池田エライザ、ドラマ初主演が決定 共演者&主題歌も発表

【池田エライザ/モデルプレス=3月30日】雑誌「CanCam」専属モデルで女優の池田エライザが、ドラマ「SHIBUYA零丁目」でドラマ初主演をつとめる。同作は、渋谷を舞台とした若者たちの混沌とした“いま”をたくましく生き抜く姿をモキュメンタリー方式で撮影。4月2日8時よりWEB上で配信開始するとともに、4月23日26時20分よりフジテレビにて地上波で再編集版が放送される。
ドラマ「SHIBUYA零丁目」で主演をつとめる池田エライザ
ドラマ「SHIBUYA零丁目」で主演をつとめる池田エライザ
同作は、若者の文化やファッション、音楽など様々な才能が集まり、一見華やかさが際立つ顔と、一歩通りを外れれば、その称号とは真逆の世界が交差する、清濁併せ呑む渋谷という街を、魅力的に、かつ街の特異性を浮き彫りにし切り取ったドラマ。明暗両方の顔を持つ渋谷を舞台に、破天荒な若者たちが、時にはぶつかり、苦悩しながらそれぞれの立場で答えを模索する様子をドキュメンタリータッチで描き出す。煌びやかさと闇の深さ、生と死、様々な対極の中から浮かび上がる新しい青春群像劇となっている。

村上虹郎
村上虹郎

池田エライザの役どころ&脇を固めるキャストたち



ドラマ初主演となる池田が演じるのは、自分をふった元カレをもう一度振り向かせようともがくハル。ハルの元カレ・オギト役には村上虹郎を迎え、さらに、ハルに大きな影響を与えるDJのレイを、ロックバンド「OKAMOTO’S」ドラムス・オカモトレイジが演じる。

オカモトレイジ
オカモトレイジ
主題歌は、10代女性を中心に支持を得ているメンヘラバンド・ミオヤマザキ。「やりたいことがあるわけじゃないけどないわけじゃない」、「勝手にあれこれ決めつけないで欲しい」、「なんかわからないけど、とりあえず、なんか…渋谷にいますね」という、渋谷にいるありのままの若者たちの浮遊感や虚無感が主題歌のテーマになっており、10代のミオヤマザキだからこそ描き出すことができた歌詞の世界観が、ドラマに華を添える。(modelpress編集部)

SHIBUYA零丁目
SHIBUYA零丁目
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP