愛され女子のモテる秘訣 会話ルール5つを守ってあなたも愛され女子に

【恋愛コラム/モデルプレス】
【モデルプレス】男女も年齢も関係なく、みんなから好かれている人はどんな魔法を使っているのでしょうか?実は、そんな「愛される女子」が気をつけていることは、とてもシンプル。ご紹介する5つを真似して、「愛される女子」に仲間入りしましょう。
愛され女子のモテる秘訣 会話ルール5つを守ってあなたも愛され女子に(photo by dariyad/Fotolia)
愛され女子のモテる秘訣 会話ルール5つを守ってあなたも愛され女子に(photo by dariyad/Fotolia)

「私は」でなく「あなたは」

会話の主語に、「私は」を愛され女子は連発しません。

自分を主語にした会話が多いと、自己主張が強い人の印象を周囲に与えます。

かわりに、「みなさんは」や「あなたは」で周囲への気配りを示しましょう。

「ほんと?」ではなく「素敵」

誰かの行動や発言に対して感嘆を表現する場合、「本当に?」という言葉を使っていませんか?

感心したり褒めているつもりでも「?」がつく表現なので、できれば避けましょう。

ストレートに「素敵ですね」、「すごいですね」と褒めるのが愛され女子です。

「そうかな?」ではなく「そうね」

よく似た表現ですが、受け取る側としては違った印象を持つことが多い表現です。

「~と思わない?」と会話を振られた場合には、疑問で返さず、「そうですね」とまずは相槌を打ち、その上で意見を求められたら答えるといいでしょう。

「こう思う」ではなく「どう思う?」

「私はこう思いました」という発言を繰り返さず、「どう思いますか?」という疑問を投げかける会話を心がけます。

相手の気持ちを気遣うことができる証明になりますよ。

そこにいない人の話はしない

いい話であっても悪い話であっても、その場にいない人の話は基本的にしません。

会話がそんな方向に流れたら、さりげなく違う話題を振ります。

どんな内容であっても噂話であることは確かであり、人を介してそれを聞いた本人がどう感じるかは分からないからです。

そこにいない人の話はしないように心がけましょうね。

あなたも会話のルールを守ってみんなから愛されちゃおう(photo by Boyarkina Marina/Fotolia)
あなたも会話のルールを守ってみんなから愛されちゃおう(photo by Boyarkina Marina/Fotolia)
いかがでしたか?

「愛され女子」は相手に対して好印象を与えるような言葉使いをしているようです。

ささいな言葉使いや表現でも、気をつけていると好感度は大きく変化していきますよ。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 愛され女子のモテる秘訣 会話ルール5つを守ってあなたも愛され女子に
今読んだ記事

愛され女子のモテる秘訣 会話ルール5つを守ってあなたも愛され…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事