Berryz工房・熊井友理奈“コンプレックス”181センチの長身が武器に

【熊井友理奈/モデルプレス=1月14日】ハロー!プロジェクトのアイドルグループ・Berryz工房の無期限活動停止後、モデル・タレントとして活躍する熊井友理奈が14日、都内にて開催されたパリコレ・ドレス記者発表会に出演。身長181センチの熊井は、世界的ファッションデザイナー・ユミカツラがデザイン、製作したドレスを身に纏って登場。記者発表会は人生で初となるが、堂々とした立ち振る舞いで、ドレスをお披露目。過去のコンプレックスを語った。
モデルとしての活躍が期待される熊井友理奈(C)モデルプレス
モデルとしての活躍が期待される熊井友理奈(C)モデルプレス
熊井は、2月に都内で行われるショーにユミカツラのドレスで出演する予定で「モデルさんは食事を気にされる方が多くて、大事だと思っているのですが、食べることが大好きなので、2月のショーまでになるべくごはんを減らしていこうかな」と決意。

ハイヒールを履いてイベントに出演した感想を尋ねられると「さらに皆さんを見下ろしているなという感覚です」と茶目っ気を見せるも、その一方で「今までBerrys工房としてアイドル活動をしていたのですが、身長が本当にコンプレックスでした」と告白。「アイドルってかわいらしいイメージが強かった」と振り返った。

今回のイベント出演は「身長を自分のチャームポイントに変えらえる場所」と語り、「カツラさんが私を選んでくれて大変嬉しく思っています」と感謝。そんな熊井に、ユミカツラは「堂々としてらしたし、もうちょっと(モデルの)経験を積んだらパリコレにも出られると思う」と太鼓判。熊井は満面の笑みを浮かべ「嬉しいです!」と喜び、「こういったモデルとしての活動もできるチャンスがあれば、どんどんチャレンジしていきたいなと思っています」と意欲を示した。

メタリック顔料を使用したドレス



この日発表されたコラボドレスは、見る角度で色が変わるメタリック顔料を塗工した糸を用いたもの。光の干渉を利用した技術は車体のメタリック塗装や印刷用インキ、化粧品など多様な分野で実用化されているものの、衣類分野では初という。

コラボドレスをデザイン・制作したユミカツラは、2016年1月25日に開催されるパリコレにて、今回熊井がお披露目をしたドレスを含めた3点のコラボドレスを発表する。(modelpress編集部)

モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

News Listニュース一覧

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP