早見あかり「A-studio」7代目アシスタントに抜擢「びっくり大号泣」 鶴瓶は「お父さんのよう」

【モデルプレス】女優の早見あかりが、笑福亭鶴瓶が司会を務めるトーク番組「A-studio」(TBS系、金曜夜11時)の7代目アシスタントMCに抜擢された。
早見あかり(左)と笑福亭鶴瓶(右)/(C)TBS【モデルプレス】
早見あかり(左)と笑福亭鶴瓶(右)/(C)TBS【モデルプレス】
早見は12日、東京・赤坂のTBS放送センターにて行われた取材会に出席。2009年4月にスタートした同番組は、毎週ゲスト出演する俳優、タレント、スポーツ選手などの素顔を引き出す内容。アシスタントはこれまで小泉深雪、IMALU、SHELLY、本田翼、波瑠、山下リオが務めてきた。

アシスタント決定はサプライズ発表「びっくり大号泣」



オファーを受けたのは昨年末。実際に決定の知らせを聞いたのは、早見がかつて在籍していたももいろクローバーZ(※在籍時はももいろクローバー)が同番組に出演(2月27日放送回)する際に、サプライズメッセージを贈るため、鶴瓶から取材を受けたとき。

当時を振り返り「お話しを聞いて、熱意を持って『やりたいです!』って答えたのに、何事もなかったみたいにスルーされていたので、マネージャーさんに聞いたら『事務所側とプロデューサーさん側はOKだったんだけど、鶴瓶さんサイドがNGになってダメになったんだよ』って言われて落ち込んでいたんです」と明かしたが、これは制作サイドとマネージャーによるサプライズ演出だったようで「取材の最後に決まったんだけど…って聞いて、びっくり大号泣ですね。一回やりたいって思って、やれないって落とされてるから、やりたいって分かったときの喜びも倍増だし、大人への不信感っていうのも強まりました(笑)」と茶目っ気たっぷりに語った。

早見あかり/(C)TBS
早見あかり/(C)TBS

18年の歳月を経て…鶴瓶との“縁”を語る



また、鶴瓶の印象については「ゲストの方と鶴瓶さんが2人で盛り上がっていて、どう入っていけばいいのかなって思ったときに、しゃべりながらさりげなく私の方を見て合図をくれる。目を合わせるだけで安心感があるというか、お父さんのような包み込んでくれる感じがある」と告白。早見が2歳の頃には、ロケ中の鶴瓶と偶然遭遇し「母が頼んで一緒に写真を撮ってもらった」そうで、「一般人の頃だったんですが、今もその写真が残っているんです。こういうことってあるんだなって思いましたし、今パートーナーとして隣にいるっていうのはすごい」と巡り合わせに驚いていた。

なお、早見は4月3日放送分から登場。「ももクロのときからMC担当で、しゃべるお仕事はずっとしたいって思っていたので嬉しい」と喜びをあらわにし、「ゲラゲラ笑って格好つけずに、視聴者と同じ目線でいたい」と意気込んだ。(modelpress編集部)

早見あかり/(C)TBS
早見あかり/(C)TBS
早見あかり プロフィール

生年月日:1995年3月17日
出生地:東京都
身長:165cm
血液型:A型

小学校卒業間近に、現在の事務所にスカウトされ芸能界入り。女優としてソロで活動している。『斉藤さん2』(2013年、日本テレビ系)で連続ドラマ初レギュラーを果たして以降、『アゲイン!!』(2014年、毎日放送)、『すべてがFになる』(2014年、フジテレビ系)、映画『百瀬、こっちを向いて。』(2014年)と活躍。現在は、連続テレビ小説『マッサン』(2014年後期、NHK)、連続ドラマ「セカンド・ラブ」(テレビ朝日系)に出演中。また3月28日には、主演映画『忘れないと誓ったぼくがいた』の公開が控える。

モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP