グウェン・ステファニー(ぐうぇんすてふぁにー)

「グウェン・ステファニー」に関連するモデルプレス記事

  1. 離婚合意のグウェン・ステファニー、息子たちとハロウィーン準備

    モデルプレス

  2. グウェン・ステファニー、離婚申請

    モデルプレス

  3. おしゃれセレブの春のオーバーオールファッション

    モデルプレス

  4. 冬のバカンス、歌姫のゲレンデファッション対決

    モデルプレス

  5. セレブも大盛り上がり、ケイト・ハドソン主催のハロウィーンパーティ

    モデルプレス

  6. グウェン・ステファニー、三男アポロくんもおしゃれキッズに成長中

    モデルプレス

関連する雑誌

グウェン・ステファニーのプロフィール

グウェン・ステファニー
出生名 Gwen Renée Stefani
出生 1969年10月3日(44歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国・カリフォルニア州オレンジ郡フラートン
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル ポップ ロック R&B エレクトロニック ダンスミュージック
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル
ギター
活動期間 1986年 - 現在
レーベル アメリカ合衆国の旗インタースコープ・レコード
共同作業者 ノー・ダウト
グウェン・ルネイ・ステファニー(Gwen Renée Stefani、1969年10月3日 - )は、アメリカ合衆国の女性歌手。スカパンクバンド、ノー・ダウトのボーカリストでもある。
Stefani とはイタリア系のファミリーネームであり、実際には「ステファーニ」と発音する([1])。 Stephanie(ステファニー)という女性のファーストネームとは全くの別物である。日本での愛称は「グウェンちゃん」、または「グウェン姉さん」。

■生い立ち
カリフォルニア州オレンジ郡フラートンにて、イタリア系の父親とアイルランド系及びスコットランド系の母親の間に生まれる。隣接するアナハイムにあるロアラ高校に通い、その後、カリフォルニア州立大学フラトン校卒業。

■音楽活動
十代の頃に、実の兄とバンドを組んだのがきっかけで音楽活動を始める。
1992年にノー・ダウトのボーカルとしてアルバムデビュー。1995年の「Tragic Kingdom」がヒットした。 2001年にはU2のエレベーションツアーで前座を務めラスベガス公演ではゲストとしてライブに参加している。 この前後から女性ラッパーのEVEやテクノミュージシャンのモービーの作品への客演をこなす等、バンドの活動と平行してソロ名義での活動を推し進めて行くようになる。 2004年、初のソロアルバム『Love. Angel. Music. Baby.』を発表した。 グウェンは大の日本びいきで、特に原宿を好み、このアルバムにも原宿に集まる女性からインスパイアされた「Harajuku Girls」や「What You Waiting For?」、「Rich Girl」という曲がある。曲中には日本語(ホコ天、美少女、ヒステリックグラマー、大阪、東京など)が使われている。
同年10月にセカンドアルバム『The Sweet Escape』をリリース。メインプロデューサーはファレル・ウイリアムス。 日本のオリコンチャートでは週刊アルバムチャートで初のトップ10入りを果たすなど、日本でも大きなヒットとなった。 先行シングルである「Wind It Up」(邦題「グウェン姐さんのねじ巻き行進曲」)は、映画『サウンド・オブ・ミュージック』の劇中歌である「ひとりぼっちの羊飼い(Lonely Goatherd)」を大胆にサンプリングした非常にアグレッシブな曲である。プロモーションビデオも『サウンド・オブ・ミュージック』を意識して作られている。
現在ノー・ダウトは彼女以外のメンバーで新作アルバムを製作中である。

■特徴
ノー・ダウトのボーカルとしてロックに携わってきた彼女だが、同じくバンドのメンバーであるトニー・カナル同様、初期のマドンナやプリンスといった1980年代のポップソングに愛着があるらしく、それがアルバムづくりにも反映されている。
衣装や歌手としてのスタイルなどをマドンナと比較されることがあり、マドンナ本人からは「グウェンは私のスタイルを真似ている」と言われた事があるというが、実はマドンナとは遠い親戚であるらしく、仲が良いという情報もある[1]。
本人曰く、「後から楽曲に色々なものを付け足すタイプ」。シングル「Wind It Up」を見てもそれが顕著に現れている。しかし、この曲のプロデューサーであるファレル・ウイリアムスはシンプルな楽曲を好み、とりわけサンプリングを嫌うため、「Wind It Up」のマッシュアップが中々納得できなかったという。
東日本大震災で被害を被った日本を支援するため、100万ドル(約8,100万円)も寄付。「日本には長年インスパイアされてきました。心から愛しています。日本の人々、文化を高く評価し尊敬しています。今回の震災は、辛すぎて胸が張り裂けそう。私ができることなら何でもしたいと思っています。ファンの皆さんが、愛とサポートをしてくださったから、私も誠意を示すことができるのです」とコメントしている。同年6月7日、カリフォルニアのカルヴァーシティで原宿をテーマにしたプライベート・チャリティー・ティーパーティーを開き、12万ドル(約960万円)の支援金を集めた[2]。

脚注
BARKS (2001年11月1日). “ノー・ダウトのGwen Stefaniとマドンナは遠い親戚”. 2008年2月12日閲覧。
ハリウッドチャンネル (6月10日). “最高額の義援金を寄付したグウェン・ステファニーがチャリティイベントを開催!”. 2011年6月11日閲覧。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.

グウェン・ステファニーを「ウィキペディア」で参照する