングシート」は化粧水生まれだから、メイク落としから化粧水での保湿までを1枚で済ませることができちゃうんです。つまり、ふき取っただけでそのまま寝てしまっても大丈夫ということ。

1枚でお顔全体がふき取れるよう150mm×200mmの大判サイズを採用している“やわらかシート”は、液をたっぷり含んだ摩擦低減処方なので、肌への摩擦にも対応しています。

ちなみに、「うる落ち水クレンジングシート」を利用する時のポイントは目元。アイシャドウやマスカラをしっかり落とすためには、10秒ほど馴染ませましょう。メイクがじわっと浮いてくるので、こすらずオフできますよ。

「うる落水クレンジングシート」のシリーズ商品
「うる落水クレンジングシート」のシリーズ商品
また、同じシリーズでローションやポイントメイクアップリムーバーも。クレンジングシートと賢く使い分けることがキレイを作る秘密かもしれませんね。

キレイになりたい!


キラキラ輝く毎日に

クレンジングから美肌を目指そう(photo by Subbotina Anna/Fotolia)
クレンジングから美肌を目指そう(photo by Subbotina Anna/Fotolia)
毎日が充実すればするほど、時間のやりくりは難しくなっていくもの。それでもいつだってキレイでいたいなら、賢く手を抜けるお役立ちアイテムを知っておくこと。

手軽にキレイを実現して、キラキラ輝く毎日を過ごしてみませんか?(modelpress編集部)[PR]提供元:株式会社マンダム
モデルプレス

関連リンク

モデルプレス - 忙しくても…すっぴん美を作るためにしたいこと
今読んだ記事

忙しくても…すっぴん美を作るためにしたいこと

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「美容」カテゴリーの最新記事