綾瀬はるか主演ドラマ、福士蒼汰ら新キャスト発表 三角関係の恋模様を描く

ドラマ「きょうは会社休みます。」に出演する(左から)玉木宏、綾瀬はるか、福士蒼汰(C)日本テレビ【モデルプレス】
「きょうは会社休みます。」の原作イラスト(C)藤村真理/集英社
【モデルプレス】女優の綾瀬はるかが主演を務める日本テレビ系10月スタートのドラマ「きょうは会社休みます。」(毎週水曜よる10時~)に、俳優の福士蒼汰と玉木宏が出演することが2日、わかった。
今作は、集英社「Cocohana」連載中の藤村真理の原作マンガ「きょうは会社休みます。」を実写化。綾瀬演じる青石花笑は、彼氏いない歴=処女歴=年齢=30歳のOLの“こじらせ女子”。青石花笑の恋人役(9歳年下現役大学生アルバイト)を福士が、二人を見守り、時に翻弄する恋愛マスター(イケメン社長)を玉木が演じる。

綾瀬はるか&福士蒼汰&玉木宏のコメント



綾瀬は、初共演の福士について「『爽やかでキラキラしている若者』という印象です。どんな田之倉君になるのか、とても楽しみです」と期待を寄せ、玉木について「玉木さんとは何度か共演させていただいているので、『面白い』ということはよく知っています。優しくて、現場の雰囲気をよく見ていらっしゃる方なので、とても安心出来ます」とコメント。さらに、「『こじらせ女子』という言葉だけを聞くと、『どんな女子なの?』と疑問に感じる方がいらっしゃると思いますが、(その定義を聞くと)『あぁ、わかるわかる』ということがたくさんあります。視聴者のみなさんに親近感を感じていただいて、花笑さんと同じ気持ちになって、『やっぱり恋愛っていいなぁ』と思っていただけると嬉しいです」とメッセージを送った。

福士は「役柄の年齢と僕が同い年で、感覚的にはそれほど大きくずれていないと思うので、自分自身の中にあるものを大きくふくらませて、演じられたらと思います」と意気込み。また、綾瀬について「ふわっとしていて、天真爛漫でつかみ所がない、というイメージです」といい、玉木について「格好よくて、憧れます。出演されているドラマをよく見ていたので、そのドラマの印象が強いです」とそれぞれの印象を明かした。

玉木は「このドラマを観て、共感する女性も多いのではないでしょうか。女性の方々が、心ときめくようなドラマになると思いますので、ぜひご覧ください」と呼びかけた。

「きょうは会社休みます。」とは?



青石花笑(綾瀬)は、9歳年下の大学生・田之倉悠斗(福士)と付き合うことに。突然訪れた、処女卒業と初めての彼氏。お泊り、クリスマスイブ、遊園地、ふたり旅、合鍵、同棲準備…。しかし、残念な“こじらせ女子”がゆえ、いちいち立ち止まる。

一方、花笑の働く会社と同じビルにオフィスを構える食品関連商社のCEO・朝尾侑(玉木)は、恋愛をしてなんとなく可愛らしく変化した花笑に興味を持ち、「オレと結婚してくんない?」といきなりプロポーズ。きっぱり断ったものの、田之倉との付き合い方といったアドバイスを朝尾から受けるなど、三角関係の恋模様を描く。(modelpress編集部)
モデルプレス

Attention News注目ニュース

Photo Ranking画像ランキング

News Listニュース一覧

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP