GENERATIONS、初ドームツアー&充実の個人活動でファン層拡大 飛躍の1年を振り返る【2018年末特集】

元旦に初のベストアルバム「BEST GENERATION」をリリースし、そのアルバムを引っさげ初の単独ドームツアー「GENERATIONS LIVE TOUR 2018“UNITED JOURNEY”」を開催するなど、充実の1年を過ごしたGENERATIONS from EXILE TRIBE。ここではグループ、そして個人の2018年の活躍を振り返る。
GENERATIONS from EXILE TRIBE(C)モデルプレス
GENERATIONS from EXILE TRIBE(C)モデルプレス

GENERATIONS、初ベストアルバム&単独ドームツアー開催で充実の1年

今年は先述のベストアルバムに加え、「F.L.Y.BOYS F.L.Y.GIRLS」「少年」「G-ENERGY」と3曲のシングルをリリース。耳に残るキャッチーなサウンドと今年大流行した“シュートダンス”が印象的な応援歌「F.L.Y.BOYS F.L.Y.GIRLS」、シングルとしては約2年ぶりとなるバラード「少年」で両極の強みを打ち出した。

5月から3ヶ月にわたって全国4都市を回った全国ドームツアーは、計10公演でライブビューイング含め自身最多となる約45万5000人を動員。同事務所において、EXILE、EXILE ATSUSHI (ソロ)、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEに続く単独ドームツアーという快挙を成し遂げた。

GENERATIONSドームツアーファイナルレポ


GENERATIONS from EXILE TRIBE/「GENERATIONS LIVE TOUR 2018“UNITED JOURNEY”」最終公演より(提供写真)
GENERATIONS from EXILE TRIBE/「GENERATIONS LIVE TOUR 2018“UNITED JOURNEY”」最終公演より(提供写真)
AbemaTVのレギュラー番組「GENERATIONS高校TV」も2年目に突入。「萌えジェネ選手権」など人気企画も定着し、パフォーマンス時には見えないそれぞれの個性がより際立つようになった。

また、TBS系『ニンゲン観察バラエティモニタリング』(毎週木曜よる8時~)など地上波バラエティでもそのキャラクターを存分に発揮。Twitterのトレンドワードにランクインすることも多く、ファンの持つ熱量の高さがうかがえる。

「GENE高」イベントレポ


GENERATIONS、もしも1億円当たったらの「モニタリング」が話題に


GENERATIONS、個人活動も活発

映画「PRINCE OF LEGEND」ビジュアル(C)「PRINCE OF LEGEND」製作委員会 (C)HI-AX All Rights Reserved.
映画「PRINCE OF LEGEND」ビジュアル(C)「PRINCE OF LEGEND」製作委員会 (C)HI-AX All Rights Reserved.
俳優業など個人活動も充実した1年だった。「HiGH&LOW」をプロデュースしたHI-AXチームがおくる“プリンスバトルプロジェクト”の一環である日本テレビドラマ「PRINCE OF LEGEND」には片寄涼太佐野玲於関口メンディーが参加。2019年3月21日には映画公開を控える。

「PRINCE OF LEGEND」インタビュー連載


佐野玲於(C)モデルプレス
佐野玲於(C)モデルプレス
さらに、佐野はカルテット主演を務めた映画『虹色デイズ』のほか『ハナレイ・ベイ』が公開。グループきってのカルチャー通という強みを活かした初のソロ写真集『さのさん』も発売した。

佐野玲於ソロ写真集、1週間で5万部突破


片寄涼太(C)モデルプレス
片寄涼太(C)モデルプレス
片寄もファッションを軸としたソロ写真集『グッバイ、ホワイト』を発売。『兄に愛されすぎて困ってます』(2017)以来、中華圏での人気を拡大しており、中国の人気ファッション誌「紅秀GRAZIA」で表紙を飾るなど変わらず人気が爆発中。同写真集も日本のほか、中国・台湾・シンガポール・香港・マカオ・バンコク・クアラルンプールとアジア8エリアでリリース。WEIBO(ウェイボー)アカウントのフォロワーは110万人を越え、「微博日本年間人気アーティスト賞」に選出された。

「紅秀GRAZIA」(提供画像)
「紅秀GRAZIA」(提供画像)
2019年は日本テレビ系新日曜ドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(1月6日よる10時スタート)に出演する。

GENERATIONS片寄涼太、アジアで人気が爆発 微博「年間人気アーティスト賞」受賞


小森隼(C)モデルプレス
小森隼(C)モデルプレス
小森隼はラジオ「AWESOME RADIO SHOW」(TOKYO FM)でパーソナリティをつとめ、得意のトークをさらに強化し、バラエティ出演時の大きな戦力に。

関口メンディー(C)モデルプレス
関口メンディー(C)モデルプレス
関口は芸能界屈指の肉体を活かし、始球式でプロ顔負けの133キロを記録したことも大きな話題を呼んだ。

GENERATIONS関口メンディー、始球式で“プロ顔負け”133キロ記録し驚きの声殺到


「Hello Mandy」(C)1976, 1989, 1993, 2001, 2018 SANRIO CO.,LTD(C)LDH ASIA
「Hello Mandy」(C)1976, 1989, 1993, 2001, 2018 SANRIO CO.,LTD(C)LDH ASIA
また自身をモチーフにしたキャラクター「Hello Mandy(ハローメンディー)」が誕生しサンリオキャラクターの仲間入りを果たすなど、ファンも予想外の展開でファンを驚かせた。

白濱亜嵐(C)モデルプレス
白濱亜嵐(C)モデルプレス
白濱亜嵐、平祐奈(C)宮坂香帆・小学館/映画「10万分の1」製作委員会
白濱亜嵐、平祐奈(C)宮坂香帆・小学館/映画「10万分の1」製作委員会
白濱亜嵐は平祐奈とともにW主演を務める映画『10万分の1』(2019年公開)が待機。

白濱亜嵐&平祐奈、実写映画化「10万分の1」でW主演 高校生の残酷で幸福な運命


数原龍友(C)モデルプレス
数原龍友(C)モデルプレス
中務裕太(C)モデルプレス
中務裕太(C)モデルプレス
数原龍友中務裕太は歌声とパフォーマンスに磨きをかけ、グループの根幹を支えている。

2019年もGENERATIONSの飛躍に期待

2012年のデビューから6年が経ち、それぞれの個性や強みが顕著になってきたGENERATIONS。だからこそグループとして結集したときのパワーは年々勢いを増している。THE RAMPAGE from EXILE TRIBEやFANTASTICS from EXILE TRIBEなど後輩グループが続々と誕生する中、“Jr.EXILE世代”の筆頭としてどんな背中を見せていくのか。2019年もGENERATIONSの躍進に期待しよう。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - GENERATIONS、初ドームツアー&充実の個人活動でファン層拡大 飛躍の1年を振り返る【2018年末特集】
今読んだ記事

GENERATIONS、初ドームツアー&充実の個人活動でファン層拡大 …

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事