能年玲奈「とても緊張した」広瀬すずとの初対面を振り返る

【モデルプレス】女優の能年玲奈が28日、都内で行われた「第28回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞」表彰式に出席。約9ヶ月ぶり公の場に登場し、映画「海街diary」で新人賞を受賞した広瀬すずのプレゼンターを、昨年、映画「ホットロード」で同賞を受賞したためつとめた。同夜、自身のブログを更新し、緊張の初対面を振り返った。
能年玲奈「とても緊張した」広瀬すずとの初対面を振り返る(C)モデルプレス
能年玲奈「とても緊張した」広瀬すずとの初対面を振り返る(C)モデルプレス
約9ヶ月ぶりに公の場に登場した能年玲奈(C)モデルプレス
約9ヶ月ぶりに公の場に登場した能年玲奈(C)モデルプレス
同表彰式では、広瀬に記念の盾を授与し、喜びのコメントを述べる姿を優しい笑顔で見つめ、記念撮影を行っただけでノーコメントだった能年。「こんばんは。」と題したブログでは、「前年、私は黒木華さんからいただいたのですが、その役目が私にも回ってくるなんて、とても緊張しました」と振り返った。

「ガールズロックスで、声だけのメッセージのやり取りをさせていただいた事があったのですが、広瀬さんと直接お会いするのは初めてだったのでとても嬉しかったです」と広瀬とは初対面だったことを明かし、「お渡しするだけなのに緊張した~~」と最後にも率直な心境を語った。

広瀬との2ショット姿にファンからは「可愛いです」「2人とも素敵です」などのほか、能年の約9ヶ月ぶり公の場ということで「久々に見れてうれしかった」「メディアの前に登場してくれたのは最高なプレゼント」「すっごく話題になってますね。能年ちゃんの存在感の大きさの証拠ですね」など、歓喜の声が続々寄せられている。(modelpress編集部)
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

News Listニュース一覧

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP