嵐・松本潤の謙虚な対応「上からすみません」

【モデルプレス】の松本潤が、謙虚な対応をみせた。 日立白物家電シリーズのイメージキャラクターをつとめている。今回は松本が出演する新テレビCM「快適の通り道」篇が10月18日より全国でオンエアスタートされる。

今作は、リビングにいるルームエアコン扮する松本が、ダイニングテーブルで本を読んでいる女の子の足元が寒そうにしているのを見つける。松本が紙飛行機を手に、「気流の通り道」を見つけ、足元に狙いを定めてそっと紙飛行機を飛ばすと、紙飛行機はソファーを越え、テーブルの脚の間を抜け、女の子の足元へ。足元が暖かくなり驚いた女の子に、松本が「どう?」と声をかけ、女の子も「あったかい!」と嬉しそうに答える、心まであたたかくなりそうなストーリーが展開される。

撮影エピソード



エアコンに扮するため、天井に近い位置に取り付けられた台の上で撮影することになった松本。エアコンになり「ちょっと不思議ですよ。(いつもより)ちょこっと高いだけだけど、人が生活する空間を上から見るっていうのは不思議な目線ですよね」と心境を語った。

天井に近い位置が松本の定位置のため、全体を見下ろすようなかたちになった松本だが、お父さん役の男性と顔合わせをした際は「上からすみません、松本です」と謙虚に頭を下げ、共演者の女の子に対しても、撮影後に自ら「ありがとうございました!」と頭をさげるなど、非常に謙虚な様子だったという。

さらに、撮影の合間には、共演者の女の子に「あの映画みた?」と話題をふり、女の子が頷くと「泣いた?」とトーク。女の子が首を横にふると「えぇ?ぼくは号泣だったよ?」とジョークを飛ばし、共演者の緊張を解くために自ら話しかけ、周囲を笑わせていた。(modelpress編集部)
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP