“女優”知英(ジヨン)、KARA時代との違いは?目標を語る

【モデルプレス】元KARAの知英(ジヨン)が、グループ在籍時との違いを語った。
“女優”知英(ジヨン)、KARA時代との違いは?目標を語る【モデルプレス】
“女優”知英(ジヨン)、KARA時代との違いは?目標を語る【モデルプレス】
知英(ジヨン)
知英(ジヨン)
知英は今年8月から本格的に日本で女優活動をスタートし、現在は日本テレビ系連続ドラマ『地獄先生ぬ~べ~』(毎週土曜 後9:00~)でWヒロインの一人、雪女のゆきめ役を好演中。来年公開の映画『暗殺教室』(15年3月21日公開)の出演も控えるなど各方面からオファーが殺到している。

16日、都内でファースト写真集『知英物語 ~生まれたての私~』の出版記念握手会を行い、取材に応じた知英は「日本語がすごく上手」という称賛の声にも「まだまだ勉強するべきだと思います。現場で知らない言葉が出ることもあるのでもっともっと勉強します」と謙遜し「やっぱり日本語は難しいです。台本も全部自分で読んでいますが、難しいセリフや漢字はスタッフさんに助けてもらっています。今後に向けて一生懸命頑張ります!」と意気込んだ。

KARA時代との違いは?



またKARAでのグループ活動と現在を比較し「(KARA時代)ライブとか歌う時は夜が多かったんですが、ドラマの現場は朝早いのでそれに苦労しています。寝るのが好きなんです(笑)」と茶目っ気たっぷり。今後歌うことはない?の問いには「今は女優の活動を頑張りたい。お芝居はKARAの時にドラマをやらせてもらってすごく魅力があるなって思ったんです。一つの役にとらわれない、いろんな役ができる女優になりたいです」と目を輝かせた。

KARAメンバーもびっくりする?



お気に入りカットを紹介/知英(ジヨン)
お気に入りカットを紹介/知英(ジヨン)
同作はミュンヘン(ドイツ)とザルツブルク(オーストリア)で撮影。雄大な自然の中、少年のような少女から大人の女性へと成長するひとつの物語を描いた。プロデュースには知英自身も関わり、物語コンセプトはもちろん、写真1点1点を自らセレクト。お気に入りカットには“ストーリーで恋に落ちる瞬間”の写真を挙げ、「自分でも見たことない表情で、とても気に入っています」と満足気。KARAのメンバーには「まだ見せていないです」と明かし「メンバーも見たことない表情だからびっくりすると思う」と嬉しそうに話した。(modelpress編集部)

知英の写真集「知英物語 ~生まれたての私~」(講談社、11月13日発売)
知英の写真集「知英物語 ~生まれたての私~」(講談社、11月13日発売)
真っ黒なパンツスーツでカッコよさ全開の知英/画像提供:講談社
真っ黒なパンツスーツでカッコよさ全開の知英/画像提供:講談社
知英(ジヨン)プロフィール
生年月日:1994年1月18日
出身地:韓国
身長:167cm
血液型:O型
趣味:写真を撮ること、音楽鑑賞、映画鑑賞、アロマキャンドル
特技:語学(日本語・英語)、ダンス、ギター、ピアノ
好きなスポーツ:ボクシング、乗馬
好きな食べ物:カレー、野菜、ぶどう、いちご、ブルーベリー、海老

KARAの元メンバー。12年にはテレビ東京の連続ドラマ『恋するメゾン。~Rainbow Rose~』でヒロインを演じる。14年8月から本格的に日本で女優活動をスタートし、現在は日本テレビ系連続ドラマ『地獄先生ぬ~べ~』(毎週土曜 後9:00~)でWヒロインの一人、雪女のゆきめ役を好演中。来年公開の映画『暗殺教室』(15年3月21日公開)では原作の人気キャラ“ビッチ先生”ことイリーナ・イェラビッチ役を演じる。

顔を汚しながらも山々を駆け巡る少年のような知英/画像提供:講談社
顔を汚しながらも山々を駆け巡る少年のような知英/画像提供:講談社
ベッドの上で無邪気にはしゃぐ知英/画像提供:講談社
ベッドの上で無邪気にはしゃぐ知英/画像提供:講談社
スリットドレスでSEXYな知英/画像提供:講談社
スリットドレスでSEXYな知英/画像提供:講談社
大人の表情を魅せる知英/画像提供:講談社
大人の表情を魅せる知英/画像提供:講談社
知英/画像提供:講談社
知英/画像提供:講談社
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP