川口春奈“フルボッコ姿”公開 演技の手応えと未熟さを語る モデルプレスインタビュー

【モデルプレス】女優の川口春奈がモデルプレスのインタビューに応じた。現在、フジテレビ系ドラマ『探偵の探偵』(毎週木曜 後10:00)に出演中。劇中では亡き妹の残酷な死をきっかけに“探偵を追う探偵”となった紗崎玲奈(北川景子)とバディを組む新人探偵・峰森琴葉役を演じている。
川口春奈“フルボッコ姿”公開 演技の手応えと未熟さを語る/ドラマ「探偵の探偵」第3話より【モデルプレス】
川口春奈“フルボッコ姿”公開 演技の手応えと未熟さを語る/ドラマ「探偵の探偵」第3話より【モデルプレス】

「フルボッコされる」



同作は『万能鑑定士Q』シリーズや『千里眼』シリーズの松岡圭祐氏が書き下ろした同名小説が原作。北川が体当たりで挑む激しいアクションシーンが見どころの一つで、川口も「本当にすさまじいシーンがあってカッコイイです」と尊敬の念を抱きつつ、「私としては琴葉にもアクションシーンがあったらいいなと思いながらも、私はやられる側で本当にフルボッコみたいなシーンもあります(笑)」と茶目っ気を見せる。

撮影を通して得た手応え



撮影が始まって約3ヶ月、「1話と(撮影中の)6~8話では琴葉のキャラクターが変わっているので、通して観ていると琴葉の成長ぶりを感じてもらえるんじゃないかな。最初は頼りない女の子ですが、芯があって頑張り屋さんなので、どんどん玲奈さんのように自立した女性になっていく。私もその成長の過程がわかるように意識して演じています」と手応えを感じている様子。

未熟さも痛感



一方で演技の壁にもぶつかった。「琴葉にはお姉さんがいて、でもそのお姉さんが最低な役で、溜まってきた気持ちをそのお姉さんに爆発させるシーンがあるんですけど、それがなかなか上手く演じることができなかった。私はもともと怒ったり、人を感情で責めたてるお芝居が苦手で、今回も何回もテイクを重ねてしまいました…それがすごく悔しかったです」と撮影を回顧。

「もっと成長したい」



それでも「その時にお芝居をもっと頑張ろうと思いました。ありがたいことに、私の周りにはアドバイスをくれる方、叱ってくれる方がいて私を導いてくれます。日頃からお世話になっている方たちのためにも、もっと成長したいと思っています」と感謝と意気込みを語った。

夢を叶える秘訣



2007年にローティーン向けファッション雑誌『nicola(ニコラ)』の第11回モデルオーディションでグランプリを獲得して芸能界デビュー。卒業後は女優業に専念し、2013年には連続ドラマ『夫のカノジョ』(TBS系)でゴールデン枠の連続ドラマに初主演した。着実にステップアップを続ける彼女に、最後に“夢を叶える秘訣”を聞いてみると…

「目標を決めて、まずそこに近づくために何ができるかを考えること。そこから周りの人のアドバイスに耳を傾け、努力をすること。当たり前のことですが、それを地道に繰り返していくことが大切だと思います」。――20歳には思えない大人びた顔つき、そして力強い瞳は、さらなる飛躍を見据えていた。(modelpress編集部)

川口春奈(かわぐち・はるな)プロフィール



生年月日:1995年2月10日/出身地:長崎県/血液型:O型/身長:166cm
モデルプレス

Interview Rankingインタビューランキング

Photo Ranking画像ランキング

Interview Listインタビュー一覧

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP