新垣結衣「大変だった」一人二役を振り返る

【モデルプレス】女優の新垣結衣が、一人二役での演技を振り返った。
一人二役での演技を振り返った新垣結衣【モデルプレス】
一人二役での演技を振り返った新垣結衣【モデルプレス】
新垣結衣
新垣結衣
6日、都内にて行われた特別展「『生命大躍進』脊椎動物のたどった道」(7月7日~10月4日/東京・国立科学博物館)の内覧会に出席。一人二役で姉妹を演じ、NHKスペシャル「生命大躍進」をナビゲートした経験について「どうやっていたか忘れちゃいました(笑)」と茶目っ気を見せつつ、「大変だったなということは覚えているのですが、出来上がりを見るとCD技術がすばらしくて、いい経験をしたなと思いました」と振り返った。

「新しい見方をすることができました」



生命の進化の物語を描く同番組については「このお仕事をしなかったら、自分がヒトとして存在する前のことなんて考えなかっただろうなと思いますので、新しい見方をすることができましたし、楽しかったです」とニッコリ。展示はすでに見たといい、「展示物がたくさんあって驚きました」と感想を紹介し、「実際に目で見て、触って時代を感じられるすてきな場所」と語った。

「(人類が進化する過程の)原人たちで一番興味を持たれたヒトは?」とMCから尋ねられると、「そういう感じになります?原稿には“イケメンな人”と書いてあったのを見たのですけど(笑)」と軽快なトークで笑いを誘い、質問の回答としては、番組の収録に特殊メイクで参加した「ネアンデルタール人」の名前を挙げた。「鼻の大きさなど、ちょっとむくんでいる感じといいますか、全体的にボリューミーといいますか、肉付きといいますか、そういうのがすごくたくましくて、やっぱりちょっと違うなと違和感を感じました」と印象を明かした。(modelpress編集部)
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP