ベイクルーズ 伊藤忠東京本社ビルで外商イベント

記事提供:繊研plus

ベイクルーズグループはこのほど、伊藤忠商事の設立記念行事の一環として、伊藤忠東京本社ビルでカジュアルウェアの販売会を実施した。伊藤忠のカジュアルウェアのドレスコードに合う「エディフィス」「イエナ」「ラ・トータリテ」を販売した。

自社のブランドの認知拡大を狙い、今春から企業に出向く販売イベントを実施している。普段店に足を運ばないビジネスマンに買ってもらうことで、来店のきっかけを作る狙いがある。今回が3回目で、今後も企業の目的や狙いに合わせた外商を行う。

伊藤忠は17年6月から水曜はスーツではなくカジュアルウェアで出勤する「脱スーツ」を始め、ジーンズやスニーカーの着用もしていいことにした。

社員からの反響が良く、5月からは「脱スーツ+(プラス)」として、水曜と金曜の週2日に増やした。どんな格好をしたらいいかわからないという声もあり、7月には本社2階に「D+(プラス)ラウンジ」を新設し、販売会やパーソナルカラー診断、靴磨きなどのイベントも定期開催している。

伊藤忠は今年設立160周年であり、規模を拡大して1階で販売会を実施した。



【Not Sponsored 記事】
繊研plus
モデルプレス - ベイクルーズ 伊藤忠東京本社ビルで外商イベント
今読んだ記事

ベイクルーズ 伊藤忠東京本社ビルで外商イベント

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ファッションニュース」カテゴリーの最新記事