AAA末吉秀太、“日本一可愛い女子高生”ファイナリストを激励訪問 優しい指導に感激

【末吉秀太/モデルプレス=2月13日】都内にて行われていた“日本一可愛い女子高生”を決める『全国女子高生ミスコン』ファイナリストのダンスレッスン現場に、AAAの末吉秀太がサプライズ訪問。ダンスの指導をしたり、質問に答えたりと、第一線で活躍し続けるプロからの言葉に、ファイナリストたちは大いに感激した様子を見せた。
AAA末吉秀太、“日本一可愛い女子高生”ファイナリストを激励訪問 優しい指導に感激(C)モデルプレス
AAA末吉秀太、“日本一可愛い女子高生”ファイナリストを激励訪問 優しい指導に感激(C)モデルプレス

AAA末吉秀太、サプライズ訪問



AAA末吉秀太がサプライズ訪問(C)モデルプレス
AAA末吉秀太がサプライズ訪問(C)モデルプレス
何も知らずにレッスンを行うファイナリストたちの元へ、末吉がサプライズ訪問。あまりの突然の出来事に、口を抑え言葉を失うファイナリストたち。中には緊張した表情を作るファイナリストもいたが、末吉のにこやかな表情が、すぐに場をなごませていた。

AAA末吉秀太、ファイナリストからの質問に



優しく質問に答えるAAA末吉秀太(C)モデルプレス
優しく質問に答えるAAA末吉秀太(C)モデルプレス
まずは末吉への質問タイムが設けられ、「ダンスの上達のコツ」「本番で緊張しない方法」「振りを間違えたらどうすればよいか」などの質問が飛んだ。ほぼ全員、ダンスを始めてからまだ約2ヶ月ということで、末吉は一つひとつの質問に優しく丁寧に回答。

レッスンを見つめるAAA末吉秀太(C)モデルプレス
レッスンを見つめるAAA末吉秀太(C)モデルプレス
「振りを間違えた時」というファイナリストの悩みには、「俺もダンスを始めた時、間違えて落ち込むこともあったけど、とにかく自信を持って“間違えてません”というぐらい、顔に出さないことが大切。すぐに顔に出るようになると、プロになってもそれが出てしまうので、間違えても堂々としてください」とアドバイス。末吉からの貴重な言葉を、ファイナリストたちは真剣な表情で聞いていた。

AAA末吉秀太、直接指導する場面も



直接指導をするAAA末吉秀太(C)モデルプレス
直接指導をするAAA末吉秀太(C)モデルプレス
その後ダンスレッスンを見学する末吉。気になった子には自ら歩み寄り直接指導。「先生ばかり見ないで、たまには良いから自分の姿だけを見てやってみて」などとアドバイスすると、教えられたとおりに努力するファイナリストたち。そんな一生懸命な彼女たちへ、末吉は「めっちゃ良くなったね」と優しく声をかけていた。

AAA末吉秀太、激励のメッセージ



ファイナリストたちのダンスを真剣にチェックするAAA末吉秀太(C)モデルプレス
ファイナリストたちのダンスを真剣にチェックするAAA末吉秀太(C)モデルプレス
約30分に及ぶ訪問の最後に末吉は、「まだ振り付けを覚えられてないからかもしれないけど、一番気になったのは、顔がみんな暗かったね。まずは下を向かず、顔を上げて踊ることからはじめてみて。振付は練習すれば覚えられるから、大切なのが顔をつくること。表現にも幅が出るし、人とちょっと違うようになってくる」と激励のメッセージ。

AAA末吉秀太、最後まで優しく



AAA末吉秀太、最後まで優しく(C)モデルプレス
AAA末吉秀太、最後まで優しく(C)モデルプレス
「みんな仲が良いと思うけど、結局はライバルで日本一はただひとり。審査員の方に注目されないとはじまらないから、前に前に精神でね。日本一を目指してがんばってください。応援してます」とエールを送った末吉。その直後に「ごめんね、偉そうに言っちゃって」とひとこと付け加え、最後まで優しい眼差しで、ファイナリストたちを勇気づけていた。

AAA末吉秀太、訪問の感想は?



AAA末吉秀太、優しく指導(C)モデルプレス
AAA末吉秀太、優しく指導(C)モデルプレス
レッスン後にモデルプレスの取材に応じた末吉は「すごく一生懸命さが伝わってくる現場でした。みんな明るくレッスンをしていたので、すごく和やかで良いと思います。でも、もっと自分が日本一になるんだぞって気持ちを強く持てば、さらに良くなると思うので、がんばってほしいです」と感想を語った。

女子高生ミスコンファイナリストたちの感想は?



りこぴん(C)モデルプレス
りこぴん(C)モデルプレス
末吉のサプライズ訪問にファイナリストのりこぴんは「全く知らなかったのでビックリしました」と明かし、「質問したことを丁寧にわかりやすく答えてくれ、とてもタメになりました!今後に活かせそうです」とコメント。

まゆ(C)モデルプレス
まゆ(C)モデルプレス
また、ファイナリストのまゆは「質問に優しく答えてくれて勉強になりました。これから笑顔でダンスを頑張ろうと意識が変わりました!」と刺激になったことを明かした。

『女子高生ミスコン』とは



全国女子高生ミスコン(C)モデルプレス
全国女子高生ミスコン(C)モデルプレス
エントリーおよび審査の過程において、プリ機やSNSと連動させた「モデルプレス」が運営する投票サイトなどを活用。“女子高校生No.1を、同世代である女子高校生らが選ぶ”という、一般的なオーディションとは一線を画している。エントリー受付は、フリューの最新プリ機『Shirayuki(シラユキ)』で、7月1日より全国の女子高生を対象に開始(※9月23日にエントリー締め切り)。2ヶ月間で約64万人の応募があり、また、モデルプレス投票における総投票数は9日間で約34万票、プリ機での投票数は45日間で約75万票と、大きな盛り上がりを見せた。

ダンスレッスンに励む「女子高生ミスコン」ファイナリスト(C)モデルプレス
ダンスレッスンに励む「女子高生ミスコン」ファイナリスト(C)モデルプレス
選出された全国6エリア(「北海道・東北」「関東」「近畿」「中部」「中国・四国」「九州・沖縄」)のグランプリと準グランプリの受賞者計12人と、『関東高一ミスコン2015』(8月開催※高校1年生限定のミスコン)の受賞者2人を合わせた計14人は、全国ファイナル審査に向けて「強化合宿」「週末レッスン」に参加。最終結果はプリ機での投票を経て、2016年3月22日に東京・渋谷ヒカリエで開催の『女子高生ミスコン2015-2016』にて発表される。グランプリ受賞者は『全国女子高生ミスコン』をテレビ・雑誌等で広く宣伝するPR大使に任命され、また、大手芸能事務所へ所属できる権利も付与される。(modelpress編集部)

「女子高生ミスコン」ファイナリスト(C)モデルプレス
「女子高生ミスコン」ファイナリスト(C)モデルプレス

モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

News Listニュース一覧

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP