門脇麦“同作デビュー”福士蒼汰と久々共演 「希有な魅力の持ち主」と絶賛も

【門脇麦/モデルプレス=3月8日】女優の門脇麦が、主演を福士蒼汰が務める日本テレビ系新ドラマ「お迎えデス。」(4月より土曜よる9時放送)に出演することが8日分かった。ともに同局ドラマ「美咲ナンバーワン!!」(2011)がデビュー作の2人。福士は門脇との久々の共演に「それから数年お会いしてなかったのですが、今回また共演することになり『懐かしいね』と言い合っていました。同じ作品に出演できることが嬉しいですし、これからの撮影が楽しみです」と期待に胸を膨らませた。
久々の共演となった門脇麦、福士蒼汰(C)日本テレビ
久々の共演となった門脇麦、福士蒼汰(C)日本テレビ

「LaLa」で連載されたラブコメ「お迎えデス。」とは



同作は1999年から「LaLa」(白泉社)で連載された田中メカ氏による少女漫画が原作で、幽霊の未練を叶える中で育まれるちょっと奇抜なラブコメディー。ちょっと偏屈な理系男子・堤円(福士)と猪突猛進なヒロイン・阿熊幸(土屋太鳳)が、この世に思いを残した幽霊を成仏させるという不思議なアルバイトを通じて心を通わせていくというストーリーとなっている。

門脇麦が幽霊に!?



門脇は、事故により亡くなったが、高校の同級生である円(福士)とのある因縁から成仏できずに幽霊としてこの世に残る緒川千里役。死神にみつからないよう、幸(土屋)に匿われているが、何を考えているのか一切謎に包まれている。

門脇の撮影初日は、寒さも残る川沿いの道を福士と並んで、寄り添って走るシーンからスタート。撮影を振り返り「探り探りで終わってしまった初日でしたが、いよいよ始まった!という現場の空気に包まれ、私自身もワクワクした気持ちで満ちています」と語った門脇は、「春らしい温かみのある作品になるよう3ヶ月間頑張ってまいります」と意気込みをあらわにした。

「麦ちゃんしかいない」と太鼓判



門脇の起用について高明希プロデューサーは「儚さと強さを併せ持つ希有な魅力の持ち主。まだ詳細は明かせませんが、千里が担う運命を演じられるのは麦ちゃんしかいないと思いました」とコメント。「回を追うごとに、福士くんや太鳳ちゃんとの関係が複雑化していき、ラブコメも絡んでくるので楽しみにしていて下さい」と呼びかけた。

新たな出演者が続々発表



さらに、門脇以外にも新たなキャストが発表された。見た目は子供、中身は大人の死神・ゆずこ役には濱田ここね、家族の心配が生きがいな円の母親・由美子役には石野真子、血が繋がっていない円の父親・郁夫役には大杉漣が決定。また、野間口徹・森永悠希・大友花恋・根岸拓哉・比留川游・松川星・小林璃央の出演も明かされた。(modelpress編集部)
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

News Listニュース一覧

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP