乃木坂46山下美月の怪演に視聴者驚愕「色気もハンパない」「マイちゃんの虜」の声<「電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-」第2話>

【電影少女・山下美月/モデルプレス=4月19日】乃木坂46山下美月と俳優の萩原利久がW主演を務めるテレビ東京木ドラ25『電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-』(毎週木曜深夜1時~)の第2話が18日に放送。悪のビデオガール・神尾マイ役を演じる山下の怪演に反響が寄せられた。

山下美月/「電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-」第2話より(C)『電影少女 2019』製作委員会

山下美月&萩原利久W主演「電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-」

萩原利久/「電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-」第2話より(C)『電影少女 2019』製作委員会
原作は『週刊少年ジャンプ』黄金期を支えた作家・桂正和氏の代表作『電影少女』。昨年1月期に連続ドラマ化、当時乃木坂46のメンバーとして活躍していた西野七瀬が“ビデオガール・天野アイ”を熱演し話題となった。

「電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-」これまでのあらすじをチェック

山下美月(神尾マイ)「じゃあ消せばいいのね」

甲斐翔真、山下美月/「電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-」第2話より(C)『電影少女 2019』製作委員会
第2話では、叶野健人(萩原利久)がVHSを再生したことによってビデオガールの神尾マイ(山下美月)が出現し、3ヶ月間の同居生活がスタート。

健人は幼馴染の「朝川由那(武田玲奈)と付き合わせろ」とマイに命令するものの、由那と仲が良い杉崎勇輝(甲斐翔真)について「あいつがいる限り俺と由那が結ばれることはない」と嘆く。

山下美月、萩原利久/「電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-」第2話より(C)『電影少女 2019』製作委員会
それを聞いたマイは「じゃあ消せばいいのね。あんなクソ野郎」と冷たい声で言い放ち、杉崎と距離を縮める。結果、杉崎はマイに夢中になり、廃人になってしまう。

最後にその転落ぶりを見た健人が笑い転げる様子が描かれ、マイも幸せそうに微笑んだ。

山下美月&萩原利久W主演「電影少女」第3話見どころカットを見る

山下美月の怪演に反響

山下美月(C)モデルプレス
萩原利久(C)モデルプレス
SNS上では「天使と小悪魔の使い分け最高」「美月ちゃんの怪演にびっくり!」「色気もハンパない」「マイちゃんの虜」などの反響が寄せられ、次回の放送に期待が高まる声も上がっていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

あわせて読みたい

おすすめ特集