西内まりやの美人姉、「ミス・ユニバース・ジャパン」入賞

モデルで女優の西内まりやの姉・西内裕美(24)が、「2014ミス・ユニバース・ジャパン」に入賞した。
「2014ミス・ユニバース・ジャパン」で2位を受賞した、西内裕美(24)
「2014ミス・ユニバース・ジャパン」で2位を受賞した、西内裕美(24)
18日、都内にて行われた「2014 ミス・ユニバース日本大会」にて、西内は東京代表として最終選考に臨んだ。ダンス、水着、ドレスでのウォーキング、スピーチ審査を経て、2位に選出。受賞の発表に笑顔を見せた。

日本代表には、長崎代表で学生の辻恵子さん(20)、3位には福島代表の高橋美咲さん(25)、4位には大阪代表の岡根安里さん(19)が受賞。特別賞には北海道代表の日下真莉萌さん(22)、TOTALWorkout賞には大分代表の城あずささん(22)が選ばれた。今回、ファイナリストには、各都道府県を代表する43人が集結した。

西内のこれまでの活動



西内は2005年に第1回「ミス週プレ」の準グランプリを受賞し、グラビアアイドル、タレント、モデル、女優など幅広く活動。2008年2月にはアーティストとしてBeForUメンバーに。2009年には「トリンプ・イメージガール」もつとめている。16歳で芸能界入りしたが、21歳の頃に「業界の事だけではなく、人としてもっと多くの事を知りたい」と約2年間芸能界を離れ、1人で世界を旅した。現在は芸名:西内ひろの名前で活動している。

子どもの貧困など各国の現状を目の当たりにする中で「いつか、私も何か世界にも役立つ事が出来ればいいな」という気持ちが芽生え、新たな挑戦を決意。「どんなことがあっても最後まで諦めない!常に挑戦すること!って言うのは、私が伝えられるメッセージだと思います 日本一にならないと、意味がない!それくらいの気持ちで頑張ります」と意気込みをアピールしていた。

今回の選考の流れ



 
昨年12月、全国47都道府県で開催された地方大会で約5000人の中から選出。各都道府県の地方大会でのナンバー1に輝いた者が日本最終選考のファイナリストとして、トレーニング・チャリティー活動・プロモーション活動を実施。3月上旬から2週間のトレーニング合宿「ビューティーキャンプ」を経て、今大会に臨んだ。(モデルプレス)

モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP