V6三宅健、ファンへの対応を後悔「心残り」

V6の三宅健が、ファンへの対応について後悔の気持ちを吐露した。
V6三宅健、ファンへの対応を後悔「心残り」/写真は「みんなの手話」で講師役を務める早瀬憲太郎
V6三宅健、ファンへの対応を後悔「心残り」/写真は「みんなの手話」で講師役を務める早瀬憲太郎
4月6日からNHK「みんなの手話」(毎週日曜、よる7時~)のナビゲーターを務めることが決定した三宅は、17日、東京・渋谷NHKで行われた番組発表会に出席。

手話を勉強していたという三宅は、そのきっかけを「握手会にろう者の女の子が来てくれて、手話で話しかけてきてくれたんですけど、手話を全く知らなくてどう答えていいか分からなかったこと」だと明かし、「自分にとっては心残りだった」と吐露。その後、地域の講習会で週1回、2時間の教室に通い手話を身に付けたという。

メンバーの反応は?



同番組への出演が決まったことに対するメンバーの反応を聞かれると、「手話を勉強していたことを知っていたので決まってよかったねと言ってもらえました」とニッコリ。また、ファンからは「これをきっかけに勉強しようと思います」という嬉しい声も届いているようだ。

収録への苦労も吐露



番組収録を終え「手話は言葉数が少ないので、それに適切な日本語を選び表現するのに毎回、苦労している」と語ると、視聴者へ「勉強!勉強!と思うと難しいので楽しみながら勉強することが大切だと思います」とメッセージを送った。

同発表会には、三宅のほか、同番組で講師役を務めるスマイルフリースクール理事長でろう者の早瀬憲太郎も出席した。(モデルプレス)

モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

News Listニュース一覧

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP