乃木坂46メンバー初主演映画決定 「リング」「仄暗い水の底から」に続くホラー作品に挑む

参照回数:182,744

【モデルプレス】乃木坂46のメンバーが、初主演映画でホラー作品に挑戦する。
乃木坂46メンバー初主演映画決定 「リング」「仄暗い水の底から」に続くホラー作品に挑む【モデルプレス】
乃木坂46メンバー初主演映画決定 「リング」「仄暗い水の底から」に続くホラー作品に挑む【モデルプレス】
『リング』『仄暗い水の底から』『貞子3D』など数々のヒット作品を生み出し、ハリウッドでリメイクされた作品も全米No.1になるなど、日本は勿論のこと世界的にも有名なホラー作家・鈴木光司氏の待望の新作映画公開が決定。鈴木氏が本当にあった怖い話を取材し書籍化した短編集『アイズ』(角川ホラー文庫刊)の一篇「しるし」を完全長編実写映画化する。

ホラー映画『×ゲーム』『ビンゴ』をヒットさせた新鋭・福田陽平監督がメガホンを取り、主演には、大人気アイドルグループ乃木坂46の若手注目株・伊藤万理華を起用。伊藤は自身のブログにて「自分がホラー映画という王道を経験できるとは思いませんでした。この機会を通して、私を知ってもらえたら、新しい私を見てもらえたら嬉しいです。どうか温かく見守っていてください」とコメントしている。

さらに「アイズ」に収録された他六篇は、中村獅童、芦名星、山本裕典、武田真治、佐藤江梨子、八嶋智人ら豪華主演でBSフジ開局15周年記念ドラマとして今春放送される。映画『アイズ』は2015年初夏全国ロードショー。(modelpress編集部)

■ストーリー
平凡な女子高生の山本由佳里(伊藤万理華)が住むマンションで、ある日突然、玄関の表札に何者かがマーキングしたと思われる「F」の文字が書かれていた。その日を境に、運命に導かれるように由佳里の周辺で起きる不可解な出来事。友人の事故死、母親の自殺未遂、父親の失踪、次々に書かれるマーキング、見えるはずのない少女の幻覚。いったい何が起こっているのか?マーキングは誰が書いたのか?幻覚のように見える少女とは?そして、由佳里に待ち受ける衝撃の真実とは?日本特有の湿っぽいホラーにミステリー要素を加えた新感覚のホラー映画が誕生!あなたは、見てはいけない、この恐怖を直視できる!?



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 乃木坂46メンバー初主演映画決定 「リング」「仄暗い水の底から」に続くホラー作品に挑む
今読んだ記事

乃木坂46メンバー初主演映画決定 「リング」「仄暗い水の底から…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事