斎藤工&窪田正孝の“新婚ごっこ”未公開シーンが解禁

【斎藤工・窪田正孝/モデルプレス=3月5日】俳優の斎藤工窪田正孝が共演するドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」(日本テレビ系、日曜よる10時30分)の第4話で放送された、“新婚ごっこ”シーンの未公開映像が公式HPにて5日から公開。ドラマ放送後に話題となった同シーンの続きで、オンエアされなかった3パターンが配信された。
斎藤工(右)&窪田正孝(左)の“新婚ごっこ”シーンの未公開映像が公開(C)日本テレビ
斎藤工(右)&窪田正孝(左)の“新婚ごっこ”シーンの未公開映像が公開(C)日本テレビ

“新婚ごっこ”シーンとは?



同作は、英都大学の准教授であり、警察の依頼を受けて殺人事件の捜査協力をする犯罪学者だが、「人を殺したいと思ったことがある」と公言し、究極の犯罪を追い求める・火村英生(斎藤)と、そのパートナーで火村の“心の闇”を見守りサポートする友人の推理作家・有栖川有栖(窪田)が数々の難事件に挑んでいく本格推理エンターテインメント。原作でも人気を博していた“新婚ごっこ”シーンは、火村が有栖川の家に泊まった翌朝の場面を指す。

ドラマ第4話では、前日にどこか上の空だった有栖を気にかけた火村は、トースト・オムレツと2人分の朝食を準備。それを見た有栖が「まるで新婚家庭の朝食やないか」と思わずツッコミを入れると、火村も「俺も新妻になったような気がしている」と認めて、しばし2人は至近距離で見つめあい「あんまり見つめるな、新婚ごっこはおしまいだ」と火村が言い放つ、というやりとりを繰り広げていた。

今回は放送されたシーンの続きで未公開に終わった映像が解禁。惜しくもカットされた場面には貴重なシーンも含まれる。

「臨床犯罪学者 火村英生の推理」が佳境へ



同映像が公開された翌日に放送される第8話から、ストーリーは最終章に突入。「この犯罪は美しくない」と火村と同じセリフを呟く謎の少年・坂亦は一体何者なのか、そして「私と同じ匂いがする」と火村に執拗な興味を抱くシャングリラ十字軍の指導者・諸星沙奈江との関係に終止符が打たれるのか。物語が一気に加速する。(modelpress編集部)

「臨床犯罪学者 火村英生の推理」第8話(3月6日放送)イントロダクション



東京で過激派集団・シャングリラ十字軍の若者2人が殺された事件にまつわる噂がSNSをきっかけに広まっていた。その噂とは犯人が高校生ではないかというもので、犯人と見られる少年・坂亦(小野寺晃良)を“アポロン”と呼んでヒーロー扱いする者まで現れるように。

そんな中、高校生が連続して刺殺される事件が発生。被害者の尾木紫苑と座間剣介は、同じ学校の生徒。交際中の2人が同じ通り魔に遭って殺されたという見方が強まる。そんな中、この連続殺人もアポロンの犯行らしいという噂が世間でまことしやかに語られるように。そんな最中、朱美(山本美月)は、公園で見知らぬ少年に声を掛けられる。その少年は坂亦。すぐに意気投合する2人だったが、坂亦の言動から朱美は不穏さを感じとり警戒心を強めるのだが…。

火村(斎藤工)とアリス(窪田正孝)は、剣介の遺体を発見した安納(泉谷しげる)の家を訪ね、話を聞く。火村は安納の暮らしぶりを見て、違和感を覚えるのだった。東京の連続殺人と京都の高校生連続殺人。火村は4件の殺人現場写真を見比べて、重要なことに気付く…。
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP