美人すぎるタクシードライバー生田佳那、水着姿を初披露<オフショット公開>

【生田佳那/モデルプレス=2月1日】プロのタクシードライバーとして乗務しながらモデルとしても活躍する生田佳那(いくたかな・24)が「週刊ヤングジャンプ」No.9号にて水着姿を初披露。「撮影の1着目が黒色のベアトップの水着だったので凄く恥ずかしかったです。スタッフの方々にポージングを教えてもらいました」と照れながら撮影を振り返った。
美人すぎるタクシードライバー生田佳那、水着姿を初披露/画像提供:所属事務所
美人すぎるタクシードライバー生田佳那、水着姿を初披露/画像提供:所属事務所
「これは掲載されなかった緑の水着。極寒で寒さに耐えてました(笑)」(生田佳那)/画像提供:所属事務所
「これは掲載されなかった緑の水着。極寒で寒さに耐えてました(笑)」(生田佳那)/画像提供:所属事務所

オフショット多数公開



今回、モデルプレス読者にオフショットを多数公開。撮影では様々な水着を着用しており、緊張と寒さに耐えながら必死に表情を作る姿がうかがえる。「まだまだ不慣れな状態でしたが、カメラマンさんのおかげで少し緊張がほぐれました。モニターチェックを一緒にさせてもらいながら『こんな写りになるんだ』ってたくさんの発見もありました」。初のグラビア撮影に戸惑いはあったが、その一方で確かな手応えも感じているようだった。

撮影当日まで必死にダイエット



また生田は撮影当日に向けてダイエットに励んだ。「実はこのグラビア撮影の2週間前にアイスランドロケがありました。マイナス16度に耐えるため、たくさん食べて肥やしていたので…(笑)。帰国して2週間後にあったこの撮影のためになんとかダイエットしました。運動はもともと大の苦手で…とにかくたくさんお風呂に入りました。その後、伸ばせるところの身体をぜーんぶ伸ばして、あとは食事で大好きな唐揚げもハンバーガーも我慢して、乗務中もアーモンドを食べていました。コンビニもよく行くのでサラダチキンを食べていました」と明かし、「それでもまだまだぷにっぷにです…(笑)」と茶目っ気たっぷりに話していた。

美人すぎるタクシードライバーになるまで…



「撮影スタジオまで自分のタクシーを運転していきました!もちろん制服カットも撮っていただきました」(生田佳那)/画像提供:所属事務所
「撮影スタジオまで自分のタクシーを運転していきました!もちろん制服カットも撮っていただきました」(生田佳那)/画像提供:所属事務所
生田は1991年12月18日生まれの24歳。約2年前より女性ファッション誌『mina』のモデルユニット“minaメイツ”として現在も活動。『Voce』『ELO』への出演やサロンモデルとしても活躍している。

しかしモデル活動の収入の不安定さから、新たな活動のフィールドを模索。そんな中、タクシードライバーとして活動しながらタレントとしての活動も支援する「飛鳥交通ドリームプロジェクト 」(主催:飛鳥交通)を見つけ、応募した。同オーディションでグランプリを獲得し、猛勉強の末、タクシードライバーとして必須の普通自動車第二種運転免許に挑戦、合格率2割と言われる試験に即合格すると、その後に実施されたタクシーセンターでの講習、地理試験(交差点、有名施設、区名、住所、首都高の出入り口、最短距離を把握する試験) も合格し、タクシードライバーとしてのライセンスを獲得した。現在、乗務歴約1年半となる。(modelpress編集部)

生田佳那(いくた・かな)プロフィール



生年月日:1991年12月18日/出身地:長野県/身長:150cm/サイズ:B81 W60 H80/血液型:B型/出演雑誌:『mina』『Voce』『ELO』など/タクシー乗務エリア:渋谷、恵比寿、中目黒を中心に乗務。
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

News Listニュース一覧

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP