夏木マリ なつきまり

「夏木マリ」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「夏木マリ」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「夏木マリ」に関連するモデルプレス記事

夏木マリのSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

夏木マリのプロフィール

夏木 マリ(なつき・マリ)

生年月日:1952年5月2日
出身:東京都

女優、歌手。旧芸名及び旧姓は中島 淳子(なかじま・じゅんこ)。

■来歴
東京都豊島区生まれで、小学校3年から埼玉県さいたま市大宮区(旧・大宮市)で育ち、県内の小・中学校、豊島岡女子学園高校を卒業。

1971年、19歳の時に本名の中島淳子名義で「小さな恋」にて歌手デビュー。ジャニス・ジョプリンのような曲を歌いたかったが希望は受け入れられず、清純派アイドルとしてデビューした。しかしあまり注目されず、キャバレー回りの日々が続く不遇の時代を過ごす。

1973年に現在の夏木マリ名義で「絹の靴下」を発表。妖艶な振り付けやフィンガー・アクションが盛り込まれた同曲は大ヒットした。その後各局の歌番組に続けて出演するなど多忙な日々を過ごすが、低色素性貧血で3か月の入院を余儀なくされ、復帰した時には仕事が激減し、再びキャバレー回りの生活に逆戻りしてしまう。

ヌードダンサーが踊るレビューショー小屋での仕事中、演劇を仕事としている観客に舞台出演に誘われ、舞台の仕事を始める。1990年に単身ニューヨークへ行き、自分も何かを発信してみたいと思うようになる。そして1993年、企画から構成、演出、出演まで全てを手がける舞台表現『印象派』を発表。以降、2009年までに80以上のステージを重ね、国内はもとよりドイツ、フランス、イギリス、ポーランドでも公演を行い、高い評価を得ている。

1995年、小西康陽からのアプローチを受けミニアルバム『九月のマリ-』を発表。

2006年、ブルースバンド『GIBIER du MARIE』を結成[6]。アルバムのプロモーションビデオの監督も務める。

2007年、パーカッショニストの斎藤ノヴと交際中であると発表し、夏木はこれを「フランス婚」と表現し、籍にこだわらないことを明かしている。

2009年、パフォーマンス集団『MNT(マリナツキテロワール)』を立ち上げる。

2010年、支援活動『One of Love』プロジェクトをスタート。バラと音楽のこのプロジェクトは、その収益を途上国の働く女性と子供たちに支援している。毎年6月21日(世界音楽の日)に開催されるGIGには様々なアーティストも参加している。

2011年5月に斎藤と入籍していたことを26日に発表。

2015年、キャリア44年目、62歳で初めての全国ライブハウスツアー「夏木マリ MAGICAL MEETING TOUR Live & Talk 2015」を敢行する。

2016年、華原朋美、土屋アンナ、シシド・カフカ、LiLiCoと女性コーラスユニット「and ROSEs」(アンド・ローゼス)を結成。

■出演作品
・テレビドラマ
Gメン'75(1975年5月24日 - 1982年4月3日、TBS) - 津川蛍子 役
ザ・ハングマン第48話「死人の恋愛の言葉はさよなら」 (テレビドラマ)(1981年10月16日テレビ朝日) - クラブオーナー兼歌手・清子 役
火曜サスペンス劇場「死の断崖」(1982年1月26日、日本テレビ) - 大橋慶子 役
新・松平右近 第18話 「大金貸す奴御用心!!」(1983年、日本テレビ)- おたき 役
毎度おさわがせします 第1シリーズ(1985年1月8日 - 3月26日、TBS) - 森真紀 役
家族ジャングル(1985年7月12日 - 9月27日、日本テレビ) - 和代 役
妻の知らない夫の顔(1986年12月17日、TBS)
火曜サスペンス劇場「妻愛人同伴殺人ツアー」(1987年7月21日、日本テレビ) - 朋子 役
子連れ狼(1989年10月5日、テレビ朝日) - おとし 役
右門捕物帖 血染めの矢 江戸-長崎 黄金強奪連続殺人に必殺の十手が挑む!(1989年12月28日、テレビ朝日) - お弓 役
幻の殺意(1990年1月26日、フジテレビ)
月曜ドラマスペシャル 八つ墓村(1991年7月1日、TBS) - 森美也子 役
腕におぼえあり(1992年4月 - 6月、NHK) - ちせ 役
悪魔のKISS(1993年7月7日 - 9月22日、フジテレビ) - 朝倉由梨江 役(友情出演)
デザートはあなた(1993年10月10日 - 1994年3月20日、毎日放送) - 三枝和子 役
遠山金志郎美容室(1994年7月9日 - 9月24日、日本テレビ) - 栗原春子 役
八神くんの家庭の事情(1994年10月11日 - 1995年2月7日、朝日放送) - 八神野美 役
八代将軍吉宗(1995年1月 - 12月、NHK) - 瑞春院 役
ワイン殺人事件25歳の夏(1995年10月23日 - 11月16日、NHK)
ザ・シェフ 第7話(1995年、日本テレビ)
金曜エンタテイメント「女優 夏木みどりシリーズ7」(1995年11月3日、フジテレビ)
連続テレビ小説 ひまわり(1996年4月 - 10月、NHK) - 南田あづさ 役
新幹線'97恋物語(1997年4月3日 - 6月26日、TBS) - 三條雅子 役
元禄繚乱(1999年1月10日 - 12月12日、NHK) - 梅嶺院 役
救急ハート治療室(1999年7月6日 - 9月21日、関西テレビ) - 菅野あき 役
ザ・美容室(2000年1月4日 - 3月31日、東海テレビ) - タツコ・オブライエン(小池多津子) 役
伝説の教師(2000年4月15日 - 6月24日、日本テレビ) - 池内怜子 役
新宿暴走救急隊 第2話(2000年10月21日、日本テレビ) - 香川佐和子 役
非婚家族(2001年7月5日 - 9月20日、フジテレビ)
ぼくが地球を救う 第9話 - 第11話(2002年7月 - 9月、TBS) - 辰巳貴子社長 役
ナースのお仕事4 第8話(2002年8月20日、フジテレビ) - 小谷千秋 役
きみはペット(2003年4月16日 - 6月18日、TBS) ‐ 合田好恵 役
伝説のマダム 第9・10話(2003年6月9日、6月16日、読売テレビ) - 上原ヒカル 役
奥さまは魔女(2004年1月16日 - 3月26日、TBS) - ダリア 役
結婚のカタチ (2004年10月4日 - 11月11日、NHK) - 高見沢都子 役
義経(2005年1月9日 - 12月11日、NHK) - 丹後局 役
野ブタ。をプロデュース(2005年10月15日 - 12月17日、日本テレビ) - 佐田杏子教頭 役
医龍-Team Medical Dragon-(2006年4月13日 - 6月29日、フジテレビ) - 鬼頭笙子 役
医龍-Team Medical Dragon-2(2007年10月11日 - 12月20日、フジテレビ)
医龍-Team Medical Dragon-3(2010年10月14日 - 12月16日、フジテレビ)
医龍-Team Medical Dragon-4(2014年1月9日 - 、フジテレビ)
隣の女~幽霊屋敷の殺人事件!?(2006年9月29日、TBS) - 主演
ファースト・キス(2007年7月9日 - 9月17日、フジテレビ) - 福永りえ子 役
肩ごしの恋人 第4話(2007年7月26日、TBS) - 光岡恭子 役
働きマン 第1話(2007年10月10日、日本テレビ) - 関口歌子 役
あんみつ姫(2008年1月6日、フジテレビ) - カステラ夫人(家庭教師)役
あんみつ姫2(2009年1月11日、フジテレビ)
無理な恋愛(2008年4月8日 - 6月17日、関西テレビ) - 小川光代 役
チェルシーホテルへようこそ(2009年1月3日、フジテレビ)
夏の恋は虹色に輝く 最終話(2010年9月20日、フジテレビ) - メアリー植野 役
名前をなくした女神(2011年4月12日 - 6月21日、フジテレビ) - 東郷百合子 役
バラ色の聖戦(2011年9月4日 - 10月9日、テレビ朝日) - 川瀬まどか 役
連続テレビ小説 カーネーション(2011年10月3日 - 2012年3月31日、NHK) - 小原糸子(晩年期) 役 ※ナレーション兼任
だましゑ歌麿II(2012年9月15日、テレビ朝日) - ナレーション
PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~(2012年10月22日 - 12月24日、フジテレビ) - 鞠丘一厘 役
実験刑事トトリ(2012年11月3日 - 12月1日、NHK) - 鈴村真沙美 役
夜行観覧車(2013年1月18日 - 3月22日、TBS) - 小島さと子 役
花咲くあした(2014年1月5日 - 2月23日、NHK BSプレミアム) - 今喜多風子 役
ファーストクラス(2014年10月15日 - 12月24日、フジテレビ) - 矢野竜子 役
金曜プレミアムスペシャルドラマ「私という名の変奏曲」(2015年10月2日、フジテレビ) - 間垣貴美子 役
臨床犯罪学者・火村英生の推理(2016年1月 - 3月、日本テレビ) - 篠宮時絵 役
私 結婚できないんじゃなくて、しないんです(2016年4月 - 6月、TBS) - 橘昭子 役
スペシャルドラマ「モンタージュ 三億円事件奇譚」(2016年6月25日・26日、フジテレビ) - 響子ギブソン 役
家政夫のミタゾノ 第3話(2016年11月4日、テレビ朝日) - 春日井福子 役
新宿セブン(2017年10月 - 12月、テレビ東京) - シノブ 役

・映画
こちら葛飾区亀有公園前派出所(1977年)
鬼龍院花子の生涯(1982年)
里見八犬伝(1983年) - 玉梓 役
北の螢(1984年) - すま 役
デスパウダー(1986年) - レプリカント 役
十手舞(1986年) - 薊のおれん 役
男はつらいよシリーズ
男はつらいよ ぼくの伯父さん(1989年) - 及川礼子 役
男はつらいよ 寅次郎の休日(1990年)
男はつらいよ 寅次郎の告白(1991年)
男はつらいよ 寅次郎の青春(1992年)
男はつらいよ 寅次郎紅の花(1995年)
時の輝き(1995年)
ハンテッド(1995年) - Junko 役
秋桜(1997年) - 園田清美 役
まむしの兄弟(1997年)
SF サムライ・フィクション(1998年) - お勝 役
風を見た少年(2000年) - モニカ 役
千と千尋の神隠し(2001年) - 湯婆婆・銭婆 役
宣戦布告(2002年) - パク・アンリー 役
ピンポン(2002年) - 田村(オババ)役
チルソクの夏(2003年)- スナックのママ 役
シュガー&スパイス 風味絶佳(2006年) - グランマ 役
アタゴオルは猫の森(2006年) - ピレア 役
さくらん(2007年) - 女将 役
憑神(2007年) - 別所イト 役
髪がかり(2008年) - 女理容師 役
人の砂漠(2010年) - 笠原きよら 役
陽だまりの彼女(2013年) - 大下 役
星くず兄弟の新たな伝説(2018年) - ベタール卑弥呼 役
生きる街(2018年) - 主演・千恵子 役

・舞台
近代能楽集 - 桜間級子 役
きらめく星座(1985年) - 小笠原ふじ 役
アニー(1986年) - ミス・ハニガン 役
レ・ミゼラブル(1997~1998年) - テナルディエ夫人 役
彩の国シェイクスピア・シリーズ(2001年) - ガートルード 役
阿修羅城の瞳 BLOOD GETS IN YOUR EYES(2003年) - 美惨 役
ハンブルボーイ(2004年11月7日 - 28日、東京グローブ座 / 12月3日 - 5日、大阪厚生年金会館芸術ホール) - フローラ 役
天保十二年のシェイクスピア(2005年) - お里 役
ガラスの仮面 - 月影千草 役
音楽劇 ガラスの仮面(2008年8月8日 - 8月24日、彩の国さいたま芸術劇場大ホール / 8月29日 - 31日、シアターBRAVA! / 9月5日 - 7日、北九州芸術劇場)
ガラスの仮面~二人のヘレン~(2010年8月11日 - 27日、彩の国さいたま芸術劇場大ホール / 9月2日 - 5日、シアターBRAVA!)
印象派 NEO vol.2−灰かぶりのシンデレラ−(2014年6月12日 - 6月15日、世田谷パブリックシアター)[30]

・テレビアニメ
SHADOW OF LAFFANDOR ラファンドール国物語 ~FANTASY PICTURE STORY~(2017年、ベネッタ[31])

・ゲーム
とんでもクライシス! - 不二峰子 役
メタルギアソリッド4 - EVA(ビッグママ) 役
アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス - キャサリン・マーロウ 役

・吹き替え
ザ・ホワイトハウス(シーズン1-4) - C.J.クレッグ〈アリソン・ジャニー〉 役
森のリトル・ギャング(2006年) - グラディス・シャープ〈アリソン・ジャニー〉 役
プラダを着た悪魔(2010年、日本テレビ版) - ミランダ・プリーストリー〈メリル・ストリープ〉 役
モアナと伝説の海(2017年) - 日本語吹替版:タラおばあちゃん 役
フェリシーと夢のトウシューズ(2017年) - 日本語吹替版:ル・オー夫人 役
フュード/確執 ベティvsジョーン(2017年) - ジョーン・クロフォード〈ジェシカ・ラング〉 役

・ラジオ
京極夏彦ラジオドラマ 『百器徒然袋』(2006~2007年) - ナレーター
昔むかしのあるところ(2007年4月 - 10月)
夏木マリ・丈夫も芸のうち (2013年4月2日、NHKラジオ第1放送)
転ばぬ先の夏木マリ(NHKラジオ第1放送)

・PV
華原朋美「見上げてごらん夜の星を」(カバーアルバム『MEMORIES 2 -Kahara All Time Covers-』収録)

・バラエティ
タケちゃんの思わず笑ってしまいましたPart3 「ホステス・セミナー」(1984年) - ママ役
A (テレビ番組)(2005年) - レギュラー
熱中時間 忙中"趣味"あり - ナレーション
愛の劇場 ~男と女はトメラレナイ~(2010年)- レギュラー
クイズテレビずき! - 不定期出演
ペケ×ポン - 準レギュラー
夏木スタイル One of Love(2013年11月4日 - 、TOKYO MX) - 初司会

・ドキュメンタリー
action! 日本を動かすプロジェクト 2010 - ナレーション
スペイン横断800キロ 平岳大と情熱の巡礼路(2014年9月7日、BS-TBS) - ナレーション

・CM
明治製菓「ショパン」(2004年 - )
公共広告機構(2005年) - ナレーション
H.I.S.(2005年 - )
ユニクロ(2006年 - )
大正製薬「リポビタンファイン」(2007年 - )
資生堂「インテグレート」(2008年 - ) - CMソング担当
メットライフ生命保険「スマートナビ」(2010年 - )
POLA「B.A」(2010年8月 - )
日産自動車「ジューク」(2011年6月 - ) - ナレーション
大和ハウス工業「ベトナムにも」編 監督の母親役(2013年) - 監督の母親 役
イオン
「AEON SPECIAL 10WEEKS!」(2013年11月 - )
「夏ギフト」(2014年6月 - )
久光製薬「アレグラFX」(2016年2月 - )

■書籍
・著書
カッコいい女!(2004年、KKベストセラーズ)
81-1(2005年、講談社)
夏木マリのABC(2007年、ベストセラーズ))
泣きっ面にマリ(2008年、講談社)
私たちは美しさを見つけるために生まれきた(2013年、幻冬舎)

・オーディオブック
ヴィッキー・ストリンガー「ワケありってコトで」(2016年7月25日、Audible) - 朗読

■ディスコグラフィ
・シングル
中島淳子時代
1971年8月1日 A面「小さな恋」/ B面「恋のねがい」
1972年2月25日 A面「月光のエロス」/ B面「風と光の妖精」

夏木マリ改名後
絹の靴下 / 媚薬 (1973年6月15日)
裸足の女王 / 野生の女 (1973年11月10日)
お手やわらかに / 黄金と情熱 (1974年3月10日) - 業務用カラオケ・JOYSOUNDにおいて、選曲番号が1番となっている。
裸の青春 / あなたはおとな (1974年4月25日) - 「高校教師」オープニング・テーマ
夏のせいかしら / 砂の女 (1974年6月25日)
それからどうするの / バス停留所 (1974年11月10日)
誤解はといて / もうかんにんして (1975年2月10日)
愛情の瞬間 / 愛人どまり (1975年5月25日)
裏切り / マリのテーマ~歌は恋人 (1976年1月5日)
夏の夜明けは悲しいの / ガラスの絆 (1976年6月21日)
悲しみ上手 / TWICE (1977年1月21日)
これしかないのです / わたしの本音 (1977年8月21日)
チャイナ・タウン / ナイアガラ (1978年4月)
マンゴの木の下で / 淋しさに出遭うとき (1978年6月21日)
さよならの鐘 / 朝焼け (1979年3月21日) - ともに中島みゆきのカヴァー。前者はグラシェラ・スサーナへの提供楽曲。
ウィング / 夜汽車に吹かれて (1979年10月21日) 「Gメン'75」エンディング・テーマ
誘惑されて-LIPS・SCANDAL- / カンサス・幻の街 (1981年)「味覚糖ピアピア」CMソング
ふ・つ・う・の女 / ミラボー橋で抱きしめて (1982年)「味覚糖ピアピア」CMソング
ZIGZAG仁義 / 憧れのろくでなし (1986年) - マリ名義。
愛人マンボ / お天気マリさん (1986年)
流されて / WED(ウェッド) (1987年) - ロック・ミュージカル「ウェッド」のテーマソング。桑名正博とのデュエット。
DAY BY DAY 女・美しく生きて下さい / DAY BY DAY 友情・美しく生きて下さい (1991年9月21日) - 桃井かおりとのデュエット。
港のマリー / むかし私が愛した人(1995年8月25日)-小西康陽プロデュース。
いいじゃないの幸せならば(1998年4月21日)- 佐良直美のカバー曲。佐々木潤とのスプリットシングル。「港マリ」役で出演しているビデオ映画「代官山物語」主題歌。小西康陽プロデュース。
リンダ リンダ / 君へ-ONE NIGHT ONLY- (2007年) - THE BLUE HEARTS『リンダリンダ』のカヴァー。DREAM GIRLSの劇中でも歌われている「ONE NIGHT ONLY」収録。
It's So Great(2008年10月15日)- 「資生堂インテグレート」CMイメージソング。
ALLIANCE(2012年10月31日)

・アルバム
絹の靴下~マグネット・アルバム(1973年/94年CD再発) - キングレコード、KICS-8018
夏木マリ・ビッグ・ヒットを歌う(1974年/96年CD再発) - キングレコード、KICS-8084
夏木マリIV(1974年/96年CD再発) - キングレコード、KICS-8085
悲しみ上手(1977年/2006年紙ジャケCD再発) - キングレコード/ヴィヴィドサウンド、VSCD-3474
Mirror Ball(1982年)
憧れのろくでなし(1985年)※マリ名義 - ビクター、VDR-1062
婦人倶楽部(1986年) - ビクター、VCH-10344
ベストヒッツ(1993年) - キングレコード、KICX-2140
9月のマリー(1995年)
ゴリラ(1996年)
印象派(1997年)
13シャンソンズ(1998年)- 徳間ジャパン、TKCJ-71336
パロール(2002年) - レディメイド・インターナショナル、RMCA-1008
夏木マリ全曲集(2003年) - キングレコード、KICX-2919
戦争は終わった(2005年) - レディメイド・インターナショナル、RMCA-1015
決定版 夏木マリ(2005年) - キングレコード、KICX-3351
THE HIT PARADE(2008年)- ポニーキャニオン、PCCA-2781
夏木マリ 印象派コレクション(2013年)
朝はりんごを食べなさい(2016年) ※ ミニアルバム

・GIBIER du MARIE
2006年3月、ブルースバンド『GIBIER du MARIE』(ジビエ・ドゥ・マリー)のヴォーカルとしてavexよりデビュー。

夏木マリ(Vo)
斎藤ノヴ(Perc)
久米大作(Key)
樋口晶之(Dr)
ichiro(Gt)
高橋"Jr."知治(Bass&Harmonica)

■受賞歴
芸術選奨文部大臣新人賞(1984年)
紀伊國屋演劇個人賞(1980年)
日本アカデミー賞(2003年)優秀助演女優賞
松尾芸能賞(2006年)演劇優秀賞
万年筆ベストコーディネート賞(2007年)
日本ジュエリーベストドレッサー賞(2009年)
モンブラン国際文化賞(2010年)
ザテレビジョンドラマアカデミー賞(2012年)ザテレビジョン特別賞
ネイルクイーン2012(2012年)協会特別賞
ベストジーニスト2012(2012年)協議会選出部門
ジャパンシガーアワード(2013年)
第42回ベストドレッサー賞(2013年)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
夏木マリを「ウィキペディア」で参照する