DREAMS COME TRUE どりーむずかむとぅるー

「DREAMS COME TRUE」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「DREAMS COME TRUE」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「DREAMS COME TRUE」に関連するモデルプレス記事

DREAMS COME TRUEのSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

DREAMS COME TRUEのプロフィール

DREAMS COME TRUE(ドリームズ・カム・トゥルー)

吉田美和と中村正人の2人からなる日本のバンドである。所属事務所はDCTentertainment、レコード会社はユニバーサルミュージック/DCTrecords。公式ファンクラブは「POWER PLANT」。一般的な略称はドリカム。さらに縮めてドリやDCTとも呼ばれる。

■メンバー
吉田美和(よしだ・みわ) - ボーカル
生年月日:1965年5月6日

中村正人(なかむら・まさと) - ベース
生年月日:1958年10月1日

・元メンバー
西川隆宏(にしかわ・たかひろ) - キーボード
生年月日:1964年5月26日
2002年3月21日付で脱退。

■概要
1988年1月に結成。元々は1985年から1988年にとんねるずのコンサートツアーでサポート・メンバーをしていた中村が、1988年のコンサートツアー前に吉田をバック・コーラスに招聘したことがきっかけであった[注 1](デビュー前に小泉今日子のサポート・メンバーを2人が行っていたと言われることがあったが、吉田のみが出演しており、中村ではなく実は中村の弟が参加していた)。

当初は「CHA-CHA & AUDREY's Project」(チャチャ・アンド・オードリーズ・プロジェクト)というグループ名を名乗っていたが、間もなく“夢はかなう”を意味する「DREAMS COME TRUE」に改名し、エピック・ソニー・レコードから1989年3月21日に、シングル「あなたに会いたくて」とアルバム『DREAMS COME TRUE』の同時リリースでCDデビューした。

・音楽性
ヴォーカルとベースの2人編成。全ての作詞を吉田が、編曲を中村が行い(2010年頃から吉田も参加するようになる)、作曲は吉田、中村どちらも手がける(元メンバーの西川も3曲手がけている)。アレンジは、グループ結成の切っ掛けになったスイング・アウト・シスターの楽曲を基調とし、中村が影響を受けたというアース・ウィンド・アンド・ファイアーなど1970年代のブラックミュージック風のものがあり、既存曲のオマージュのようなアレンジも存在する(「決戦は金曜日」など)。さらに、クラブミュージックやテクノポップなど幅広いジャンルの楽曲を制作している。デジタル音楽制作環境の黎明期から、シンセサイザーやプログラミングを主体とした編曲を行っているが、生の楽器演奏も使用する。シンセサイザーの多用により、作品が無機質な雰囲気にならないように配慮されている。

・セールス
1990年代にその人気はアルバムセールスにおいて圧倒的な存在感を見せた[2]。1989年の2ndアルバム『LOVE GOES ON…』、3rdアルバム『WONDER 3』は売上枚数100万枚以上、4thアルバム『MILLION KISSES』から8thアルバム『LOVE UNLIMITED∞』までは売上枚数200万枚以上を記録し、中でも1992年の5thアルバム『The Swinging Star』はオリコン史上初の累計売上枚数300万枚を突破した作品になった。その後1999年の10thアルバム『the Monster』でもミリオンセラーを達成している。2015年にリリースしたオールタイム・ベストアルバム『DREAMS COME TRUE THE BEST!私のドリカム』では、累計出荷100万枚を記録。

シングルでは1990年発売の「笑顔の行方」で初のオリコンTOP10入りを果たすと、その後「決戦は金曜日/太陽が見てる」、「go for it!/雨の終わる場所」、「WINTER SONG」(再発盤との合算)、「サンキュ.」、「LOVE LOVE LOVE/嵐が来る」の5作品がミリオンセラーとなり、中でも「LOVE LOVE LOVE/嵐が来る」は売上枚数240万枚以上になっている。

・海外での活動
中村は「500万枚CDを売ることと、グラミー賞を獲ること」を一生の夢と述べており、ロンドンやニューヨークでレコーディングを行ったこともある。1994年には映画「THE SWAN PRINCESS」のエンディングテーマ「ETERNITY」で海外進出している。

1997年にレコードレーベルをヴァージン・レコード・アメリカに移籍し、同時にプライベート・レーベルVirgin/D.C.T.を設立。本格的にアメリカ進出を視野に入れた活動になった(国内販売は東芝EMIが担当した)。しかし米国での活動は芳しいものではなく、中村は後に「(米国でのチャレンジは)失敗だった。(アメリカの)レコード会社もクビになったし、勉強不足も甚だしくて、そこでバンドが終わってもしょうがないっていう状況まで追い込まれた」と振り返っている。

・影響力
デビュー当時の女性1人・男性2人の編成を「ドリカム編成」と形容されることがあり、以後Every Little Thing・My Little Lover・globe・the brilliant green・Hysteric Blue・ポケットビスケッツ・ブラックビスケッツ・m-flo・m.o.v.e・Do As Infinity・day after tomorrow・いきものがかり・girl next door・凛として時雨などこの編成でのグループが多く結成された。このうち現在も3人で活動しているのは凛として時雨、m-floのみである(2017年にLISAが復帰)。Every Little Thing、the brilliant green、Do As infinityは2人組で活動。globeはKEIKOが病気療養中の為小室とマークの二人で活動。ブラックビスケッツ、ポケットビスケッツ、いきものがかりは活動休止。day after tomorrow、girl next door、Hysteric Blue、m.o.v.eは解散。My Little Loverはボーカル・akkoのソロ・プロジェクトとなっている。

芸能界でもMISIA、中島美嘉などドリカムのファンは多い。この他にも、倖田來未「ドリカムの影響で歌手を志した」、絢香「小学生の時に初めて耳にして以来、ずっと大好きで尊敬するバンド。高校生の時にバンドを組んで『決戦は金曜日』を歌いまくっており、デビュー日の前日、ドリカムのライブに行って号泣したのが忘れられない」、E-girls「物心ついた頃からずっとドリカムを聴いていた」、水樹奈々は「子供の頃から演歌とアニメソングしか聴いてこなかった自分にとって、ドリカム楽曲との出会いは衝撃だった」と語っているように、ドリカムの影響を受けている女性ボーカリストは少なくない。その影響力はアーティストだけでなく、スポーツ界においてもドリカムファンは多く、女子レスリング個人で世界大会16連覇の記録を持ち霊長類最強女子の異名を持つ吉田沙保里をはじめ、女子サッカー元日本代表で歴代トップ出場数とゴール数記録を持つ澤 穂希、プロ野球福岡ソフトバンクホークスの本多雄一は自身の登場曲に「何度でも」を使用、同じく福岡ソフトバンクホークスの内川聖一もまたドリカムの「AGAIN」を登場曲に使用するなどその影響力は各界に及んでいる。

2009年3月に開催したドリカムのトリビュート・ライヴ『みんなでドリする? DO YOU DREAMS COME TRUE? SPECIAL LIVE』には島袋寛子・BoA・平原綾香・一青窈・Crystal Kay・hiroko(mihimaru GT)・絢香が参加し、それぞれドリカムへの想いを話した。2014年にはデビュー25周年を記念したトリビュート・アルバム『私とドリカム -DREAMS COME TRUE 25th ANNIVERSARY BEST COVERS-』が発売され、HY・中島美嘉・大塚愛・いきものがかり・JUJUなどがドリカムの曲をカバーした。翌2015年には第2弾『私とドリカム2 -ドリカムワンダーランド2015 開催記念 BEST COVERS-』を立て続けにリリースをし、Little Glee Monster、三浦大知、徳永英明、MONGOL800らが参加している。2017年には上記のアーティストらを新たに知名度を獲得する為に制作されたリスペクト・カバーアルバム『The best covers of DREAMS COME TRUE ドリウタVol.1』が発売された。

2006年に大和総研が「ドリカム人気が上がれば、株価も上昇」とする調査結果を発表した。ドリカムの人気と株価指数が、同時に上昇する確率が85%、下落で66%と高い相関関係を示した事を発見し「他のタレントも分析したが、ドリカムは突出している」「身近で希望を持てるドリカムの歌詞が、景気上昇期の前向き心理と一致するのでは」と解析している。

■来歴
・1988年 - 1996年:結成 ~ エピック時代
1988年1月、「CHA-CHA & AUDREY's Project」結成。
1989年3月21日、1stシングル「あなたに会いたくて」と1stアルバム『DREAMS COME TRUE』同時リリースでデビュー。
1989年11月22日、4thシングル「LAT.43°N ~forty-three degrees north latitude~」、2ndアルバム『LOVE GOES ON…』同時リリース。アルバムはオリコンチャート100位以内に229週ランクインするロングヒットとなる。
1990年11月1日、3rdアルバム『WONDER 3』リリース。ミリオンセラーとなり、当時のデビューから最短記録でのアルバムミリオンセラー達成となった。
1990年12月31日、『NHK紅白歌合戦』初出場。
1991年4月25日、9thシングル「Eyes to me/彼は友達」リリース。自身初のオリコンシングルチャート1位となる。
1991年6月15日、『史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 1991』初開催。
1992年4月3日、初のテレビレギュラー番組『うれしたのし大好き』放送開始。
1992年9月19日、11thシングル「決戦は金曜日/太陽が見てる」リリース。シングルで自身初のミリオンセラーとなる。
1992年11月14日、5thアルバム『The Swinging Star』リリース。初動売上枚数、累計売上枚数ともに当時の日本最高記録となる。
1994年11月5日、映画『THE SWAN PRINCESS』エンディングテーマ「ETERNITY」が収録されたサウンドトラックが全米で発売。

・1997年 - 2002年:東芝EMI時代
1997年8月7日、Virgin Records Americaと契約。
2000年2月14日、初の公式ベスト・アルバム『DREAMS COME TRUE GREATEST HITS "THE SOUL"』リリース。
2002年3月21日、西川隆宏の脱退を発表。
2002年9月19日、Virgin Recordsを離れ、レコードレーベル「DCTrecords」を立ち上げる。

・2003年 - 2005年:ユニバーサルJ時代
2003年12月17日、デビュー15周年記念コレクションアルバム第1弾『DREAMAGE-DREAMS COME TRUE “LOVE BALLAD COLLECTION”』リリース。
2004年1月9日、デビュー15周年記念コレクションアルバム第2弾『DREAMANIA DREAMS COME TRUE ~SMOOTH GROOVE COLLECTION~』リリース。
2004年12月25日、映画『アマレット』公開。
2005年10月2日、吉田の故郷北海道中川郡池田町に「DCTgarden IKEDA」オープン

・2007年 - 2011年:NAYUTAWAVE RECORDS時代
2007年10月6日、「未来予想図」、「未来予想図II」の世界観を映画化した『未来予想図 ~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~』公開。
2011年6月29日、東日本大震災復興支援ベスト・アルバム『THE SOUL FOR THE PEOPLE ~東日本大震災支援ベストアルバム~』リリース。アーティスト収益は、すべて日本赤十字社に全額寄付された。

・2011年 - :UNIVERSAL SIGMA時代
2011年11月29日、ユニバーサルミュージック系列内のUNIVERSAL SIGMAへ移籍。
2013年12月15日、カトープレジャーグループとDREAMS COME TRUEがコラボレーションした商業施設「中之島 LOVE CENTRAL」オープン。
2014年3月21日、デビュー25周年を迎えた。それを記念して通算51枚目となるシングル『AGAIN』リリース。同楽曲は、日本テレビ系報道ニュース「NEWS ZERO」のテーマソングの為に書き下ろしたもので、リリース直前の1月1日から翌3月31日まで使用された。
2014年3月26日、デビュー25周年を記念したトリビュート・アルバム『私とドリカム -DREAMS COME TRUE 25th ANNIVERSARY BEST COVERS-』リリース。
2014年8月20日、前作から約4年振りとなるオリジナル・フルアルバム『ATTACK25』リリース。
2015年4月1日、トリビュート・アルバム第2弾『私とドリカム2 -ドリカムワンダーランド2015 開催記念 BEST COVERS-』リリース。
2015年7月7日、初のコンプリート・ベスト・アルバム『DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム』[14]、ライヴDVD/Blu-ray『25th Anniversary DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2014 ATTACK25』[15]リリース。
2016年2月28日、「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS」で「ARTIST OF THE YEAR(もっとも優れたアーティストに授与される賞)」と「BEST POP ARTIST(もっとも優れたポップアーティストに授与される賞)」を受賞。
2016年7月5日、日本記念日協会により7月7日が「ドリカムの日」に認定される。
2016年7月7日、前ベストと対する裏ベストアルバム『DREAMS COME TRUE THE ウラBEST! 私だけのドリカム』、ライヴDVD/Blu-ray『史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2015 ワンダーランド王国と3つの団』リリース。
2017年7月7日、リスペクト・カバー企画アルバム『The best covers of DREAMS COME TRUE ドリウタVol.1』、ライヴDVD/Blu-ray『DREAMS COME TRUE 裏ドリワンダーランド 2016』リリース。
2017年10月10日、前作から約3年振りとなるオリジナル・フルアルバム『THE DREAM QUEST』リリース。
2018年7月7日、ライヴDVD/Blu-ray『DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2017/2018 THE DREAM QUEST』リリース。

■出演
・CM
Sony「Pixy」(1993年)
サントリー「スーパーホップス」(1996年)
DDIグループ(1999年 - 2000年)
日本コカ・コーラ「爽健美茶」(2002年)
ロッテ「ガーナチョコレート」(2004年 - 2005年)
東芝「Vodafone 803T」(2005年)
アサヒ&カゴメ
「トマーテ」(2007年)
「ベジーテ」(2008年)
「ベジッシュ」(2008年)
明治乳業「北海道十勝チーズ」(2008年)
大塚製薬「ポカリスエット」(2010年)
ファンケル「新・无添加スキンケアライン」(2012年)
トヨタ「エスティマハイブリッド」(2012年)
ネスカフェ「ネスカフェ ゴールドブレンド」(2013年)
九州旅客鉄道「ドリカム新幹線」(2015年3月 - 2016年3月)
かんぽ生命保険(2016年4月 -)
ENEOS(2017年7月 -)
「エネルギーソング発表」篇

・テレビ番組 ※ドリカムがメインを務めた番組のみ記載している。
うれしたのし大好き(フジテレビ系:1992年4月3日 - 1993年4月2日)
うれしたのし大好き2015~ドリカムへの挑戦状~(フジテレビ系:2015年7月10日)
22年ぶりに一夜限りで復活した。
うれしたのし大好き2016 (フジテレビ系:2016年7月22日)
DREAMS COME TRUE Magic Journey Special Live(テレビ朝日系:1994年8月12日)
『ミュージックステーション』初の出演アーティストが1組のみという放送[注 12][65]。タモリもトランペット奏者として演奏に参加した。
ドリカムのデリシャス大行進(日本テレビ系:1995年3月29日)
同年7月には『ドリカムのラブラブ大行進』として、新たなVTRを加え再放送されている。
ドリカムのX'mas WONDERLAND(日本放送協会:1995年12月24日)
ドリカム・さんまのハッピーX'masショー!(日本テレビ系:1997年12月20日)
タモリの昨日は去年だったスペシャル(テレビ朝日系:1998年1月1日)
タモリとともに西川が司会を務めた。

・NHK紅白歌合戦
※これまでに計15回出場している。2009年の第60回NHK紅白歌合戦と2010年の第61回NHK紅白歌合戦では紅組のトリを務めた。2008年と2011年、2012年にもNHK側から出演オファーはあったが、2008年は「2009年のデビュー20周年に向けての準備のため」、2011年は「2011年に行われたコンサートツアー大阪公演の延期に伴うその後の楽曲制作のスケジュールが遅れ、楽曲制作に専念したい」、2012年は「カウントダウン優先」という理由により出演辞退した。

・映画
アマレット(2004年12月25日劇場公開)

・PV
サザンオールスターズ「天国オン・ザ・ビーチ」(2014年9月10日発売)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
DREAMS COME TRUEを「ウィキペディア」で参照する