元キャバ嬢モデル、「おから大使」に任命され感涙

参照回数:82,520

雑誌「小悪魔 ageha」などで活躍する人気モデルの家村マリエが、全国豆腐油揚商工組合連合会(全豆連)の「2012豆腐フェア関西おから大使」に任命され17日、都内で開催された任命式に参加した。
「2012豆腐フェア関西おから大使」に任命された家村マリエ
「2012豆腐フェア関西おから大使」に任命された家村マリエ
豆腐フェア運営委員長・東田和久氏から任命書を受け取った家村マリエは、目に感動の涙を浮かべながら「本当に嬉しく思います」と喜びをあらわに。「世の中の人におからの魅力を知ってもらいたい」と抱負を述べると、会場から拍手が沸き起こった。

熱い”おから愛”が実を結ぶ

全豆連が主催する「豆腐フェア」は、美味しくてヘルシーな豆腐の魅力をアピールするイベント。全国のお豆腐はもちろん、おから、豆乳などを使ったグルメやスイーツが全国から大集合する。

家村マリエは昨年10月、5年間のキャバ嬢時代に稼いだ貯金でおからバーガーショップ「House Village」(大阪・心斎橋)を開業。おからの魅力をPRする「おからガール☆ユニット」をプロデュースするなど、おからに対し並々ならぬ情熱を注いできた。

スーツ姿で任命式に参加した家村マリエは「こういう場に慣れてないので・・・」と緊張の面持ち。おからに興味を持ったきっかけを問われると「モデルのお話を頂いた21歳のとき、母親が作ってくれたおから料理でダイエットに成功したことがきっかけです」と話し、おからの供給率が向上すると産業廃棄物の解決に繋がることから「おからがもっと食卓に並ぶ日が来てほしいと願っています」と述べた。

任命書を受け取る家村マリエ
任命書を受け取る家村マリエ
豆腐フェア運営委員長・東田和久氏は「見てくれはけばいですけども(笑)実は素直でストレートな子。おからに対する愛を感じる」と起用の理由を説明。感動で目を潤ませた家村マリエは「みなさんのお力になるため、勉強して力をつけていかなければならないなと思っています。まだまだ不慣れですけどもみなさんよろしくお願いします」と抱負を語った。

「豆腐フェア」は2012年3月10日・11日、東京ビッグサイトにて開催。(モデルプレス)

家村マリエ(いえむらまりえ)プロフィール
出身地:石川県金沢市
特技:読書、プロレス観戦、アドリブトーク、企画
雑誌経歴:小悪魔ageha、姉ageha、その他情報誌
テレビ:フジテレビ「どーもキニナル」密着取材 など

人気モデルとして活躍するかたわら、株式会社MarieJapanの代表取締役をつとめる。
2011年10月より、20才~34才の女性をターゲットにしたフリーマガジン「NO LIMIT」を大阪で隔月発行。



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 元キャバ嬢モデル、「おから大使」に任命され感涙
今読んだ記事

元キャバ嬢モデル、「おから大使」に任命され感涙

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ギャル」カテゴリーの最新記事