伊藤一朗 いとういちろう

「伊藤一朗」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「伊藤一朗」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「伊藤一朗」に関連するモデルプレス記事

公式サイトやブログへのリンク

伊藤一朗のプロフィール

伊藤 一朗(いとう・いちろう)

生年月日:1967年11月10日
出身:神奈川県

Every Little Thing(以下、ELT)のメンバーであり、ギターと作曲、編曲を担当している。ニックネームはいっくん、持田香織からはいっくん、一朗さん、いっちゃんなど。古い友人からはイチローと呼ばれている。

■経歴
高校生の頃から横須賀のどぶ板通りにあるライブハウスに『THE ACE』のギタリストとして出演していた。

高校時代はヘヴィメタル少年であったが、ウインドサーフィン部に入部していたことがある。

比較的校則がゆるく偏差値も低い普通の公立の新設高校であったが、どうしても長髪だけが厳禁であった。そこで彼はうなじ辺りで髪を結びブレザーの背中に隠すと言う荒業で、教師の注意を逃れていた。

卒業後は、バンドを転々として渡り歩きながらバンド活動をしながら横須賀のスタジオに勤務していた。

ELTは当初、持田香織がソロ・デビューする予定だったが、松浦勝人の勧めにより、五十嵐と持田の2人のユニットでデビューする予定になり、五十嵐がユニットに伊藤を入れたいと松浦に申し入れ、招かれた。1996年8月にCDデビュー。

2000年3月、五十嵐がプロデュース活動に専念するために脱退したのに伴い、ELTは持田と伊藤の2人体制になった。

■楽曲
デビュー当時の楽曲は五十嵐のキーボードがメインで、伊藤のギター音は装飾音的な要素が強かった。それでも、3rdシングル「Dear My Friend」などでは、歪んだエレキギターの音の存在感が強く感じられた。その後も五十嵐の生み出す楽曲はシンセサウンドとギターサウンドを巧みに調和させたものが多く見受けられる。

ELTにバラードというイメージが定着してくると、次第に伊藤のエレキギターはイントロや間奏のみでしか主立って使用されなくなっていく(特に13thシングル「Pray/Get Into A Groove」以降)。しかし、五十嵐脱退後(特に25thシングル「また あした」以降)はELTがアコースティック路線に転換したため、メロディやサビの部分でも主な伴奏として使用されるようになった。それに伴い、伊藤は主にアコースティックギターを弾くようになる。

また、いくつかのアルバムには自身作曲のギターインストが収録されており、それにおいては伊藤のギターサウンドを十分楽しむことが出来る。

ELTの6thアルバム『commonplace』に収録されているシークレットトラック「Sleepy time dog」は、伊藤が作曲した楽曲の中で唯一作詞も手がけたものである。

2009年夏にソロとして伊藤一朗ファーストミニアルバム第一弾を発売。そのミニアルバムの中の1曲のボーカリストをニコニコ動画内でオーディションした

■ギター
50~60本を所有している。

デビュー当初は、RG550、540Sなどを使用していたが、主にキラーギターズのシグネイチャー・モデル「KG-FIDES、KG-SCARY」を使用している。アコースティックギターに関してはTAKAMINEなどで、特にテイラー・ギターを使用している。シンセサイザーの音との兼ね合いを意識して選んでいる。

■サウンドメイキング
デビュー当時は歪んだ音にコーラスをかけるようなサウンドが多かったが、現在のスタイルは非常にシンプルな音できれいなトーンである。一方、アコースティックギターではエフェクトが非常に深くかかっている。

【ライブシステム】
2003年頃のエレキギターアンプシステムは、プリアンプにEGNATER by Rocktron TOL IE4、Hughes&Kettner TRIAMP 初期型・MESA BOOGIE DUAL RECTIFIRE・Marshall JCM-800を利用し(キャビネット型アンプはCAJ AMP SELECTORにてラインレベルに変換後)、T.C.ELECTRONIC G-FORCEやBOSS Digital Dimension等でエフェクトをかけ、VHT 2092からMarshall 1960B2発にて出力するような形だった。

2007年頃近年から、メインアンプにMESA BOOGIE ROADKINGを利用するようになる(エフェクトは、前述のものにフェイザーやドライブ系コンパクトが追加された)。また、パワーアンプがVHT 2562に変更されている。

ワイヤレスは、MAXON UR-5DJ

コントロール系システムはCAE 4x4&RS-10を利用している。

【レコーディングシステム】
主に、MESA BOOGIEのDUAL RECTIFIRE及びDENIS CORNELL のPLEXIを利用している。

アコースティックギターには、T.C ELECTRONICのG-Naturalを利用している。

■ディスコグラフィ
DIVERSITY (2009年8月5日)※ミニアルバム
オリコンチャート最高位133位、登場回数 1回
アイドリング!!!やAYUSE KOZUE、河口恭吾、ハイジ(ニコ動オーディション優勝者)などのボーカリストを迎える。

■主な出演
・バラエティ
沸騰ワード102017年4月より、レギュラー(日本テレビ)

・テレビドラマ
こんにちは、女優の相楽樹です。 第3話 (2017年3月21日、テレビ東京)

・CM
セガゲームス オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-(2015年)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
伊藤一朗を「ウィキペディア」で参照する