小林薫 こばやしかおる

「小林薫」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「小林薫」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「小林薫」に関連するモデルプレス記事

公式サイトやブログへのリンク

小林薫のプロフィール

小林 薫(こばやし・かおる)

生年月日:1951年9月4日
出身:京都府
血液型:A型

俳優で、馬主。京都府生まれ。所属事務所はニコフイルム。京都府立洛東高等学校を卒業。

1971年から1980年まで唐十郎が主宰する状況劇場に在籍。退団の際、その才能を惜しんだ唐が説得のために包丁持参で小林の住むアパートを訪れるも、危機を感じた小林が先に逃げ出し説得は失敗、そのままうやむやのうちに退団を認めたというエピソードがある。

1984年に女優の中村久美と結婚するが、1995年に離婚。2009年12月に、女優・モデルの小梅と再婚し、2010年に第1子となる男児が誕生。

2000年からは『美の巨人たち』のナレーションを担当。

■出演作品
・映画
はなれ瞽女おりん(1977年)
十八歳、海へ(1979年)
真夜中の招待状(1981年)
風の歌を聴け(1981年)
野獣刑事(1982年)
セカンド・ラブ(1983年)
お葬式(1984年)
パラダイスビュー(1985年)
恋文(1985年)
それから(1985年)
そろばんずく(1986年)
バカヤロー! 私、怒ってます 第四話「英語がなんだ」(1988年)
悲しい色やねん(1988年)
ウンタマギルー(1989年)
香港パラダイス(1990年)
四万十川(1991年)
怖がる人々(1994年)
もののけ姫(1997年) - ジコ坊(声の出演)
コキーユ(1999年)
洗濯機は俺にまかせろ(1999年)
秘密(1999年)
黒い家(1999年)
ギブリーズ episode2(2002年) - トシちゃん(声の出演)
阿修羅のごとく(2003年)
クイール(2004年)
ゲド戦記(2006年) - 国王(声の出演)
紙屋悦子の青春(2006年) - 紙屋安忠
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~(2007年) - オトン
歓喜の歌(2008年) - 主演・飯塚正
休暇(2008年) - 平井透
たみおのしあわせ(2008年)- 神埼透
カムイ外伝(2009年) - 半兵衛
ボーイズ・オン・ザ・ラン(2010年) - 鈴木
春との旅(2010年) - 木下
ケンタとジュンとカヨちゃんの国(2010年) - 闘犬の男
アブラクサスの祭(2010年) - 玄宗
海炭市叙景(2010年) - 比嘉隆三
軽蔑(2011年) - 二宮一幸
舟を編む(2013年) - 荒木公平
旅立ちの島唄~十五の春~(2013年)
夏の終り(2013年) - 小杉慎吾
春を背負って(2014年) - 長嶺勇夫
深夜食堂(2015年) - 主演・マスター
夏美のホタル(2016年) - 雲月[7]
海賊とよばれた男(2016年) - 甲賀治作[8]
続・深夜食堂(2016年) - 主演・マスター
キセキ -あの日のソビト-(2017年) - 森田誠一
武曲 MUKOKU(2017年) - 矢田部将造[9]
海辺のリア(2017年) - 謎の運転手
ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年)
泣き虫しょったんの奇跡(2018年秋公開予定) - 藤田守[10]
ねことじいちゃん(2019年公開予定、クロックワークス) [11]

・テレビドラマ
青春戯画集(1981年、NHK)
大河ドラマ(NHK)
峠の群像(1982年) - 不破数右衛門
春の波涛(1985年) - 野島覚造
おんな城主 直虎(2017年1月 - 、NHK) - 南渓和尚[12]
ザ・サスペンス
肉体の処刑(1982年8月7日、TBS / KANOX)
虞美人草 まぼろしの愛に果てた紫の女!(1984年、TBS)
君は海を見たか(1982年、フジテレビ) - 大石先生
ふぞろいの林檎たち(1983年、TBS) - 仲手川耕一
松本清張の霧の旗(1983年、日本テレビ) - 阿部啓一
街~美ら島は、今(まち~ちゅらとうは、いま)(1983年、NHK)
日本の面影(1984年、NHK)
新・事件 断崖の眺め(1984年、NHK)
恋子の毎日(1986年、TBS)
花嫁人形は眠らない(1986年、TBS / KANOX) - 米持倉夫
イキのいい奴(1987年、NHK) - 兵藤晋作
続イキのいい奴(1988年)
魚河岸ものがたり(1987年、NHK)
キツイ奴ら(1989年、TBS / KANOX) - 大曾根吾郎
夫婦善哉(1990年、フジテレビ)
ザ・ラストUボート(1993年、NHK)
丘の上の向日葵(1993年、TBS) - 柚原孝平
戦国武士の有給休暇(1994年、NHK)
宝引の辰捕者帳(1995年、NHK)
ナニワ金融道(1996年、フジテレビ)- 桑田 澄男
ナニワ金融道2 (1996年)
ナニワ金融道3(1998年)
ナニワ金融道4(1999年)
ナニワ金融道5(2000年)
ナニワ金融道6(2005年)
新・ナニワ金融道(2015年)
メロディ(1997年、TBS / KANOX) - 大山誠一
天うらら(1998年、NHK)
赤ひげ(2002年、フジテレビ)
私立探偵 濱マイク(2002年、日本テレビ)
黒い十人の女(2002年、フジテレビ) - 風松吉
ブラックジャックによろしく(2003年、TBS)
われ晩節を汚さず~新夫婦善哉~(2003年、NHK BS)
Dr.コトー診療所(2003年、フジテレビ) - 星野正一
Dr.コトー診療所2004(2004年)
Dr.コトー診療所2006(2006年)
そして明日(あした)から(2003年、テレビ朝日)
父に奏でるメロディー(2005年、NHK)
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~(2006年、フジテレビ)
死亡推定時刻(2006年、フジテレビ)
黒部の太陽(2009年、フジテレビ) - 滝山薫平
気骨の判決(2009年、NHK) - 判事・吉田久
深夜食堂(2009年、TBS) - 主演・マスター
深夜食堂2(2011年)
深夜食堂3(2014年)
ニュース速報は流れた(2009年、フジテレビNEXT) - 潮崎俊太郎
砂の器(2011年、テレビ朝日) - 今西栄太郎
幸せになろうよ(2011年、フジテレビ) - 柳沢匠悟
連続テレビ小説 カーネーション(2011年、NHK) - 小原善作
極北ラプソディ(2013年、NHK) - 世良雅志
震える牛(2013年、WOWOW) - 滝沢文平
Woman(2013年、日本テレビ) - 植杉健太郎
極悪がんぼ(2014年、フジテレビ) - 小清水元
55歳からのハローライフ 第4話(2014年、NHK) - 主演・下総源一
銭の戦争 第1話(2015年、関西テレビ) - 桑田澄男
二十歳と一匹(2015年、NHK) - 藤原弘
天皇の料理番(2015年4月 - 7月、TBS) - 宇佐美鎌市[14]
恋仲(2015年7月 - 9月、フジテレビ) - 芹沢寛利[15]
誤断(2015年11月 - 12月、WOWOW) - 安城隆雄[16]
坊っちゃん(2016年1月3日、フジテレビ) - マドンナの父 役[17]
君に捧げるエンブレム(2017年1月3日、フジテレビ) - 仲川明生[18]
楽園(2017年1月 - 、WOWOW) - 土井崎元[19]
下剋上受験(2017年1月13日 - 3月17日、TBS) - 桜井一夫[20]
絆~走れ奇跡の子馬~(2017年) ‐ 加山昌一郎 役
ハゲタカ(2018年、テレビ朝日)ー 飯島亮介 役
僕らは奇跡でできている(2018年10月 -(予定)、関西テレビ制作・フジテレビ系)- 鮫島瞬 役[21] 

・Webドラマ
火花(2016年、Netflix) - 渡辺
深夜食堂-Tokyo Stories- - 主演・マスター
ドキュメンタリー
美の巨人たち(2000年 - 、テレビ東京) - ナレーション
美の巨人たち放送700回記念「劇的空間!ローマ・ヴァチカン~天才たちが鎬を削った美の饗宴」(2014年5月17日(前編)・5月24日(後編)、テレビ東京) - ナビゲーター
報道発 ドキュメンタリ宣言(2008年、テレビ朝日) - ナレーション
漂えど沈まず~小説家・開高健の遺した言葉~(BS-TBS、2012年12月30日) - ナビゲーター
青の宇宙史~フェルメールから北斎へ~(2013年2月1日、BS朝日) - ナレーション
戦後史証言プロジェクト 日本人は何をめざしてきたのか 知の巨人たち 第4回(2014年7月26日、NHK Eテレ) - 朗読

・舞台
状況劇場
※すべて唐十郎の作・演出。
海の牙 黒髪海峡篇(1973年)
唐十郎版 風の又三郎(1974年)
夜叉綺想(1974年)
腰巻おぼろ 妖鯨篇(1975年)
糸姫(1975年)
下町ホフマン(1976年)
おちょこの傘持つメリー・ポピンズ(1976年)
蛇姫様(1977年)
唐十郎版 俳優修行(1977年)
ユニコン物語 台東区篇(1978年)
河童(1978年)
犬狼都市(1979年)
青頭巾(1979年)
女シラノ(1980年)

・その他
ハーメルンの鼠(1976年、第七病棟 作:唐十郎 演出:佐藤信)
浮雲(1995年、タ・マニネ 原作:林芙美子 作・演出:岩松了)
悪戯(2000年、タ・マニネ 作・演出:岩松了)
ワニを素手でつかまえる方法(2004年、タ・マニネ 作・演出:岩松了)
シダの群れ3 港の女歌手編(2013年、Bunkamura 作・演出:岩松了)

・CM
サントリー、ギフトCM(1986年 - 1987年)※「幸福なウイスキー」「さしあげたのは、時間です」の2本に出演。
新潮社、新潮文庫
公共広告機構(現:ACジャパン)(ナレーション)
SK&F、コンタック総合感冒薬
ダイワハウス
日本たばこ産業 フロンティア・ライト・100's
日清食品 ラ王(1998年)
ピエトロ
日本中央競馬会 (JRA)
東京三菱銀行、US YOU LIKE(2004年)
エプソン、リアプロジェクションテレビ(2005年)
キリンビール、円熟(2006年)
トヨタ自動車、アリオン(2007年)
ファミリーマート(2010年)

・吹き替え
ザ・ホワイトハウス(NHK) ジェド・バートレット合衆国大統領(マーティン・シーン)
映画『フィレンツェ、メディチ家の至宝 ウフィツィ美術館3D・4K』(2016年) - 日本語版ナレーター

■受賞歴
1979年 第4回報知映画賞 新人賞(『十八歳、海へ』)
1985年 第59回キネマ旬報ベスト・テン 助演男優賞(『それから』)
1986年 第9回日本アカデミー賞 最優秀助演男優賞(『恋文』、『それから』)
1999年 第23回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞(『コキーユ』、『秘密』)
2008年 第31回日本アカデミー賞 最優秀助演男優賞(『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン』)
2009年 第30回ヨコハマ映画祭 主演男優賞(『歓喜の歌』、『休暇』)
2017年 第26回日本映画批評家大賞 主演男優賞(『続・深夜食堂』)

■主な所有馬
ブルーリッジリバー(桜花賞2着)
ジョリーダンス(阪神牝馬ステークス2勝)
テルメディカラカラ(小林に初の重賞制覇をもたらしたジョリーダンスの仔)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
小林薫を「ウィキペディア」で参照する