武藤静香、「小悪魔ageha」卒業でモデル業引退

「小悪魔ageha」を卒業する武藤静香
「小悪魔ageha」を卒業する武藤静香
「小悪魔ageha」12月号(インフォレスト、2013年11月1日発売)表紙:桜井莉菜、りん
「小悪魔ageha」12月号(インフォレスト、2013年11月1日発売)表紙:桜井莉菜、りん
アパレルブランド「Rady」デザイナーの武藤静香が、8年間モデルをつとめたファッション誌「小悪魔ageha」を来年2月号で卒業することが1日、わかった。同日発売の12月号で発表された。 今月号から3号にわたり、武藤の卒業を記念した“カウントダウン特別企画”がスタート。第1弾は同誌史上初の3000字インタビューが展開され、卒業を決意した理由からモデルとしてのスタンス、今後の活動までを余すことなく語った。

他誌を含めると10年間モデルとして活躍し“age嬢”というひとつの時代を築き上げる立役者となった武藤だが、2008年に「Rady」を立ち上げてからはデザイナー業に注力。実店舗を次々とオープンし、月商3億円の一大ブランドにまで成長させた。インタビューでは、卒業の理由を「今の私には、ageha以外にもすっごく大事なものがあるの。(中略)正直、今はデザイナーとしてRadyに集中したい気持ちが強くなってきたの」と説明。ほぼ全ての洋服のデザインを自ら手がけるというこだわりから、撮影との両立でブランド運営が滞ることもあったといい「早くお洋服作らなきゃって思いながらもagehaの撮影に行ってた…実はずっとモヤモヤしてたの」と知られざる苦悩を明かした。

また、モデル活動の継続については「その予定は今のとこないよ。Radyのモデルはするけどね」と引退を宣言。「agehaでやりきった!って実感があるから、モデル業に未練はない」ときっぱり言い切った。

このほか誌面ではデザイナーとしての野望など、卒業を決めた今だからこそ言える本音を赤裸々告白。派手なルックスの内に秘められた真面目な素顔が垣間見えるインタビューとなっている。(モデルプレス)

情報提供:「小悪魔ageha」(インフォレスト)

武藤静香 プロフィール
愛称:しーちゃん
生年月日:1987年2月4日
出身地:神奈川県
血液型:O型
身長:162cm

2003年に雑誌「egg」でモデルデビュー。2006年より雑誌「小悪魔ageha」の専属モデルを務める。同誌への露出にあわせて、ファッションブランドのプロデュース、各種テレビ番組やイベントへの出演などで幅広い活動を展開。2008年にはアパレルブランド「Rady」(レディー)を発足し、自らプロデューサーに就任。発足後わずか3年で1億円の月商を超えた際は業界でも大きな話題となった。

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 武藤静香、「小悪魔ageha」卒業でモデル業引退
今読んだ記事

武藤静香、「小悪魔ageha」卒業でモデル業引退

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ギャル」カテゴリーの最新記事