“超恋愛体質”な前田敦子に期待「毒島ゆり子」がクランクイン<コメント到着>

【前田敦子/モデルプレス=3月15日】TBS系新ドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』(4月20日スタート、毎週水曜 深夜24:10)の撮影が15日、都内某所でスタート。主演の前田敦子はモデルプレスの取材に「お天気にも恵まれて幸先良いスタートでした。気持ちよく撮影できて、順調です」と手応えを明かした。
“超恋愛体質”な前田敦子に期待「毒島ゆり子のせきらら日記」がクランクイン(C)TBS
“超恋愛体質”な前田敦子に期待「毒島ゆり子のせきらら日記」がクランクイン(C)TBS
同作は“超恋愛体質”の政治記者・毒島ゆり子役を前田が演じ、二股恋愛や不倫など“深夜の昼ドラ”ともいえるドロドロエンターテインメントを展開していく。劇中では複数の相手とキスを連発するなど大胆な演技も見どころとなる。

セクシービジュアルに反響



前田敦子「毒島ゆり子のせきらら日記」メインビジュアル(C)TBS
前田敦子「毒島ゆり子のせきらら日記」メインビジュアル(C)TBS
先日公開されたメインビジュアルでは美脚全開のセクシー衣装でファンを驚かせた。大きな反響に「楽しんで撮影に臨めました。こういうお仕事の時は、数日前から食事をセーブしているんですが、今回もその成果が出てよかったです」と笑顔で振り返り、「明日は育男(諸見里大輔)さんとの共演シーンもあるので楽しみです」と話していた。(modelpress編集部)

第1話あらすじ



前田敦子(C)TBS
前田敦子(C)TBS
あけぼの新聞文化芸能部に勤める毒島ゆり子(前田敦子)は、ある朝彼氏から別れを告げられていた。突然の話に落ち込むゆり子…と思いきやすぐに別の彼氏である幅美登里(渡辺大知)に連絡を取っていた。そう、ゆり子は常に複数の男と関係を持つことを厭わない超恋愛体質女だったのだ。

そんなゆり子は念願だった政治部への異動を告げられる。しかも与党・誠心党の幹事長・黒田田助(片岡鶴太郎)の番記者という、異例の大抜てきだった。ゆり子は政治部への異動、そして他の彼氏に振られたことを美登里に報告する。美登里はゆり子の二股を容認しているのだ。しかもゆり子が二股をやめられない理由も理解しているようだが…。

ゆり子の政治部記者としての初日、国会では黒田が番記者たちを引き連れて質問攻めにあっていた。それもそのはず、「黒田が部下を引き連れて誠心党から分党するのでは?」という噂が飛び交っていたからだ。

早速キャップの安斎(近藤芳正)に連れられて黒田番としての仕事を始めるゆり子だが、なかなか他の記者の様に上手くいかない。そんな中、黒田ではなく側近の上神田(山崎銀之丞)に近づく記者がいた。あけぼの新聞のライバル社、共和新聞の小津翔太(新井浩文)だ。ゆり子の先輩記者・夏目(今藤洋子)曰く、 圧倒的なスクープを連発して、他社のみならず政治家たちからも一目置かれる存在だ。既婚者だという小津のことが気になるゆり子だが、彼女には自分に課したルールがあった。二股、三股を掛ける時は必ず相手に伝える。そして不倫はしない。自分を戒めるゆり子だったが…。
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP