持田香織 もちだかおり

「持田香織」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「持田香織」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「持田香織」に関連するモデルプレス記事

持田香織のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

持田香織のプロフィール

持田 香織
別名 持田 かおり
出生 1978年3月24日
血液型 A型
学歴 私立中村高等学校
出身地 日本の旗 日本, 東京都江東区亀戸
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル
活動期間 1985年 - 1987年
1993年
1996年 -
レーベル avex trax
事務所 エイベックス・エンタテインメント
共同作業者 Every Little Thing

■来歴
Every Little Thing以前
子役として、数々のテレビCM、モデル雑誌で活躍。小学校時代は、一輪車クラブに所属しており、登下校は一輪車でしていた。高校時代は、バトントワリング部に所属。
その後、持田 かおりの名で、「週刊ヤングマガジン」誌上で公募されたアイドルグループ・黒BUTAオールスターズの第2期メンバーとして芸能界入りし、テレビ東京『黒BUTA天国』に出演。1993年(平成5年)7月10日に同グループ名義のシングル「あなたにお願い申し上げます。」でCDデビュー。後にシングル「もう一度」(テイチク)でソロデビューを果たすが、特にヒットすることはなく、一旦芸能界を離れ、学業に専念する。なお、「もう一度」はブレイク後の1998年(平成10年)6月に再発売されている。
1992年(平成4年)、第6回全日本国民的美少女コンテストに出場したが予選で敗退。その年のグランプリは佐藤藍子、また米倉涼子が審査員特別賞を受賞している。
高校の先輩には森尾由美がいる。
Every Little Thingとして『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』に出演した際、持田が子役時代に出演した第一家庭電器のCMが放送された。また、本人も稀にアイドル時代のことについて語る場合があり、特に隠そうとはしていない。また、当時は松本人志にナンパされたと語ったこともある。
Every Little Thing発足
1995年(平成7年)、「エイベックス・ディー・ディー」(現エイベックス・グループ・ホールディングス)のディレクターに五十嵐充を紹介された。五十嵐は、同社の子会社の制作会社「プライム・ディレクション」[1]のレコーディングスタジオ「プライム・サウンド・スタジオ青山」の電話番のアルバイトをしながら、音楽プロデューサーを志し、音楽創作を続けていた。週末にスタジオ勤務を終えた五十嵐と、五十嵐の作詞、作曲、編曲、プログラムした曲に歌を入れ、デモテープを作り続けた。
当初、持田はソロでデビューする予定であったが、持田が高校卒業目前だったことや、松浦勝人の勧めがあったことにより、高校卒業後に五十嵐と2人のユニットでデビューする予定になった。さらに、五十嵐が楽曲にギターの音が欲しくなったことと心細さから、かつて共にバンドを組んでいた伊藤一朗を入れたいと松浦に打診し、了承を得て、3人のユニットとしてデビューすることになった。持田と伊藤はデビューの1か月前に初めて会った。Every Little Thingは1996年(平成8年)8月7日に「Feel My Heart」でCDデビューした。

Every Little Thing発足後
ELTとしてのみでなく、持田単独でテレビCMにも多数出演していて、その多くはCMとタイアップしたELTの楽曲(詳細は当該項参照)がBGMに使用されている。
1998年(平成10年)以降、企画アルバムでソロ楽曲を発表。また、おおはた雄一やDragon Ashなどのアーティストと共演をしている。
2003年(平成15年)にはフォト・エッセイ『ミドリノヘイワ』を本にして出版している。
2004年(平成16年)10月20日には尊敬する井上陽水によるプロデュース(「持田香織 produced by 井上陽水」名義)で、シングル「いつのまにか少女は」(作詞・作曲:井上陽水)を発売した。ソロとしては11年ぶりである。オリジナルは1973年(昭和48年)3月の井上陽水「夢の中へ」のカップリング曲。トリビュート・アルバム『YOSUI TRIBUTE』にも収録されている。
2006年(平成18年)3月24日に発売された女優の綾瀬はるかのデビュー曲「ピリオド」の作詞(小林武史と共作)をしている。
2007年(平成19年)3月14日に発売された歌手・中島美嘉の4thアルバム『YES』に収録されている「GOING BACK HOME」の作詞を担当。
2008年(平成20年)6月25日に発売されたバンド・DREAMS COME TRUEのシングル「MERRY-LIFE-GOES-ROUND/TRUE, BABY TRUE.」に収録されている「MERRY-LIFE-GOES-ROUND」のPVに女優として出演している。
2009年(平成21年)1月28日に、約4年3ヶ月ぶりに自身3枚目となるソロシングル「雨のワルツ」(「持田香織とSAKEROCK」名義)がリリースされた。これを機にソロ活動を本格的に開始。また、同年3月田島貴男とCaocaoを結成し、フィンガー5の楽曲「個人授業」をカバー。映画『おっぱいバレー』の主題歌となる。
2012年(平成24年)6月6日にリリースされた「美しき麗しき日々」は、日本テレビ系ドラマ『クレオパトラな女たち』の主題歌で、ソロでは初のドラマ主題歌に抜擢された[2]。

■五十嵐充との関係
持田と伊藤の2人体制になってからも五十嵐がELTのコンサートに行っていることが五十嵐のブログの中でも明らかにされており、交流は続いている。なお、五十嵐が脱退した理由は作曲・編曲及びプロデュース活動に専念するためと発表されている。
2008年に『SONGS』に出演した際、8thシングル「Time goes by」について持田は「当時(19歳から20歳の頃)はまだ歌詞の意味を(深く)理解しないで歌っていた」と語っている。
五十嵐がELTを脱退して9年後となる2009年、36thシングル「DREAM GOES ON」(9月23日発売)で五十嵐がサウンドプロデューサーとして作曲・編曲を担当した(作詞は持田香織、ただし、カップリングの「spearmint」の作詞は五十嵐自身が担当した)。そして、その後の11月18日に発売した37thシングル「冷たい雨」でも同様の体制を取った。
2009年8月23日に行われたa-nation'09において「DREAM GOES ON」を演奏する際、持田は「何年ぶりになるんでしょう。やり続けていると素敵な再会がまたあるんだなと感じております。」という言葉で五十嵐を紹介し、ELTのステージで共演も果たしている。
2010年(平成22年)3月28日に行われたMEETツアーの最終日となった東京公演ではサプライズゲストとして参加した五十嵐がケーキを持ち込み、持田を驚かせた。
人物像

■身体、特徴
身長160cm(公称) 体重43kg スリーサイズB78-W58-H80 左右の手の指全部の第一関節だけを曲げることが出来る。首を鳴らしたり、しかめっ面をするのが癖である。歯磨きの際は舌も磨く。

■交友
aiko、綾瀬はるか、新垣結衣、イモトアヤコ、東風万智子、坂井真紀、原沙知絵、辻仁成・中山美穂夫妻、堂本剛、メガマソ、中島美嘉、中山エミリ、矢井田瞳、YUKIなど、交友関係が幅広い。

■趣味・嗜好
尊敬するアーティストはYUKI(元JUDY AND MARY)。他には姉の影響で松田聖子の歌声のファンになり、カラオケに行くと「制服」や「いちご畑でつかまえて」などをよく歌うと歌番組などで公言している。
好きなスポーツはボウリングと水泳で、ボウリングの腕前はかなりあるらしく、テレビの企画でボウリング対決を行ったこともある。一方、水泳はEvery Little Thingとしてデビューしてからするようになったが、最近ではトレーナーをつけて習っているという。
料理が得意で、フードコーディネーターの知人から料理を教わって得意になり、自分のノートにはオリジナルメニューがいくつも書き溜めてある。その腕前は、『うたばん』などで披露している。『HEY!HEY!HEY!』で「得意な料理は何か?」という質問に、中華料理ばかりを挙げ、司会のダウンダウンから「中華ばっかりやん!」と突っ込まれた。現在は、月1回のペースで料理教室に通っている。(しかし、2011年9月1日放送の『ひみつの嵐ちゃん』内で、「(料理は)そんなに好きじゃなかった!」と暴露した。)
イチゴが好物で、特に好きなのは福岡県産の「あまおう」。
好きな漫画は『SLAM DUNK』『バガボンド』『REAL』。『SLAM DUNK』は完全版全巻持っており、また正月に1巻から最終巻まで読破するのが恒例になっている。

■人柄、仕事
テレビ出演時などでは物静かだが、ライブでは人が変わったかのように力強い煽り方をする。
主に作詞担当だが、14thシングル「sure」で初めて作曲に携わる(Every Little Thing名義)。4thオリジナルアルバム『4 FORCE』では初めて単独で作曲した楽曲が収録され、以降アルバム「Crispy Park」までに1曲は本人作曲の曲が収録されている。自身のソロ作品では殆どの楽曲を作曲している。

■ディスコグラフィ
Every Little Thing名義についてはEvery Little Thing#ディスコグラフィを参照。
シングル
枚 発売日 タイトル 最高順位
1st 1993年11月5日
1998年6月17日[3] もう一度 14位
2nd 2004年10月20日 いつのまにか少女は 15位
3rd 2009年1月28日 雨のワルツ 11位
2009年4月8日 個人授業 22位
4th 2009年7月29日 静かな夜/weather 20位
5th 2010年8月6日 green/アカシア 〜持田香織×JOURNAL
STANDARD Special CD BOX〜[4]
6th 2011年4月20日 to 26位
7th 2012年5月9日 めぐみ/悲しいときも嬉しいときも 24位
8th 2012年6月6日 美しき麗しき日々 29位

■配信限定
空いろのくれよん(2010年5月12日)
はっぴいえんどのカバー。
to(2010年9月29日)
日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」登山部応援歌。6thシングルとして2011年4月20にCD+DVDで発売(4,810枚限定生産)。
Top Of The World(2010年10月27日)
カーペンターズのカバー。ライオン「超コンパクト 香りつづくトップ」CMソング。
ハピネス(2012年7月18日)
「悲しいときも嬉しいときも」に引き続き、宇崎竜童による作曲。サッポロビール「サッポロ ドラフトワン」CMソング。

■アルバム
枚 発売日 タイトル 最高位
1st 2009年8月12日 moka 9位
2nd 2010年8月25日 NIU 10位
3rd 2012年8月1日 manu a manu 19位
ゲスト参加
avex THE ALBUM / V.A.: クリスマスソングのカバー「きよしこの夜 (Accapella Gospel Version)」収録。
Various Artists featuring song+nation / V.A.: 「in case of me」収録(作詞、作曲は小室哲哉)。
song+nation 2 -trance- / V.A.: 『Various Artists featuring song+nation』のリミックスアルバム。「in case of me (tatsumaki remix)」収録。
ふたつの朝 / おおはた雄一: 「ふたりの音楽」にボーカル参加。
The Best of Dragon Ash with Changes Vol.2 / Dragon Ash: 「wipe your eyes feat. Kaori Mochida from ELT」にボーカル参加。PVにも出演。
Music From The Magic Shop / おおはた雄一: 「あたらしい朝」にボーカル参加。初回生産限定盤(2枚組)のリミテッド・ディスクに収録されている。
松本隆に捧ぐ -風街DNA- / V.A.: はっぴいえんどのカバー「空いろのくれよん」収録。
pianona / 中島ノブユキ: 「Pocket」(W/持田香織)収録。
Happy Holidays! 〜CITY POPS COVERS〜 / V.A.: 「いつのまにか少女は/持田香織 produced by 井上陽水」収録。
ココロストレッチ〜HEALING / V.A.: 「ねむれ ねむる」収録。
作詞提供
ピリオド / 綾瀬はるか - 小林武史との共作。
サライの風 / MAY
GOING BACK HOME / 中島美嘉(4thアルバム『YES』収録曲) - 中島美嘉本人がオファーして実現した。
未発表曲
テレビCMでオンエア、ライブ(他のアーティストのライブへのゲスト出演を含む)やイベントで披露されたCD未発売の楽曲について記述する。
Daydream Believer
THE MONKEESのカバー。スペースシャワーTV開局20周年を記念して制作された持田出演のステーションID(放送局のメッセージを視聴者に伝えるイメージスポット映像)で歌っている。2009年7月20日に福岡・天神イムズ内イムズホールで行われたプレミアムライブ『SPACE SHOWER TV 20th Anniversary × J:COM 福岡 present 持田香織 PREMIUM LIVE supported by IMS』で披露。
僕が言える事のすべて / FLYING KIDS with 持田香織
2009年11月21日に赤坂BLITZで行われたFLYING KIDSのライブ『FLYING KIDS PRESENTS “ファンタじゃないよ、ファンクだよ!ソウル込めますノーベンバー!”』にゲスト出演し披露。
Don't Wait Too Long
2011年12月20日に恵比寿 ザ・ガーデンホールで行われた『L'ULTIMO BACIO Anno '11』で披露。
ツアー・コンサート

■ツアー
持田香織 first solo tour "NIU"
アルバム『NIU』を引っさげた最初のツアー。全4公演。
持田香織 Concert Tour 2012 〜manu a manu〜
アルバム『manu a manu』を引っさげた2度目のツアー。全3公演予定。*8/10,14/10追加公演决定*
単発公演
「雨のワルツ」インストアライブ(2009年1月31日、タワーレコード新宿店)
FM802 HOLIDAY SPECIAL DHC presents MY GIFT TO YOU 持田香織 スペシャル・アコースティックライブ(2009年2月11日、タワーレコード梅田NU茶屋町店)
シングル「雨のワルツ」購入者に先着で入場券が配布された。
SPACE SHOWER TV 20th Anniversary × J:COM 福岡 present 持田香織 PREMIUM LIVE supported by IMS(2009年7月20日、イムズホール)
イベント・ミュージックフェスティバル
音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2009 〜5周年〜(2009年7月16日)
collect point×GOODROCKS! SPECIAL TALK SHOW Vol.1(2009年7月19日、Collect point原宿店・店舗前特設スペース)
赤い風船 東京ディズニーリゾートへの旅 LOVE FLAP SUMMER SPECIAL(2009年7月22日、レストラン「ムーラン」)
美浜海遊祭 MUSIC WAVE 2009 Supported by SUNSHINE SAKAE(2009年8月9日、美浜小野浦海水浴場前「食と健康の館」隣・特設ステージ)
Slow Music Slow LIVE '09 in 池上本門寺(2009年8月28日、池上本門寺・野外特設ステージ)
FM OSAKA開局40周年記念プレミアム E∞Tracks LIVE@大阪城ホール(2009年9月5日、大阪城ホール)
松本隆作詞活動40周年記念 風街ガラ・コンサート(2010年5月16日、Bunkamuraオーチャードホール)
α-STATION 19th Anniversary α-Mo'COOL FESTA 2010 Special Live(2010年7月16日、新風館)
第21回めいほう高原音楽祭 -SUMMER FES in MEIHO-(2010年8月1日、めいほう高原野外音楽堂ソノラシアター)
金沢城オペラ祭 THE地球LIVE 2010(2010年8月12日、金沢城公園三の丸広場)
フジテレビ お台場合衆国「めざましライブ」(2009年8月27日、お台場合衆国HAPPYスタジアム)
Slow Music Slow LIVE '10 in 池上本門寺(2010年8月28日、池上本門寺・野外特設ステージ)
DOCOMO CONCERT×J-WAVE GROW GREEN PROJECT(2010年9月4日、六本木ヒルズアリーナ)
Slow Music Slow LIVE '11 in 池上本門寺(2011年8月26日 - 28日、池上本門寺・野外特設ステージ)
L'ULTIMO BACIO Anno '11(2011年12月20日、恵比寿 ザ・ガーデンホール)
東京ホタル TOKYO HOTARU FESTIVAL 2012(2012年5月6日、隅田川テラス)
道との遭遇ヒガシトーキョー音楽祭 Vol.2(2012年5月12日、上野恩賜公園野外ステージ)
ap bank fes '12 Fund for Japan(2012年7月15日、つま恋)
Slow Music Slow LIVE '12 in 池上本門寺(2012年8月25日、池上本門寺・野外特設ステージ)
&PETS project 【HAPPY MUSIC FESTA】 2012 vol.3 〜Toward ZERO〜(2012年9月9日、恵比寿 ザ・ガーデンホール)
若草山 MUSIC FESTIVAL 2012(2012年9月16日、若草山麓特設ステージ)
ラジオ出演

知って肝炎プロジェクト "Letter Songs"[1] - パーソナリティ(JFNフルネット、2012年10月6日 - )
テレビ出演

バラエティ・トーク番組
恋愛マスター(TBS、2002年10月 - 2003年3月)

■CM
ショウワノート おにかいさん(1985年)
第一家庭電器 歳末ビッグセール(1985年)
丸八真綿 (高見山大五郎と共演、1985年)
バンダイ 歌って点太くん(1987年)=このCMは、ご本人がテレビ番組に出演する際、ネタにされるらしい。
エスエス製薬 アクアクア(1994年)(黒BUTAオールスターズ時代)
TDK CDing・MD(1996年・Every Little Thingとして出演)
森永製菓 ICE BOX(1997年 - 1998年)
資生堂 シーブリーズ(1998年)
トヨタ自動車 ハイラックスサーフ(1998年 - 2000年)
資生堂 ヌーブ(1999年)
ダイドードリンコ Ti-Ha(2000年)
Gateway Solo 3300(2000年)
資生堂 MA CHERIE(2000年)
カネボウ プロスタイル(2001年 - 2002年)
ノーベル製菓 はちみつきんかんのど飴(2002年 - 2005年)
ニベア花王 アトリックス(2003年 - 2005年)
東芝 vodafone V601T(2004年)
三井住友カード SMCCローンカード「エブリ」(2007年)
サッポロビール 「サッポロ 冬物語」(2007年)
佐藤製薬 「BION3」(2008年)
スペースシャワーTV 「開局20周年特別CM」(2009年)
クラシエ薬品 「カンポウ専科・かぜ薬シリーズ」(2011年 - 現在)
トヨタ自動車 アイシス(2011年)
江崎グリコ「みんなに笑顔を届けたい。冬篇」(2012年)
サッポロビール サッポロ ドラフトワン(2012年)
「歌うタンブラー篇」
「夏祭り篇」
日本メナード化粧品 フェアルーセント薬用ホワイター(2012年 - 2013年)
その他の出演

DREAMS COME TRUE「MERRY-LIFE-GOES-ROUND」(2008年)
女優としてPVに出演。一部ではあるが、歌唱するシーンが最中にある(演出上のものであるため、CDには収録されていない)。

■著書
『Everything Precious―好きになるのは理由(わけ)がある』(1999年、角川書店、ISBN 4-04-883574-2)
『ミドリノヘイワ』(2003年、マガジンハウス、ISBN 4-8387-1440-8)
『もちだより』(2011年、エンターブレイン、ISBN 978-4-04-727755-7)
写真集

78 〜ann`e douce(1998年、ワニブックス、ISBN 4-8470-2494-X) 撮影:長峯正幸
buffo(1999年、集英社、ISBN 4-8342-5204-3) 撮影:YAMAGISHI SHIN

■脚注
^ 法人としては現在のエイベックス・ライブ・クリエイティブ。「法人としては」と断りがあるのは、同社が2005年のグループ再編でライブ企画会社に業態変更したため。
^ 持田香織が主題歌を書き下ろし! ドラマ「クレオパトラな女たち」本日スタート(2012年4月18日 提供 TOWER RECORDS)
^ 再発盤。
^ シングルCD「green/アカシア」、全16ページのスペシャルブックレット(撮り下ろしフォト、インタビュー掲載)、持田香織×JOURNAL STANDARDオリジナルエコバッグがセットになったA4雑誌サイズBOX仕様のスペシャルCD BOX。宝島社より出版。雑誌として書店、コンビニ等で発売。シングルCD収録曲「green」はフジテレビ系「恋するTV すごキュン」8月度テーマ・ソング、「アカシア」は映画「ACACIA -アカシア-」主題歌。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
持田香織を「ウィキペディア」で参照する