大島優子、渡辺麻友、島崎遥香らの大人の表情にドキッ

AKB48が出演するアサヒ飲料「ワンダ 金の微糖」の新テレビCM「こころの声」編が、8日より全国でオンエアされている。
左から:大島優子、島崎遥香、渡辺麻友、高橋みなみ/アサヒ飲料「ワンダ 金の微糖」の新テレビCM「こころの声」編より
これまで同テレビCMシリーズでは、AKB48メンバーが様々な形でサラリーマンを応援する姿が描かれてきた。今回は大島優子島崎遥香高橋みなみ渡辺麻友の4人が、一生懸命仕事を頑張っているあまりに、肩に力が入り空回りしてしまうサラリーマンの気持ちを代弁しながら、優しく見守るという内容になっている。いつもとは一味違った、大人っぽい彼女たちの優しい眼差しが見どころだ。

早口言葉に挑戦



撮影前に監督から「一生懸命仕事を頑張るサラリーマンの気持ちになってください」「優しく励ますようにお願いします」と説明を受けた4人。今回のCMは、通常の速度で撮った映像を、スローで再生。そのため口の動きは2倍速。慣れない早口言葉に、苦戦するメンバーもいた。

大島の明るい存在感で、現場の空気も和やかに



大島優子/アサヒ飲料「ワンダ 金の微糖」の新テレビCM「こころの声」編より
大島はスタッフと談笑するなど、和やかな雰囲気の中で撮影が始まった。カメラが回ると、一瞬でモードが切り替わる集中力の高さはさすが。頬杖をつく指先にまでこだわる姿勢にも、大島のプロとしての意識の高さが垣間見えた。そんな大島のセリフは「オレ、頑張ってるよなぁ…」。撮影が始まる前に、何度も何度も練習した甲斐あってか、本番では滑舌の良さを披露していた。

いつもと違う!?大人っぽい表情の渡辺



渡辺麻友/アサヒ飲料「ワンダ 金の微糖」の新テレビCM「こころの声」編より
渡辺は早口言葉とともに、難易度の高い動きにも挑戦。カメラの前でうつむく渡辺からは、いつもテレビで見せている、少女の面影が残る彼女とは、また違う表情を見ることができる。監督から「OK!」という言葉がかかった瞬間、渡辺は小さくガッツポーズ。その無邪気な笑顔に、スタッフの頬も思わず緩んでいた。

島崎の意外な特技を発見!?



島崎遥香/アサヒ飲料「ワンダ 金の微糖」の新テレビCM「こころの声」編より
膝を抱え「ちっともいいコトないのに…」とつぶやく島崎。「柔らかい表情のまま、セリフは早口でお願いします」という監督からの指示に、「噛みそう…」「絶対噛む~!」と最初は不安そうだったが、不安な様子とは裏腹に、早口は完璧。「すごい!」と監督から声をかけられていた。

まばたき禁止!? 笑顔で乗り切る4人



4人全員でのシーンは、扇風機で風を吹かせて撮影が行われた。微動だにせずカメラを見つめる4人だったが、カットがかかると「目が乾く~!」と本音を吐露。それでも4人はまばたきをせず、笑顔で乗り切っていた。また、撮影の合間におしゃべりする4人は、まるで姉妹のよう。リラックスした雰囲気のまま、撮影は無事終了した。(モデルプレス)
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP