女子から来るとドキッとしちゃうLINEのフレーズ6つ

【恋愛コラム/モデルプレス】片思いの彼と直接話すのって緊張しちゃいますよね。アプローチをしたいけど、緊張と恥ずかしさからなかなか出来ない…そんな人も多いのではないでしょうか?でも、直接会話をしなくたって、LINEでなら緊張せず彼との距離を縮めることが出来ますよね。彼のLINEの連絡先を知っているなら、彼をLINEでドキドキさせちゃいましょう!今回はそんな女子から来ると男性がドキッとしてしまうLINEのフレーズをご紹介。男性をドキドキさせるのに自信がないあなた。ぜひ効果的に使ってみてくださいね。
女子から来るとドキッとしちゃうLINEのフレーズ6つ(Photo by Tara Moore/gettyimages)
女子から来るとドキッとしちゃうLINEのフレーズ6つ(Photo by Tara Moore/gettyimages)

「お話したくなっちゃった」



「急にLINEが来たから、どうしたのー?って返すと『お話したくなっちゃって…』ってLINEが来て、思わず顔が真っ赤になった。これって期待していいよね?」(学生/21歳)

用事もなしにLINEを送るのって、地味にハードルが高いですよね。

場合によっては彼から「急にどうしたの?」なんて聞かれることもあるでしょう。

そんな時は素直に「お話したくなっちゃった」と自分の気持ちを伝えてください。

あなたからの好意を彼は感じるはずですが、まだ「彼女は俺に惚れてる」とは確信できない、微妙なラインの言葉。

彼の心を揺さぶってドキドキさせるにはピッタリですよ。

ここは勇気を出して、自分の正直な気持ちを送ってみましょう。

「無理しないでね」



「いろいろと嫌なことが立て続けに起こって、精神的に死んでいた時に女友達から『あんまり無理しないでね』ってLINEが届いた時は思わずキュンとした。心配されるのってやっぱり嬉しい」(流通/29歳)

体調が悪そうだったり、精神的に疲れていそうだったりする時は、彼に「無理しないでね」と送ってみましょう。

人から心配されるのってやっぱり嬉しいですよね。

特に独り身の男性は、なかなか心配してもらえないことも多いもの。

心が弱っている時は、ちょっとした思いやりが心にかなり響くのです。

彼の様子がおかしいなら、「最近大丈夫?無理しないでね」とLINEを送ってみてくださいね。

彼を心配しよう(Photo by Minerva Studio/Fotolia)
彼を心配しよう(Photo by Minerva Studio/Fotolia)

「○○くんのおかげ」



「僕が勉強を教えた後に、『○○くんのおかげで助かった、ありがとう』ってLINEが来た時は嬉しかった。『○○くんのおかげ』っていうのがいいよね」(学生/22歳)

「○○くんのおかげ」という言葉は、単純な感謝の気持ちだけでなく何だか特別な気持ちも込められていると思いませんか?

ただ感謝の気持ちを伝えたいだけなら、別に「ありがとう」という言葉だけでもいいはずです。

わざわざ名前を出して言うのは、そこに「○○くんだからこんなに頑張れた」とか「○○くんに教えてもらったから成功した」なんていう気持ちがあるから。

それは言われた彼も感じ取ってくれることでしょう。

これから彼に何かしてもらった時は、「○○くんのおかげ」と意識して使うようにしてみてくださいね。

きっと彼はあなたのLINEを見て嬉しくなるはずですよ。

「おはよう」と「おやすみ」



「朝起きたら『おはよう』ってLINEが届いていると、朝一で送ってくれたのかなとか考えてキュンとしちゃう」(IT/25歳)

「おはよう」とか「おやすみ」ってLINEが来ると、何だか嬉しい気分になりませんか?

「おはよう」と「おやすみ」朝の最初と夜の最後に使う言葉ですよね。

だから実はこの二つの言葉、とっても大切な言葉。

彼と前日LINEを続けていたのなら、朝が起きたら真っ先に「おはよう」と送ってみましょう。

もちろん、寝る時までLINEをしていた時は「おやすみ」と送ることも大切です。

何だか彼にあなたの存在を身近に感じさせることが出来ますよ。

最初と最後の挨拶を送って、彼の日常に溶け込んじゃいましょう。

彼の身近な存在に…(Photo by Andres Rodriguez/Fotolia)
彼の身近な存在に…(Photo by Andres Rodriguez/Fotolia)

「お疲れさま」



「めちゃくちゃ疲れている時に『お疲れさま』って一言LINEが届くだけで癒される。LINEがこれで始まるかどうかって結構大きな差がある気がする」(建設/31歳)

疲れている時に労いの言葉があるかないかは、受け取る側の印象に大きな差があります。

たった一言なのに、疲れた体と心に「お疲れさま」の一言がじっくりと染みこんで、癒してくれるんです。

男性は癒してくれる彼女を求めているもの。

彼にLINEを送る時は、必ず最初に「お疲れさま」を付けるようにしましょうね。

「私も好きだよ」



「好きなアーティストとかの話だから、もちろん自分に対してじゃないってわかってるけど、『好きだよ』にはついドキッとしちゃうよね」(サービス/24歳)

趣味の話や好きな食べ物の話などで盛り上がっている時、彼が好きだと答えたものがあなたも好きなら、「私も好きだよ」「私も大好き」なんて送ってみましょう。

ポイントは「私も○○好き」とその物の名前を入れないこと。

敢えて入れずに好きと伝えることで、一瞬「俺のこと?」なんて男性は勘違いしてしまいそうになるのだとか。

たとえそうじゃないとわかっていても反応してしまうのです。

ドキッとするのは恋愛が始まる前兆。少しでもドキッとさせることが出来たらあなたの勝ちです。

「好き」という言葉をうまく使って、彼をドキドキさせちゃいましょう。

LINEで恋を始めちゃおう(Photo by Todor Tsvetkov/gettyimages)
LINEで恋を始めちゃおう(Photo by Todor Tsvetkov/gettyimages)
いかがでしたか?

ドキッとさせることが出来れば、恋が始まるのも時間の問題。

あなたの存在を彼に意識させて、素敵な恋を始めちゃいましょうね。(modelpress編集部)
モデルプレス

Hot Word !人気のキーワード

カップル 片思い 女子力

Photo Ranking画像ランキング

Column Listコラム一覧

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP