Hey! Say! JUMP中島裕翔、渾身の「メーン!」披露 最年少のつとめ果たす

和やかな笑顔に包まれたドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」完成披露試写会の様子【モデルプレス】
主演の杏
【モデルプレス】Hey! Say! JUMPの中島裕翔が、持ち前の明るいキャラクターで共演者の緊張をほぐした。 12日、都内で行われたフジテレビ系月9ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」(1月19日スタート)完成披露試写会に主演の杏らと共に出席。正義感の強い完全無欠の好青年・鷲尾豊役のスーツ姿で登場した中島は、冒頭のあいさつで「今日は(共演者の)皆さんが結構緊張されているということなので、最年少の僕が緊張を払いたいと思います」と切り出し、「メーン!」の掛け声と共に剣道の素振りを披露。“剣道の達人”でもある役どころにちなんだ威勢のよい叫びに、司会の軽部真一アナウンサーから「確かに会場が和やかになりました」とのコメントが入り、共演者からも笑みがこぼれた。

それぞれの理由から結婚を契約にすぎないと考える“恋愛力ゼロ”の藪下依子(杏)と谷口巧(長谷川博己)が、お互いに一切の恋愛感情を持たないまま、結婚という明確なゴールを目指しデートを重ねていく様子を描くロマンチック・ラブコメディー。中島演じる鷲尾豊は、恋愛感情なしでデートをしようとしている依子を心配し、やがて依子に好意を寄せる。依子と巧のデートを毎回妨害する“恋敵”となるが「僕(鷲尾)が一番視聴者の共感を得やすい立場だと思うので、『結婚には愛情が必要だ!』ということを言うならば、僕は依子さんを勝ち取りたいという気持ちはありますね」と今後の展開に期待。作品にちなみ、理想のデートについて問われると「アイドル誌のほうでよくある質問」と笑いつつ「普通のデートをしたい。映画館や買い物のように、皆さんがされているようなデートをしてみたい。映画が好きなので、映画館はいいなって思います。憧れますね」と瞳を輝かせた。

舞台あいさつにはこのほか国仲涼子、松尾諭、和久井映見、風吹ジュン、松重豊が出席した。(modelpress編集部)
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP