バイきんぐ ばいきんぐ

「バイきんぐ」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「バイきんぐ」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「バイきんぐ」に関連するモデルプレス記事

公式サイトやブログへのリンク

バイきんぐのプロフィール

バイきんぐ

SMA NEET Project所属のお笑いコンビ。共に大阪NSC17期生。吉本時代の同期にヤナギブソン(ザ・プラン9)などがいる。

『キングオブコント2012』王者。コンビ名の名付け親は飛石連休の藤井ペイジである。

■メンバー
・小峠英二(ことうげ・えいじ)
生年月日:1976年6月6日
主にツッコミ担当(時々ボケ担当)。

・西村瑞樹(にしむら・みずき)
生年月日:1977年4月23日
主にボケ担当(時々ツッコミ担当)。

■略歴
二人が初めて出会ったのは大分県の自動車教習所の合宿とのこと。この時はあまり話もしなかったが、後に大阪NSCの面接の時に再会し、「これは運命だ」と思って結成を持ちかけた。

1996年5月結成。芸歴の浅い芸人が多いSMAにおいて数少ない結成20年を超えるコンビである。

1996年、NSC17期生としてNSCへ入学する。後に、活動へのモチベーションを保つのが難しくなった事をきっかけに上京。

1999年頃、ワタナベエンターテインメントに所属、2004年頃に東京吉本へ所属するも、ともに1年ほどで契約解除となっている。

結成当初は『バイキング』の表記だったが、後に『バイきんぐ』に改名。改名の理由はネット検索で食べ放題の飲食店と事務所ライブへの出演の他に、かつては同事務所の先輩であるハリウッドザコシショウとのユニットライブ『やんべえ』を2005年から2か月に1度のペースで開催していた。

『キングオブコント』では2008年と2011年に準決勝進出。2012年に決勝に初進出し、5代目チャンピオンに輝いた。

1stステージで『卒業生』というネタを披露し、当時の歴代最高得点である967点(1000点満点)を獲得。

2ndステージで『帰省』というネタを披露し974点とさらに記録を更新し、総合でも歴代最高得点の1941点を獲得した。なお、このネタで小峠が発した「なんて日だ!」というフレーズは本人の持ちギャグにもなっている。

『第2回オンバト+ チャンピオン大会』に年間ランキング3位で出場。ファイナルステージに進出。(結果は3位)

また、小峠はピンで『R-1ぐらんぷり2011』で準決勝に進出している。ネタは美味しすぎるロールケーキに文句を付けるという内容。

前述のKOC優勝後はメディアへの露出が増えた。小峠がピンで出ることが多いが、2016年からは西村もキャラクターが認知され始めている。間違えられないようにするため。

■出演
・テレビ
レギュラー
カーチス presents ピッカピ・カー査定団(TBC東北放送、BS-TBS、2015年10月 - )

準レギュラー(または不定期出演)
所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!(テレビ東京) - レポーター
趣味バカ(サンテレビ)- 小峠のみ準レギュラー。西村も料理のミニコーナーのレギュラーを持つなど出演経験あり。小峠は「バイきんぐ小峠」名義で「CP」、西村は「カリー西村」名義で「ケータリング」としてエンドロールにクレジットされている。
水曜日のダウンタウン(TBS)- 小峠はプレゼンター(準レギュラー)。西村も主にドッキリ要員で出演することがある。
タモリ倶楽部(テレビ朝日) - 不定期出演 *小峠のみの出演も含む
過去のレギュラー
伊集院光のばらえてぃーばんぐみ(2012年7月 - 9月、東名阪ネット6) - 小峠のみ(西村も出演した回あり)

その他の出演
オンバト+(NHK総合)戦績7勝3敗 最高521KB
第2回チャンピオン大会 ファイナルステージ3位
キングオブコント優勝後にも通常回(2012年11月10日放送回)に出場してオンエアを勝ち取っている。これは歴代王者の中でも唯一バイきんぐしか達成していない記録となっている。
虎の門(テレビ朝日)
ワッチミー!TV×TV(2008年4月28日、BSフジ)
あらびき団(2008年5月14日、TBS)
お台場お笑い道(フジテレビ721)
お笑い図鑑 ハマヌキ(tvk)
エンタの天使(日本テレビ)
2008年7月27日(第5回)、キャッチコピーは「神出鬼没な笑金稼ぎ」
2010年3月24日(第15回)、キャッチコピーは「葬式中に喜ぶ男」。元々は『エンタの神様』の番組中で収録されたものだったが、未放映だったためこの回にこちらで放送。
イツザイ(2008年9月27日・10月18日、テレビ東京) - キャッチコピーは「あと一歩で本格派」
キングオブコント(TBS)
2008年・2011年、セミファイナリスト。
2012年、優勝。
爆笑レッドカーペット(2008年11月18日、フジテレビ) - キャッチコピーは「おもしろさ食べ放題」
新春ゴールデンピンクカーペットSP(2009年1月1日、フジテレビ) - キャッチコピーは「おもしろさ食べ放題」
イツザイS(テレビ東京)
バカヂカラ(TOKYO MX)
超能力スペシャル2010 今夜奇跡が?世界最強超能力者×最新脳科学 ナゾ解明プロジェクト(2010年1月4日、TBS)
芸人報道(日本テレビ)- 2012年4月2日 小峠のみ
新進気鋭(2012年8月11日、日本テレビ)
サタネプ☆ベストテン (2012年9月1日、TBS)
オールスター感謝祭
オールスター感謝祭'12秋超豪華!クイズ決定版
 オールスター感謝祭'14秋アノ話題の人がナマで大暴れSP
オールスター感謝祭2016春
オールスター感謝祭2016秋
オールスター感謝祭2017春
オールスター感謝祭2017秋
笑点 (日本テレビ) - 2012年10月28日
雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!(テレビ朝日)
○○じゃない方芸人 2017(2017年6月1日)
関ジャニ∞のジャニ勉 - 2013年3月27日
ゴッドタン(テレビ東京)
第3回バカヤロウ徒競走(2012年12月1日・8日)
DVD発売記念 第2のヒム子オーディション(2015年5月17日)
マジギライ1/5(2015年11月14日)
コンビ芸開発委員会(2016年10月16日)
キモンスターズ・チャンプ7(2017年8月13日)
内村さまぁ~ず(2013年3月4日・2014年4月28日・2015年3月2日、内さま.com・TOKYO MXほか)
小力の小部屋 第162回(2013年6月17日、マシェリバラエティ、ニコニコ生放送、スカパー!275ch)
芸能人格付けチェック
芸能人格付けチェック2014 お正月スペシャル 結果は予選敗退。
ABC創立65周年 芸能人格付けチェック 2016お正月スペシャル 結果は予選敗退。
芸能人格付けチェック 2017 お正月スペシャル 結果は予選敗退。
芸能人格付けチェック 2018 お正月スペシャル 結果は決勝敗退。
突撃!アッとホーム(2014年3月22日 - 2015年3月7日、NHK総合) - 「ファミリー トレジャー ハンティング」コーナー
ごちそんぐDJ(NHK Eテレ) - ナレーション
とんねるずのみなさんのおかげでした(2014年5月8日、フジテレビ)

・映画
田沼旅館の奇跡(2015年12月5日) - 本人 役
海すずめ(2016年7月2日) - 編集者・三井 役(小峠)、編集者・小林 役(西村)

・ネット配信
笑喫茶☆つっちー(2015年11月26日、Amazonプライム・ビデオ)

・ラジオ
レギュラー
バイきんぐのバズきんぐ(2017年7月14日 - 2018年2月2日、SMART USEN)

その他の出演
ギガンティックロッキンボム(FM-FUJI)
オールナイトニッポンR 決戦!お笑い有楽城(2012年9月22日、ニッポン放送) - 優勝
おぎやはぎのメガネびいき(2014年4月24日、TBSラジオ)

・CM
ポケラボ(運命のクランバトル)
リクルート(ゼクシィ)芸人30人のプロポーズ編
エコリカ(2012年 - )
カーチス (2015年 - )

・DVD
単独公演
バイきんぐ「King」(2012年12月26日、アニプレックス ANSB-55116)
バイきんぐ単独ライブ「エース」(2013年9月25日、アニプレックス ANSB-55148)
バイきんぐ単独ライブ「Jack」(2014年9月24日、アニプレックス ANSB-55174)
バイきんぐ単独ライブ「クィーン」(2015年9月30日、アニプレックス ANSB-55199)
バイきんぐ単独ライブ「ハート」(2016年10月26日、アニプレックス ANSB-55227)
バイきんぐ単独ライブ「クローバー」(2017年10月25日、ソニー・ミュージックマーケティング SSBX-2630)

その他
『まめ』Vol.1 ~若手芸人コンプリート・カタログ~(2005年9月21日、徳間ジャパンコミュニケーションズ TKBU-5211)
群雄割拠!SMAお笑いカーニバル(2006年6月7日、日本クラウン CRBP-10042)
群雄割拠!SMAお笑いカーニバル2(2007年10月24日、ソニー・ミュージックマーケティング SSBX-2291)
群雄割拠!SMAお笑いカーニバル3(2008年10月22日、ソニー・ミュージックマーケティング SSBX-2292)
伊集院光のばらえてぃー(ポニーキャニオン)
だるまさんが動いたらみんなバラバラの巻(2012年2月24日 PCBG-11141) - 小峠のみ
ラジオの魅力に迫りまSHOW!~投稿しNIGHT~巻(2012年4月27日 PCBG-11143) - 小峠のみ
裸・裸・裸フィッシングの巻(2012年5月25日 PCBG-11144) - 小峠のみ
ノンアルコールドミノ毒入りの巻(2012年6月29日 PCBG-11145) - 小峠のみ
体内時計でぴったんこの巻(2012年7月27日 PCBG-11146)
伊集院光のばらえてぃーぷらす(ポニーキャニオン)
本当は怖い話だった話の巻(2013年1月25日 PCBG-11183) - 小峠のみ
ランナーズハイでわっはっはの巻(2013年2月20日 PCBG-11184)
おぼえて おぼえて 6ヶ月!!の巻(2013年3月20日 PCBG-11185)
田沼旅館の奇跡(2016年6月29日 よしもとアール・アンド・シー B01FDO3CP2)
ちょっぴり恥ずかしいけど笑ってほしいから見てほしい ―SMAお笑いカーニバル総集編―(2017年2月17日、ゴマブックス)
ベストネタシリーズ バイきんぐ(2017年8月23日、ソニー・ミュージックマーケティング SSBX-2621)

■単独公演
2008年3月3日 - バイきんぐ初単独ライブ「鬼火」(Beach V)
2008年7月29日 - バイきんぐ第2回単独ライブ「けじめ」(Beach V)
2012年10月29日 - バイきんぐ~ベストネタ収録ライブ~「King」(新宿モリエール)
2013年6月27日 - 28日 - バイきんぐ単独ライブ「エース」(北沢タウンホール)
2014年6月4日 - 5日 - バイきんぐ単独ライブ「Jack」(北沢タウンホール)
2015年7月2日 - 3日 - バイきんぐ単独ライブ「クィーン」(北沢タウンホール)
2016年7月16日 - 17日 - バイきんぐ単独ライブ「ハート」(北沢タウンホール)
2017年7月13日 - 14日 - バイきんぐ単独ライブ「クローバー」(きゅりあん小ホール)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
バイきんぐを「ウィキペディア」で参照する