松山ケンイチ・満島ひかり・前田敦子ら「ど根性ガエル」、オープニングテーマ決定 豪華キャストで大合唱

【モデルプレス】7月11日よりスタートする日本テレビ系連続ドラマ『ど根性ガエル』(毎週土曜よる9時~)のオープニングテーマが決定した。
豪華キャストが大合唱、「ど根性ガエル」オープニングテーマ決定(C)日本テレビ【モデルプレス】
豪華キャストが大合唱、「ど根性ガエル」オープニングテーマ決定(C)日本テレビ【モデルプレス】
同曲は1972年に放送されたアニメ「ど根性ガエル」のテーマ曲を、ドラマの音楽を担当するサキタハヂメ氏がアレンジしたもの。主人公のひろし役・松山ケンイチはじめ、ピョン吉の声を務める満島ひかり、京子ちゃん役・前田敦子、五郎役・勝地涼、ひろしの母ちゃん役・薬師丸ひろ子など、レギュラー出演者総勢10名全員で熱唱する。河野英裕プロデューサーは「それぞれの個性がぶつかり合い、楽しすぎるオープニング曲が完成しました。誰がどこを、どう歌っているか注目して、オンエアを見て聞いて欲しいです」と呼びかけた。

また、このオープニング曲の大合唱をバックに、ドラマの本編映像も26日に解禁。番組HPでチェックできる。

主題歌も決定



さらに、ザ!クロマニヨンズの「エルビス(仮)」(よみ:エルビス・9月9日発売)が主題歌に決定。河野氏は「ザ・クロマニヨンズのロックンロールが、土曜の夜に、日本中に、テレビの中から鳴り響く。想像しただけで、それだけで夢のようで。『エルビス(仮)』最高です」と絶賛。切なくも疾走感あふれるロックンロールナンバーが物語を加速させる。

原作から16年後を描く



同作は、おっちょこちょいな中学生・ひろし(松山)と、彼が転んだ際にシャツに張り付き“平面ガエル”となったピョン吉(声:満島)によるコメディー作品。今回初となる実写化の舞台は、原作の16年後・2015年の夏。シャツにはりついたピョン吉を相棒に生きてきたひろしも30歳となった。ダメ男になってしまったひろしと、ひろしを心配しながら「根性だせよ!」と言い続けるピョン吉…。そして、京子ちゃん(前田)やゴリライモ(荒井浩文)、五郎(勝地)など、周りの仲間を巻き込んで、笑いと涙とアクション満載で送る、人間とカエルの物語。(modelpress編集部)
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

News Listニュース一覧

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP