彼と距離が縮まる5つの“仲直りの方法” 喧嘩の後はもっと仲良しに

【恋愛コラム/モデルプレス】どんなにラブラブで仲良しのカップルでも、お互い別の考え方を持った他人ですから時には喧嘩してしまうこともあります。その時にきちんと解決せずにうやむやにしてしまうと、関係が悪くなってしまうことも。そうならないよう、喧嘩を有意義にするための仲直りの方法を覚えておきましょう。
彼と距離が縮まる5つの“仲直りの方法” 喧嘩の後はもっと仲良しに(photo-by-mast3r/Fotolia)
彼と距離が縮まる5つの“仲直りの方法” 喧嘩の後はもっと仲良しに(photo-by-mast3r/Fotolia)

自分が悪い場合は誠意をもって謝罪する

もし喧嘩の原因があなた自身だと感じている場合は、まずはきちんと誠意を持って彼に謝罪しましょう。

それで彼が許してくれるようであれば、その上で今回の喧嘩の原因に対する対策を二人で考えてみてください。

素直に謝ってしまえばお互いに嫌な思いをする時間は最小限に留まりますし、今後どうすべきかについても冷静に考える事ができます。

喧嘩になったのはあなたがきっかけだとしても、彼に注意すべき点もあるかもしれないので思うことがあるのなら意見はきちんと言った方が良いですね。

彼が悪い場合は許せる基準を設ける

喧嘩の原因が彼だと感じているなら、まず彼がどうしてくれたら許せるのかをあなた一人でじっくりと考えてみてください。

そしてそれを彼に伝え彼が納得してその通りのことをしてくれたら、その時点で許してあげることが大切です。

たとえば、きちんと謝罪した上でお皿洗いをしてもらうなど、無理のない仲直りの方法を提案してみましょう。

彼も仲直りの方法が分からずどうすれば良いのか混乱している場合があるので、冷静に伝えて謝る機会を与えてあげるのです。

まずは自分に悪いところがないか考えてみて(Photo-by-Aarrttuurr/Fotolia)
まずは自分に悪いところがないか考えてみて(Photo-by-Aarrttuurr/Fotolia)

最後は必ずお互いに謝るのは仲直りの方法の定番!

喧嘩の時に感情が昂ぶってしまうと相手に不快な思いをさせる発言や、悲しませる行動をしてしまうこともあるはず。

そして売り言葉に買い言葉でお互いに言い合いになり、さらにイライラが増していくということも。

そんな時には、最終的にはどちらが悪いというのは関係なくお互いに謝るという仲直りの方法でわだかまりを残さないようにするのがおすすめ。

原因は置いておいて「言い方が悪かった」「態度がひどかった」など、反省すべき点をきちんと謝れば関係は修復できるはずです。

喧嘩した後に必ずすることを決めておく

仲直りの方法というよりは仲直り後の関係維持のためにしておくべきことですが、喧嘩後に必ずする事を決めておくのです。

たとえば二人で料理をするとかゲームセンターに行くなど、喧嘩後の気まずさを紛らわす事をすると良いでしょう。

それが喧嘩後の習慣になればその行動で気持ちを切り替えられますし、仲直りした事を実感できるのです。

少し無理矢理でも二人の時間を作る事ですぐに関係を修復出来るので、ぜひ試してほしい仲直りの方法です。

仲直りの方法で重要なのは頭を冷やして冷静に怒りの原因を伝えること

喧嘩となると怒っている事が前提ですから、イライラや怒りをそのまま相手にぶつけてしまうことがあります。

しかし、それではお互い嫌な気持ちが増幅するだけですし、仲直りの方法を見つける前に関係がこじれてしまうでしょう。

だから仲直りする時に何よりも意識したいのは、まず冷静になってなぜ喧嘩になったのかを相手に落ち着いて伝える事です。

冷静に話せば相手も話を聞く気になりますし、悪かった部分をきちんと見つめられるので問題が解決しやすくなります。

仲直り後に今までよりもっと仲良く慣れているように(photo-by-matyuschenko/Fotolia)
仲直り後に今までよりもっと仲良く慣れているように(photo-by-matyuschenko/Fotolia)

喧嘩ばかりの彼氏への3つの対応法と4つの別れの境界線


いかがでしたか?

仲直りの仕方でその後の関係が変わる場合もありますし、最悪の場合は別れに繋がってしまう事もあります。

どんな喧嘩をしたとしてもまずは冷静になり、お互いが納得出来る仲直りの方法を見つけてみましょう。

上手に問題が解決出来れば雨降って地固まり、より素敵なカップルに生まれ変わります。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 彼と距離が縮まる5つの“仲直りの方法” 喧嘩の後はもっと仲良しに
今読んだ記事

彼と距離が縮まる5つの“仲直りの方法” 喧嘩の後はもっと仲良しに

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事