モデルプレスのインタビューに応じた板野友美 (C)モデルプレス

板野友美、私物コスメ公開 目力UPの“こだわりメイクテク”を紹介<モデルプレスインタビュー>

2019.03.08 18:30
0
2

ソロデビュー8周年を迎え、2月13日に11thシングル『すき。ということ』をリリースした歌手の板野友美(27)。大きな瞳にふっくらして口角の上がった唇と、誰もが憧れる“なりたい顔”――最近ではやわらかさと大人っぽさもプラスされ、ますます魅力を増している。そんな彼女に少しでも近づきたい…!という思いで、モデルプレスインタビュー後編では、愛用する私物コスメや普段メイクのポイント、美の秘訣を本人に聞いた。

  
見せてくれたのは、大きな巾着ポーチに入ったたくさんのコスメたち。プチプラコスメからデパコスまで豊富なラインナップで、高校生の頃から使い続けているという鉄板コスメも多数!

板野友美の愛用コスメ:ベースメイク編

― とくに普段メイクでこだわっている部分は何ですか?

板野:ちょっと出かけるときやオフの日はほぼナチュラルメイクです。こだわりは、乾燥肌で暖房や外気で肌の水分がなくなってしまうことがあるので、ファンデーションはいつも薄く塗っておくこと。そのほうが乾燥しないし肌を守れるんです。そこにリップとチークを薄く塗って眉を描くのがいつものメイクです。

板野友美 (C)モデルプレス
― 使っているアイテムのこだわりは?

板野:高校生のときからずっと使っているのは「ロレアル パリ」のリキッドファンデーションと「エテュセ」のペンシルアイブロウ(イエローブラウン)。ファンデーションはいろいろ試してみて一番私の肌にあっているものを見つけました。

板野友美の愛用コスメ:アイメイク編

― たっぷり入ったポーチの中で一番多いアイテムがアイメイクですね。

板野:ポーチはずっと家に置いているんですけど、仕事の時は持ち歩いています(笑)。ここから何を使うか選んで。シャドウはブランドのものやトレンドのものも使うんですが、アイラインはとくにこだわりはなくてプチプラもいろいろ使ってますね。

板野友美 (C)モデルプレス
― どんな風に使い分けているんですか?

板野:ラインはほとんど黒なんですけど、いろいろ試したくてよく買っちゃうんです(笑)。リキッドで目尻太めに上に引いて、ペンシルライナーで目尻をぼかしたりラインを足したりしています。だけどアイメイクはラインの太さは変えず、目元を強くするときはシャドウを濃く入れて、ナチュラルなときは薄めに入れるという感じで、シャドウで雰囲気を変えることが多いですね。最初にラメをのせてブラウンをふんわり重ねるメイクは普段からよくやっています。

【板野友美の愛用コスメ:アイメイク】M・A・CスモールアイシャドウX9 ダスキーローズ タイムズ ナイン/ADDICTION (C)モデルプレス
― まつげのポイントは?

板野:ホットビューラーじゃなく普通のビューラーを使っていて、根元からしっかり上げると目がぱっちり上がって見えます。マスカラは、私はウォータープルーフよりお湯で落ちるマスカラが好きっていうのがこだわりです。

【板野友美の愛用コスメ:アイメイク】まつ毛は ヘレナ ラッシュ クイーン フェリン エレガンス/ヘレナ ラッシュ CC で。 (C)モデルプレス
― 仕上がりにも違いがあるんですか?

板野:勝手なイメージですけど、ウォータープルーフじゃないほうがくっついて束にならない気がするんです。あと落とすときにもこすらず落とせるのもいいですよね。

板野友美の愛用コスメ:リップ編

板野友美 (C)モデルプレス
― リップについても教えてください。

板野:いつも持ち歩いているお気に入りがNARSのボルドーのリップ。結構濃い色なので手で色を延ばして、そのまま手に残ったリップをチークにするのを最近よくやっています。

― チークとしても使える。

板野:そうなんです。そうすれば普段持ち歩くのはお直しファンデーションとこのリップだけで、しっかりメイクしている感じが出せるんです。それからこれは薄くつけるとピンクっぽい可愛らしい色になって濃くつけるとモードっぽい顔になれるので気に入ってます。

板野友美 (C)モデルプレス
【板野友美の愛用コスメ:リップ】NARSオーデイシャスリップスティック ボルドー (C)モデルプレス

板野友美、美の秘訣は?

― ケアの面で気をつけていることはありますか?

板野:保湿は常に心がけています。化粧水ミストを持ち歩いたり、メイクした上からでもクリームを塗ったりしてますね。肌の調子よくないと、いくらファンデーションでカバーしても厚塗りになってしまうだけなので、家でも加湿器を使ったり、ずっと保湿してます。化粧水、乳液をして、その後に硬めのクリームでガードするのが毎日のケアです。

― 食生活ではいかがですか?

板野:食事はすごく気をつけているということはあまりないんですが、ファストフードはもともと食べないタイプです。ジャンクフードを食べすぎないようにしたり、お水を結構飲んだりしています。水分をしっかりとることで代謝もよかったり、そのおかげでいい感じを保てているのかなと思います。

― ありがとうございました。

(modelpress編集部)


板野友美(いたの・ともみ)プロフィール

板野友美 (C)モデルプレス
1991年7月3生まれ、神奈川県出身。A型。
2005年12月8日、AKB48の1期生として活動を開始。グループの中心メンバーとして活動する。2011年1月26日にソロデビュー。2013年8月25日、約8年在籍したAKB48を卒業。AKB48卒業後はアーティストを中心に活動を続け、現在までにシングル10枚、アルバム2枚をリリース。2018年2月28日発売、記念すべき10枚目のシングルは写真集制作とコンセプト連動した企画として進行、多角的なアーティスト表現に挑戦。同年4月~5月にかけては初の生バンドライブツアー「板野友美LIVE TOUR 2018~Just as I am~」を全国5カ所で完走させる。2019年2月13日には11枚目のシングル「すき。ということ」発売、6月1日には前回ツアーのファイナル公演会場となったマイナビBLITS赤坂に再び登場し、そこで新たな試みを行う予定。アーティストとして常に挑戦を続けながらも、近年では、ドラマ出演や主演映画を努めるなど、女優へと活動の幅を広げている。

『すき。ということ』

板野友美「すき。ということ」(2月13日発売)初回限定盤 (C)モデルプレス
板野友美「すき。ということ」(2月13日発売)通常盤 (C)モデルプレス
2019年2月13日リリース
【CD 収録内容】 ※初回限定盤・通常盤共通
1. すき。ということ
2. 君。
3. イマジネーションゲーム
4. すき。ということ (Instrumental)
【DVD 収録内容】 ※初回限定盤
1. すき。ということ Music Video

『板野友美ワンマンライブ「板野友美 LIVE 2019」』

○日程:2019年6月1日(土) 開場17:00/開演18:00
○会場:マイナビBLITZ赤坂
○チケット料金
・1Fスタンディング6,800円(税込)
※整理番号順の入場
※入場時に別途ドリンク代が必要
※年齢制限:6歳以上チケット必要、5歳以下は入場不可
○チケット受付スケジュール
3/9(土)10時~チケット 一般発売開始
【キョードー東京】
http://www.kyodotokyo.com/tomomiitano2019
【Yahoo!チケット】
http://r.y-tickets.jp/itanotomomi1901
【ローソンチケット】Lコード:70221 
https://l-tike.com/tomo19mb-lawson/
【イープラス】
http://eplus.jp/tomomiitano19/
【チケットぴあ】Pコード:139-788
http://w.pia.jp/t/tomomiitano2019/

【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

あわせて読みたい

  1. 板野友美、GLAY・TERUとのレコーディングを回顧

    モデルプレス

  2. 板野友美、塩野瑛久とのシャワーシーンでハプニング 「最後パッサパサ」“事件”振り返る

    モデルプレス

  3. 板野友美、キスシーンも話題のMV“初めて”に挑んだ理由 恋人とは「安らかな空間を作りたい」恋愛観を語る【「すき。ということ」インタビュー】

    モデルプレス

  4. 男子が「この人と結婚するかも…」と思う瞬間5つ 将来を意識させて!

    モデルプレス for スゴ得

  5. 板野友美、就寝前のリラックス姿に「メガネ姿も可愛い」「めっちゃタイプ」の声

    モデルプレス

  6. 板野友美&白石麻衣&鈴木愛理、天使のような純白3ショットにファン歓喜「美しさの極み」「伝説」

    モデルプレス

  7. 板野友美、デコ出しヘアが可愛い 黄色い歓声飛び交う

    モデルプレス

おすすめ特集

  1. インフルエンサー影響力ランキングを発表!「モデルプレスカウントダウン」

    特集

  2. 「悪い、興味無いんだ」男性が脈なし女性に送るLINEの特徴4つ

    モデルプレス for スゴ得

  3. 2022年9月のカバーモデルは映画「百花」主演の菅田将暉

    特集

  4. 東京・埼玉・山梨を巡る#近場トリップ。週末お出かけにぴったり!

    特集

  5. アパレル業界を覗いてみよう!おしゃれスタッフ&求人情報もチェック

    特集

  6. 「モデルプレス リポーターオーディション」決勝投票!9/29まで

    特集

  7. コムドット×雑誌「モデルプレスカウントダウンマガジン」コラボの連載始動

    特集

  8. フジテレビ × モデルプレス Presents「"素"っぴんトーク」

    特集

  9. モデルプレスが次世代のスターを発掘する「モデルプレス賞」

    特集

  10. モデルプレス撮り下ろしWEB表紙の特別版「今月のカバーモデルNEO」

    特集

  11. “史上最大級のファッションフェスタ”TGC情報をたっぷり紹介

    特集

おすすめ記事

SPECIAL NEWS

記事ランキング

RANKING

  1. 01

    「六本木クラス」優香(新木優子)&葵(平手友梨奈)の“真逆ファッション”が話題 色使い・アイテムのこだわり…「梨泰院クラス」への意識も<スタイリストインタビュー>

    モデルプレス

  2. 02

    櫻坂46小林由依、グループから離れる決断した過去…悲しみを乗り越えた方法語る<2nd写真集「意外性」インタビュー後編>

    モデルプレス

  3. 03

    櫻坂46小林由依“ゆいぽん史上最高”美ボディは女性らしさ意識 理想の体作り継続の秘訣は?<2nd写真集「意外性」インタビュー前編>

    モデルプレス

  4. 04

    吉川愛「冴ちゃんの役で良かった」と思うこと 「純愛ディソナンス」共演・中島裕翔の印象の変化、現場のほっこりエピソードも<モデルプレスインタビュー>

    モデルプレス

  5. 05

    菅田将暉の弟・菅生新樹、俳優デビューの反響は?「心が折れかけた」撮影と乗り越え方も語る<モデルプレスインタビュー>

    モデルプレス